林昌樹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
林 昌樹
HC-Masaki-Hayashi.jpg
2008年6月27日(阪神甲子園球場)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 静岡県磐田市
生年月日 (1979-11-28) 1979年11月28日(37歳)
身長
体重
183 cm
85 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1997年 ドラフト3位
初出場 2001年5月15日
最終出場 2011年8月6日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

林 昌樹(はやし まさき、1979年11月28日 - )は、広島東洋カープに所属した元プロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

興誠高では、3年夏の県大会で骨折しながら勝ち進むも、決勝で浜松工高に敗れ準優勝。

その後、1997年のドラフト会議広島東洋カープから3位指名を受け、入団。

プロ入り後[編集]

長く二軍暮らしが続いたが、3年目の2000年サイドスローに転向し[1]2001年に一軍で初登板を果たした。2003年セ・リーグ初となる1球でプロ初勝利を飾る。

2006年は自己最多の61試合に登板し、開幕から10試合以上防御率0点台を保つなど、前半戦はリリーフエースとして重要な役目を果たした。しかし後半戦は疲労からか登板のたびに失点することが多く、防御率は急落。特に大事な場面での被本塁打が目立った。

2007年は中継ぎとしてリードしている試合に多く登板するも、終盤は前シーズン同様に度重なる連投から精彩を欠き、打ち込まれることが目立った。

2008年5月30日に登録抹消となり、二軍で調整していた7月に肋骨骨折による戦線離脱となる。そのままシーズンを終え、17試合の登板に留まった。

2009年はオープン戦で結果を残し、開幕から1軍に帯同。中継ぎの一角として前年の17試合を大幅に上回る46試合に登板したが、やや安定感を欠き、防御率は4.28、ホールドも一昨年の3分の1ほどの5に終わり、リリーフエースとして復活したとは言い難いシーズンとなった。

2010年はシーズン通して安定感を発揮できず、昨年の半数ほどの26試合の登板に留まり、不本意なシーズンに終わった。

2011年は、二軍で42試合に登板し防御率3.31を記録するも、一軍では2試合の登板に終わった。10月13日、球団より戦力外通告を受け、12月2日に自由契約公示された。現役続行を希望しトライアウトを受けたものの、獲得を目指した球団はなく、12月8日に現役引退を発表した。引退後は広島で打撃投手に転身した。

選手としての特徴[編集]

大きく変化するスライダーが特徴で、シュートシンカーなども投げる。パームボールは腕に負担がかかるため2005年を最後に使用を止めていたが、2009年のシーズンオフに再度習得に挑戦している[1]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2001 広島 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 15 3.0 3 1 1 0 2 0 0 0 2 2 6.00 1.33
2002 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 9 1.2 5 1 0 0 0 2 0 0 3 3 16.20 3.00
2003 13 0 0 0 0 1 0 0 -- 1.000 72 16.0 17 1 5 2 2 10 1 0 10 5 2.81 1.38
2004 47 1 0 0 0 1 1 1 -- .500 211 45.2 51 7 21 3 4 37 0 0 24 21 4.14 1.58
2005 5 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 17 3.2 7 0 1 0 0 2 0 0 3 3 7.36 2.18
2006 61 0 0 0 0 2 4 0 12 .333 273 65.1 59 7 25 6 7 44 1 0 30 26 3.58 1.29
2007 57 0 0 0 0 3 2 0 16 .600 204 48.1 48 4 19 1 2 28 0 0 19 19 3.54 1.39
2008 17 0 0 0 0 0 0 0 3 ---- 76 18.0 20 4 6 1 0 13 0 0 9 9 4.50 1.44
2009 46 0 0 0 0 0 2 0 5 .000 220 48.1 55 5 19 3 4 27 1 0 28 23 4.28 1.53
2010 26 0 0 0 0 0 1 0 1 .000 120 25.2 40 4 7 0 1 19 0 0 17 17 5.96 1.83
2011 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 7 2.1 0 0 0 0 0 5 1 0 0 0 0.00 0.00
通算:11年 276 1 0 0 0 7 10 1 37 .412 1224 278.0 305 34 104 16 22 187 4 0 145 128 4.14 1.47
  • 各年度の太字はリーグ最高

記録[編集]

初記録
  • 初登板:2001年5月15日、対ヤクルトスワローズ8回戦(明治神宮野球場)、6回裏に3番手で救援登板・完了、3回2失点
  • 初奪三振:2002年7月6日、対ヤクルトスワローズ11回戦(広島市民球場)、6回表に浜名千広から空振り三振
  • 初勝利:2003年10月12日、対ヤクルトスワローズ25回戦(広島市民球場)、9回表に2死に5番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 初先発:2004年7月8日、対阪神タイガース15回戦(広島市民球場)、4回2失点
  • 初セーブ:2004年8月31日、対ヤクルトスワローズ23回戦(明治神宮野球場)、11回裏2死に6番手で救援登板・完了、1/3回無失点
  • 初ホールド:2006年4月22日、対中日ドラゴンズ4回戦(米子市民球場)、8回表無死に3番手で救援登板、1/3回無失点
その他の記録
  • 初登板で対戦した第一打者に被本塁打:上記の「初登板」の項を参照、6回裏無死に稲葉篤紀に中越ソロ ※史上47人目(セ・リーグ20人目)
  • 1球勝利投手:2003年10月12日、対ヤクルトスワローズ25回戦(広島市民球場)、9回表に古田敦也を遊ゴロ ※史上16人目
  • 1球勝利がプロ初勝利:同上 ※史上3人目
  • 1球敗戦投手:2006年6月24日、対横浜ベイスターズ7回戦(広島市民球場)、8回表に村田修一に死球 ※史上18人目
  • 1球勝利・1球敗戦を両方記録 ※史上2人目

背番号[編集]

  • 53 (1998年 - 2011年)
  • 111 (2012年 - )

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]