大崎雄太朗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「大﨑雄太朗」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
大﨑 雄太朗
埼玉西武ライオンズ #9
Osaki-20160423.jpg
2016年4月23日、西武プリンスドームにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 茨城県つくば市
生年月日 (1984-10-18) 1984年10月18日(32歳)
身長
体重
169 cm
79 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 外野手
プロ入り 2006年 大学生・社会人ドラフト6巡目
初出場 2007年9月24日
年俸 1,850万円(2017年)[1]
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

大﨑 雄太朗(おおさき ゆうたろう、1984年10月18日 - )は、茨城県つくば市出身のプロ野球選手外野手)。右投左打。埼玉西武ライオンズ所属。

愛称は「チャキ」。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

東京都昭島市生まれ、茨城県稲敷郡茎崎町出身(現つくば市)。

8歳から地元つくば市の名門茎崎ファイターズで野球を始める。以前から始めていた柔道を10歳まで両立していた。中学からは竜ヶ崎リトルシニアに所属。同学年に神戸拓光がいる。中学3年時、陸上走り幅跳びで茨城県総体2位に入る。

常総学院高等学校では1年春から1番二塁手のレギュラーを獲得(2年夏より外野手転向)。同学年には、後に青山学院大学でもともにプレーする横川史学(楽天→巨人)、1学年下に坂克彦(近鉄→楽天→阪神)がいる。2年生時の春の選抜甲子園大会の優勝.2年夏ベスト32.3年夏ベスト16,3度の甲子園を経験。1年秋の新チーム結成時から2年夏の甲子園2回戦まで6敗しかしていない(練習試合も含む)。2年夏の選手権大会茨城県予選準決勝では9回1アウトから起死回生の同点ホームラン、3年夏はノーシードから勝ち上がった選手権大会の茨城県予選決勝では、水戸商長峰昌司(中日→オリックス)から劇的な決勝3ランを放つ。高校通算22本塁打、甲子園通算11試合出場、33打数10安打、打率.303。

青山学院大学では1年春からレギュラーを獲得。2年からは不動の1番打者に定着した。3年春季リーグ戦からは円谷英俊高市俊、横川史学などとともに,リーグ3連覇を達成する。(3年春秋4年春)最終学年はヒットが出ずに苦しんだものの、通算100安打(史上13人目)を達成。3年時に全日本大学選手権で優勝,そして4試合17打数11安打の大会タイとなる安打数で(6割4分7厘)首位打者を獲得、3年秋リーグ戦でベストナインを獲得した。リーグ戦通算94試合出場、355打数100安打、打率.282、10本塁打、40打点。全国大会通算11試合で46打数20安打、打率.438、3本塁打。2005年日米大学野球日本代表、全日本大学選手権優勝2006年全日本大学選手権準優勝。

西武時代[編集]

2006年11月21日に行われた大学生・社会人ドラフト会議埼玉西武ライオンズから6巡目で指名された。同年のドラフトでは大﨑のほか、横川史学(楽天、巨人)、円谷英俊(巨人)高市俊(ヤクルト)が指名を受ける。青山学院大学硬式野球部から同時に4名指名されたのは10年ぶり2回目。後に2008年に楠城祐介(楽天→ヤクルト)が指名され青学大同級生5人がプロ野球選手となった。

2007年は二軍で主力選手として起用され、打率.274、3本塁打、5盗塁の成績だった。シーズン終盤に若手起用の方針から一軍に初昇格し、5試合で1番・右翼手スタメン出場を経験した。

2008年は二軍でイースタン・リーグ4位の打率.311、5本塁打、13盗塁と打撃面で成長した。(二軍の優秀選手を受賞)

2009年は開幕前のWBC日本代表との強化試合で岩隈久志からホームランを放ち、その後も韓国戦4安打、台湾戦3安打、中国戦2安打と4試合10安打と打ちまくったが、その後のオープン戦には出場機会に恵まれず開幕一軍入りは逃したが、5月上旬に一軍に昇格すると5月31日の読売ジャイアンツ戦で10回裏マーク・クルーンからサヨナラ安打を放ち、プロ初打点が初サヨナラ打となった。6月10日の阪神タイガース戦では9回裏にジェフ・ウィリアムスから代打でサヨナラ押し出し四球を選び、プロ2打点目もサヨナラとなった。この年は75試合に出場し打率.275を記録。

2010年4月20日、9年間交際していた一般人の女性と結婚することが発表された。シーズン中はプロ初本塁打を放つなど4月下旬から5月まで活躍していたが、たびたびあった走塁や守備のミスにより6月上旬に抹消された。この年は高山久の一軍定着などがあったため、その後の出場機会はなかった。二軍では打撃は好調でシーズンを通して3割をキープした。内野手の怪我人が多かったため二塁を主に守った。

2011年7月に長男が誕生。8月19日に一軍に昇格すると初先発で3安打を記録。主に代打としてシーズン終了まで一軍に定着。打席数は少ないが3割を超える打率を残した。代打成績10打数4安打.400を記録。クライマックスシリーズでは右足小指と薬指を10月17日に死球で骨折しながらも強行出場し、ダルビッシュ有からヒットを放つなど5試合11打数3安打2打点の成績を残した。

2012年は自身初の開幕一軍入りを果たし、6月からレギュラーに定着し、自己最多の107試合に出場した。6月は打撃が好調で、月間打率は.375だった。クライマックスシリーズでは3試合全てに先発出場し、全てでヒットを放つ。3試合9打数3安打2打点。

2013年

2013年は自身二度目の開幕一軍入りを果たしたが、4月2日に出場1打席で二軍へ抹消される。4月27日に再び一軍へ昇格すると同29日対東北楽天ゴールデンイーグルス戦で満塁から代打で出場し高堀和也から2点タイムリーヒットを放ち、この試合のヒーローになった。5月11日の対福岡ソフトバンクホークス戦で8回裏に代打でヒットを放つと、9回表に公式戦自身初の二塁を守った。翌12日には自身初の4番ライトで出場し、4打数2安打2打点と活躍した。交流戦では、出場23試合51打数17安打を放ち規定打席には届かなかったが、打率.333を記録。8月17日の楽天戦では、9回2死1.2塁から代打で出場し左腕金刃からライト前へサヨナラヒットを放った。サヨナラ安打は自身三度目。(サヨナラ四球含む)9月10日に一軍登録を抹消され、シーズン中に再昇格はできなかった。主に代打や右腕のスタメンとして84試合の出場し打率.250を記録した。

2014年も3年連続で開幕一軍入りを果たす。4月17日の千葉ロッテマリーンズ戦で南昌輝から自身初の代打ソロ本塁打を放つ。3.4月は少ないチャンスを生かし14安打.318を記録。5月に入ると開幕からの低迷とチーム内の怪我の続出から内野での機会が増加。5月3日の対ロッテ戦では自身初の一塁手として先発出場。5月15日の対北海道日本ハムファイターズ戦では自身初の三塁手として出場。3度の守備機会も無難にこなした。5月20日、交流戦過去9年間150打席以上の現役選手の中で通算打率.352は12球団1位を記録[2]。7月27日新人の森友哉のデビューに伴い一軍の出場登録を抹消された。2014年は得点圏での代打が主な仕事でパリーグ屈指の代打成績であった。前半戦のみの出場であったが、出場51試合打率.248ながら代打での成績は32試合29打数9安打4打点.321を記録。

2015年は春季キャンプから二軍スタートし、オープン戦にも一軍に呼ばれる事なく二軍で開幕を迎える。5月7日に一軍へ出場登録され5月9日に代打で初安打を放ち、5月12日対日本ハム戦で初スタメンを迎えると一打席目に右翼スタンドへ決勝点となる本塁打を放つ。交流戦が終わると代打の出場機会がなく、6月11日対広島戦で代打で右前安打を放ったのを最後に出場登録から外れた。8月7日、球団史上最低の13連敗を喫すると再び一軍へ再昇格。主に代打での出場を増やし、終盤の8月29日楽天戦から代打4打席連続ヒット3打席連続打点を記録した。9月2日対ソフトバンク戦では8回裏1対2のビハインドで迎えた2死一・二塁で代打で出場し五十嵐から右前同点適時打を放つ。9月4日対ロッテ戦1対1延長10回表2死2塁で代打出場し益田から左中間へ決勝適時二塁打を放つ。9月6日対ロッテ戦も益田から追加点となる代打での適時打を放った。この活躍を期にシーズン最後まで主に終盤での代打出場が主戦場となった。この年の打率は.219と低いが、代打は47試合中31試合に出場。26打数8安打5打点、打率.308を記録。二年連続で30試合以上の代打出場で3割を記録した。自身最高の得点圏打率.318を記録している。

2016年は2年続けて春季キャンプからオープン戦共に一軍に帯同することなく二軍で開幕を迎える。2014年、2015年シーズンを続けて代打打率3割以上を記録していた役職をここ数年間長らく低迷していた坂田遼上本達之、オリックスから獲得した竹原直隆などと競い合うことなく開幕戦から明け渡す格好となってしまった。4月22日に出場登録されるが、4試合6打席5打数無安打と結果を残せず一週間で二軍に降格。以降は一軍への昇格はなかった。二軍での成績は50試合の代打出場で3年連続代打打率3割を記録している。80試合出場、打率.286だった。

人物[編集]

2007年プロ1年目の春フューチャーズ戦のデッドボールに負った骨折以外で10年目にあたる2016年シーズン終了まで公式戦を休まずプレーを続けている。入団以前、高校1年春季大会から大学4年秋季リーグ戦までの公式戦全てに出場している。

次男・大二朗は東京ガスで2012年までチームの主軸(2011年は主に3番・右翼手)としてプレーしていた。2011年東京都社会人ベストナイン獲得。2011年関東選抜リーグ優秀選手賞。常総学院時代は第85回全国高等学校野球選手権大会優勝時のメンバー(捕手)である。AAA日本代表メンバー。2012年現役引退。

三男・健吾も第94回全国高等学校野球選手権大会に常総学院の1番打者として出場したことで、3兄弟揃って甲子園スタメン出場を果たした。3人とも安打を記録している。2015年に行われた第64回全日本大学野球選手権大会に流通経済大学として出場し準優勝した。3番・右翼手で全試合に出場し大会打率.562を記録。決勝の早稲田大学戦では4安打を放った。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
2007 西武 7 25 21 2 4 1 0 0 5 0 0 0 2 0 1 0 1 1 0 .190 .261 .238 .499
2008 5 9 9 0 1 1 0 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 .111 .111 .222 .333
2009 75 188 160 18 44 13 1 0 59 14 2 0 13 0 11 1 4 30 1 .275 .337 .369 .706
2010 28 67 62 7 15 6 0 1 24 4 0 0 1 0 2 0 2 12 0 .242 .288 .387 .675
2011 36 86 72 7 22 4 0 0 26 5 3 0 6 0 7 0 1 8 2 .306 .375 .361 .736
2012 107 298 260 22 70 15 1 1 90 22 1 0 10 4 17 1 7 27 4 .269 .326 .346 .673
2013 84 208 184 14 46 6 0 1 55 13 0 0 5 3 11 0 5 29 5 .250 .305 .299 .604
2014 51 113 101 6 25 3 0 1 31 10 1 1 5 1 5 0 1 14 3 .248 .287 .307 .594
2015 47 85 73 2 16 3 0 1 22 9 0 0 2 3 5 1 2 16 0 .219 .280 .306 .586
2016 4 6 5 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 .000 .166 .000 .000
NPB:10年 444 1087 947 78 243 52 2 5 314 67 7 1 44 11 60 2 23 141 15 .257 .313 .332 .645
  • 2016年度シーズン終了時

年度別守備成績[編集]


一塁 二塁 三塁 外野
試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率 試合 刺殺 補殺 失策 併殺 守備率
2007 - - - 6 6 0 0 0 1.000
2008 - - - 4 6 0 0 0 1.000
2009 - - - 57 83 0 1 0 .988
2010 - - - 20 31 0 0 0 1.000
2011 - - - 18 20 0 0 0 1.000
2012 - - - 80 133 2 2 1 .985
2013 - 1 2 0 1 0 .667 - 47 62 0 0 0 1.000
2014 4 25 1 0 4 1.000 - 3 0 3 0 0 1.000 9 12 0 0 0 1.000
通算 4 25 1 0 4 1.000 1 2 0 1 0 .667 3 0 3 0 0 1.000 241 353 2 3 1 .995
  • 2014年度シーズン終了時

記録[編集]

背番号[編集]

  • 0 (2007年 - 2012年)
  • 9 (2013年 - )

登場曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 西武 - 契約更改 - プロ野球.日刊スポーツ.2016年12月2日閲覧。
  2. ^ “<プロ野球>交流戦10周年 最強はホークス、最弱は?”. livedoor News. (2014年5月20日). http://news.livedoor.com/article/detail/8849510 2014年5月27日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]