大野雄次

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
大野 雄次
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 千葉県富津市
生年月日 (1961-02-02) 1961年2月2日(57歳)
身長
体重
176 cm
82 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 一塁手三塁手外野手
プロ入り 1986年 ドラフト4位
初出場 1987年6月25日
最終出場 1998年10月9日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

大野 雄次(おおの ゆうじ、1961年2月2日 - )は、千葉県富津市[1]出身の元プロ野球選手内野手)、野球指導者。

来歴・人物[編集]

小学校2年の時に野球を始め、中学時代は捕手[1]君津商業高校から専修大学を中退後、社会人の川崎製鉄千葉を経て、1986年度ドラフト会議にて横浜大洋ホエールズから4位指名を受けて入団[1]。入団時に既に子供がおり、子連れルーキーとあだ名された。高校通算53本塁打[1]

大洋では勝負強い打撃で主に代打の切り札として活躍したが、1991年12月に鴻野淳基との交換トレードで読売ジャイアンツへ移籍[1]。しかし、ジャイアンツでは活躍することができず、1993年11月に自由契約となった。その後、「野村克也再生工場」に拾われ、ヤクルトスワローズへ移籍[1]

ヤクルト時代は、代打逆転満塁本塁打を1シーズン2度放つなど、代打の切り札として活躍。「代打では変化球の軌道がイメージできない」との理由から、ストレートだけに的を絞るバッティングにこだわり、チームメートから「槍」と揶揄されていた。1994年秋には右肩を脱臼している[1]1995年オリックス・ブルーウェーブとの日本シリーズ第1戦では代打本塁打を放つ。シリーズ初打席初本塁打は史上4人目。1998年に現役を引退[1]。大洋→巨人→ヤクルトという関東圏のセ・リーグ3球団を渡り歩いた(他に平田薫)。

引退後は1999年からCS・J SPORTSで野球解説を行っていた。現在はJR田町駅前で鰻・牛タンの小料理屋「大乃」を経営しているほか、スポーツ教室や講演等をこなしている[1]

2013年より2017年まで富山県クラブチームロキテクノベースボールクラブの監督を務め、2018年からは同チームのシニアディレクターを務めている。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1987 大洋 42 119 108 15 25 3 2 5 47 19 2 2 1 2 6 0 2 18 3 .231 .280 .435 .715
1988 19 28 25 1 3 1 0 0 4 1 0 0 0 1 1 0 1 10 0 .120 .179 .160 .339
1989 51 124 119 7 33 9 0 1 45 15 0 0 2 0 3 0 0 32 2 .277 .295 .378 .673
1990 57 149 126 17 39 8 0 5 62 18 0 1 2 1 19 3 1 21 1 .310 .401 .492 .893
1991 49 137 117 17 27 6 0 4 45 19 0 0 2 2 15 0 1 18 2 .231 .319 .385 .703
1992 巨人 51 85 75 8 18 5 0 2 29 7 0 0 0 0 10 0 0 19 2 .240 .329 .387 .716
1993 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
1994 ヤクルト 57 114 97 11 21 2 0 5 38 12 1 0 0 0 17 0 0 30 4 .216 .333 .392 .725
1995 46 33 29 2 8 2 0 1 13 11 0 0 0 1 3 0 0 9 2 .276 .333 .448 .782
1996 47 42 36 5 8 1 0 4 21 10 0 0 0 0 6 1 0 10 3 .222 .333 .583 .917
1997 35 39 38 2 8 2 0 0 10 4 0 2 0 0 1 0 0 11 2 .211 .231 .263 .494
1998 2 5 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:12年 457 876 776 85 190 39 2 27 314 116 3 5 7 7 81 4 5 179 21 .245 .318 .405 .722

記録[編集]

背番号[編集]

  • 8 (1987年 - 1991年)
  • 32 (1992年 - 1993年)
  • 30 (1994年 - 1998年)

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i プロ野球人名事典 2003(2003年、日外アソシエーツ)、109ページ
  2. ^ 週刊ベースボール2014年6月30日号97ページ

外部リンク[編集]