岡田明丈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岡田 明丈
広島東洋カープ #17
岡田明丈20160618.jpg
2016年6月18日
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 東京都練馬区
生年月日 (1993-10-18) 1993年10月18日(24歳)
身長
体重
185 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 投手
プロ入り 2015年 ドラフト1位
初出場 2016年4月1日
年俸 2,520万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

岡田 明丈(おかだ あきたけ、1993年10月18日 - )は、東京都練馬区出身のプロ野球選手投手)。右投左打。広島東洋カープ所属。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東京都練馬区の強豪・大泉第二中学校の軟式野球部で三塁手として野球を始める[2][3]。野球を始めた当初はルールもよくわからず、打者として出塁する際には三塁に走ったことがあった[2]。中学3年の時に両親が離婚し、高校入学のタイミングで母の実家がある大阪へ転居する[4]

大阪商業大学高等学校で投手に転向。3年夏にストレートの球速が140km/hをマークし背番号10ながら先発を任される[5]。準々決勝の大阪桐蔭戦で先発したが5回で10対0とコールド負けを喫し、甲子園出場はなかった[6]

大阪商業大学に進学し、1年春からリーグ戦に出場するも[5]、その後3年の春まで登板機会がなかった[5]。登板機会がなかった原因としては故障などではなく、絶対的エース(近藤大亮)を起用して好成績を残したいというチーム事情と岡田の実力不足という要因があった[5]。しかし、4年の春には6勝0敗、防御率2.17の好成績を残し[7]、秋でもまた6勝0敗、防御率1.00の好成績を残し[7]関西6大学秋季リーグ戦で2季連続の優勝に貢献[8]。最優秀投手賞を受賞した[9]。リーグ戦通算15勝3敗。

2015年10月22日に行われたドラフト会議広島東洋カープから1位指名を受け、11月13日に契約金1億円、年俸1500万円で合意した[10]

プロ入り後[編集]

2016年、開幕を一軍で迎え先発ローテーション入りを果たすと、4月1日、読売ジャイアンツ戦で初登板初先発を果たし、6回2/3を3失点だった。打線の援護がなく、開幕からなかなか勝ち星がつかなかったが、6月25日、阪神タイガース戦で6回0/3を2失点に抑え、プロ初勝利を飾った[1]

2017年は、開幕からローテーション入りし、8月上旬までに2ケタの10勝に乗せ、最終的には12勝をマークした。9月になると制球難が顔をのぞかせ調子を落とし二軍調整を余儀なくされ規定投球回にはわずかに届かず、横浜DeNAベイスターズとのクライマックスシリーズファイナルステージでは一軍メンバー入りしたものの登板機会がなかった。

選手としての特徴[編集]

直球の最速は155km/h[11]、好調時で常時140km/h台後半をマークする[2]。変化球はスライダーやカーブを軸に、時折フォーク、チェンジアップ、シュートも投げる[12]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2016 広島 18 15 1 0 0 4 3 0 1 .571 375 89.1 89 6 25 0 0 60 4 2 34 30 3.02 1.28
2017 24 22 2 0 1 12 5 0 0 .706 604 141.2 134 9 63 0 4 109 3 4 68 63 4.00 1.39
NPB:2年 42 37 3 0 1 16 8 0 1 .667 979 231.0 223 15 88 0 4 169 7 6 102 93 3.62 1.35
  • 2017年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2016 広島 18 8 10 0 2 1.000
2017 24 9 18 1 0 .964
通算 42 17 28 1 2 .978
  • 2017年度シーズン終了時

記録[編集]

投手記録
打撃記録
  • 初安打:2016年7月9日、対阪神タイガース14回戦(阪神甲子園球場)、6回表に能見篤史から中前安打
  • 初打点:2017年7月23日、対中日ドラゴンズ15回戦(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム広島)、4回裏に鈴木翔太から右前適時打
その他の記録

背番号[編集]

  • 17 (2016年 - )

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 広島 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年11月9日閲覧。
  2. ^ a b c 野球太郎』No.017廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14,P97。
  3. ^ バイト代で野球続け…広島1位岡田はプロ入り前から波乱万丈”. 日刊ゲンダイ. 2016年2月14日閲覧。
  4. ^ バイト代で野球続け…広島1位岡田はプロ入り前から波乱万丈”. 日刊ゲンダイ. 2016年2月14日閲覧。
  5. ^ a b c d 野球太郎』No.017廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14,P98。
  6. ^ 野球太郎』No.017廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14,P96。
  7. ^ a b 野球太郎』No.017廣済堂出版、2015年、雑誌69412-14,P99。
  8. ^ 大商大2季連続V ドラ1候補岡田最速151キロ、4球団視察スポニチアネックス 2015年10月9日配信
  9. ^ 関西六大学リーグ終了 MVPに大商大・新谷、最優秀投手に岡田スポニチアネックス 2015年10月19日配信
  10. ^ 広島 ドラ1右腕、大商大・岡田と合意「日本を代表する投手に」スポニチアネックス 2015年11月13日配信
  11. ^ 岡田悔しい…自身初『完投負け』 自己最速155マークも四回に突然の乱調デイリースポーツ
  12. ^ 【ドラフトこの男に注目3】大商大・岡田 150キロ台連発でド肝抜くスポニチアネックス 2015年10月20日配信

関連項目[編集]

外部リンク[編集]