河原純一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
河原 純一
愛媛マンダリンパイレーツ 監督 #87
CD-Jyunichi-Kawahara.jpg
中日時代
(2009年7月16日、阪神甲子園球場にて)
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県川崎市中原区
生年月日 (1973-01-22) 1973年1月22日(44歳)
身長
体重
183 cm
74 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1994年 ドラフト1位(逆指名)
初出場 NPB / 1995年6月3日
最終出場 NPB / 2011年11月17日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • 愛媛マンダリンパイレーツ (2017 - )

河原 純一(かわはら じゅんいち、1973年1月22日 - )は、神奈川県川崎市中原区出身の元プロ野球選手投手、右投右打)、監督2017年より四国アイランドリーグplus愛媛マンダリンパイレーツの監督を務める。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

神奈川県立川崎北高等学校3年時に出場した神奈川県大会準々決勝(対神奈川県立厚木高等学校戦)で、後に横浜へ入団する川村丈夫と延長16回の投手戦の末に投げ勝っている。

卒業後は駒澤大学へ進学し同期生に本間満東都大学野球連盟の記録(当時)となる3度の最高殊勲選手に輝くなど、エースとして活躍した。リーグ通算53試合に登板し23勝10敗、防御率1.66、258奪三振。最優秀投手に2度、ベストナインに2度選ばれた。また2年次の第21回日米大学野球から3年連続で日本代表に選出され、全日本大学野球選手権大会を制した4年次には全日本アマチュア野球王座決定戦で社会人王者の日本通運を破って最高殊勲選手に選ばれ、日米大学野球でも最優秀投手となった。

1994年のプロ野球ドラフト会議において、読売ジャイアンツから1位指名(逆指名)を受け入団。福岡ダイエーホークスとの大争奪戦の末、交渉権を獲得しての入団だった。

巨人時代[編集]

1995年6月3日広島東洋カープ9回戦(東京ドーム)でのプロ初登板・初先発に際しては、野村謙二郎に初回先頭打者本塁打を浴びるなどした。この年は右肘側副靱帯断裂で離脱した桑田真澄をカバーする形で先発陣に入って新人ながら8勝、そのうち阪神タイガース戦で3試合連続完封を含む6勝を挙げた。

1996年、開幕からローテーションに入ったが5月末に右肘痛で一軍登録を抹消されるとその後一軍復帰できず、チームは優勝したが自身は9試合しか登板できず、シーズン未勝利に終わった。

1997年は主に中継ぎで登板し6月5日の中日ドラゴンズ戦で616日ぶりに勝利し、11日の横浜ベイスターズ戦ではプロ初セーブを挙げた。最終成績は25試合で2勝1敗1セーブ・防御率2.60だった。

しかし1998年に登板過多から肘を手術しこの年は一軍・二軍の登板が無く全休に終わった。

長いリハビリを経て1999年8月8日の広島戦に先発登板し勝利。先発での勝利は1995年9月23日の対阪神戦以来で1461日ぶりであった。しかし好調は長続きできずわずか8試合で2勝に終わる。

2000年はシーズン途中から先発入りし、3試合完封勝利を挙げるなど[1]の成績を挙げたがこの年も途中で故障離脱してしまい河原が在籍中2度チームは優勝しているが一度も日本シリーズに登板できなかった。なおシーズンでは7試合で4勝無敗だった。

2001年5月末からローテーションに加わりルーキーイヤーに次ぐ12試合に先発登板するが結果が残せず終盤にリリーフに廻り、この間に2セーブを記録した。これが翌年のストッパー転向の足掛かりとなる。防御率は5点台で登板数も21試合だったが4勝4敗2セーブの成績を残した。なお、この年限りで長嶋茂雄が監督を勇退した。

2002年から原辰徳が監督に就任すると抑え投手に抜擢される。開幕4試合目の中日戦に初セーブを記録し原監督の初勝利に貢献。以降、5月29日のヤクルト戦でアレックス・ラミレスにサヨナラホームランを打たれ初めて救援に失敗するまで抜群の安定感を見せた。7月は9試合に登板して1勝7セーブ・防御率0.00を記録し[2]オールスターゲームにファン投票で選出された。一方当時の投球フォームが2段モーション(後に禁止となった)だったためか、走者を出した時の投球が極端に安定しない弱点が見え隠れしており、秋頃から安定感を欠くようになり、チームがマジック1で迎えた9月24日の阪神戦では9回に浜中おさむに同点ホームランを打たれ勝ちをフイにしてしまった(マジック対象のヤクルトが負けた為に試合途中にリーグ優勝は決まっていた)。それでも49試合に登板し、5勝3敗28セーブ・防御率2.70を記録。巨人のリーグ優勝・日本一に大きく貢献した。日本シリーズにも初登板を果たし第4戦では胴上げ投手になった。

2003年4月9日のヤクルト戦でシーズン初セーブをマークし、幸先良いスタートかと思われたが救援失敗を繰り返すようになり、5月31日の阪神戦では4-2と2点リードの9回から登板するも1イニング11失点するきっかけを作ってしまった。度重なる救援失敗から二軍落ちとなった。結局23試合の登板に終わり、3敗7セーブ・防御率9.41と極度の不振だった。この年はリリーフ陣の崩壊もありリーグ連覇を逃した。

2004年に就任した新監督の堀内恒夫はストッパーとしての復活に期待するが、故障で出遅れる。5月に一軍に合流し立て続けに2セーブを記録するが5月23日の阪神戦では1点リードを守れずサヨナラ負けを喫すなど早くも配置転換となった。この年は前年を下回る13試合の登板に留まった。

2005年3月27日後藤光貴との交換トレードで西武ライオンズへ移籍。

西武時代[編集]

2005年4月9日福岡ソフトバンクホークス戦(福岡ドーム)で移籍後初先発初勝利を挙げると、6月11日の対読売ジャイアンツ戦(東京ドーム)で勝利投手となったが、その後は自身も調子を崩して1軍での先発登板は自己最高の19試合だったが大きく負け越した。シーズン終了直前の対福岡ソフトバンクホークス戦で右膝靭帯を損傷し、オフに手術を受ける。

2006年は手術の影響により一軍登板はなかった。

2007年は2度先発登板したものの0勝2敗、防御率12.19と不振で、オフに球団から戦力外通告を受けた。

浪人[編集]

その後、同年11月17日12球団合同トライアウトへ参加するも獲得球団は現れず、12月に浪人を決意。駒澤大学で翌年のトライアウトに向けてトレーニングを行ない、この間に膝の故障を完治させている。2008年10月1日、大学の先輩でもある森繁和と連絡をとって中日ドラゴンズの入団テストを受験し合格。1年ぶりの現役復帰を果たした。

中日時代[編集]

2009年5月15日に2年ぶりに昇格。5月24日の対北海道日本ハムファイターズ戦に2番手として登板し1回を0点に抑え、初ホールドを記録。以降は中継ぎとしてチームを支え、7月10日の対広島東洋カープ戦(ナゴヤドーム)で、2005年6月11日以来となる勝利を挙げた。この年は44試合の登板で15ホールド・防御率1点台と「復活」と呼ぶに相応しい結果を残した。

2010年は調整の遅れなどから7月に一軍入りを果たし、落合博満監督が「アイツ(河原)をずっと待っていたんだ」とコメントするなど[要出典]期待されたが怪我で再降格。終盤に再昇格するがレギュラーシーズンは4試合の登板にとどまった。ポストシーズン(巨人とのクライマックスシリーズ、ロッテとの日本シリーズ)ではレギュラーシーズンを上回る計5試合に登板した。日本シリーズ第7戦では打ちこまれるなど期待に応えられず、チームも延長戦で勝ち越され日本一を逃した。

2011年は30試合に登板し、1勝4敗・防御率2.65の成績だったが、10月19日に球団から戦力外通告を受けていたことが明らかになり[3]10月29日に球団から正式に発表された。その後も日本シリーズ終了までチームに帯同し、ヤクルトとのクライマックスシリーズとソフトバンクとの日本シリーズ、計3試合でリリーフ登板した。その後12球団合同トライアウトに参加。

プロ野球珍プレー・好プレー大賞にて、9回裏・三塁線のバント処理で三塁へ送球するも無人だったため、三塁悪送球となり走者が生還しサヨナラ負けになったプレー(2011年4月20日、対東京ヤクルトスワローズ戦)で2011年度大賞を受賞した。

独立リーグ時代[編集]

2012年2月22日、愛媛マンダリンパイレーツとの入団に合意。3月13日に入団会見が行われた[4]。背番号は70。2013年、2014年とも10試合程度の登板であった。2014年はシーズン中に数度、契約解除(練習生への降格)と再契約を受けている[5]

2015年は肩痛のため、シーズン開始直後の4月9日付で練習生に降格。公式戦への登板がないまま[5]10月27日に球団を通じて引退を発表した[6]

現役引退後[編集]

2015年のシーズン中に愛媛球団主催の小中学生向け「投力向上プロジェクト」でメイン講師を務めた縁で、愛媛球団の薬師神績から「愛媛県内の野球の底辺拡大に手を貸して欲しい」と打診された。2016年1月に、星企画株式会社(薬師神が経営する地元の広告会社)へ入社。「More Baseball Project プロジェクトリーダー」という肩書で、県内の小中学生が怪我をせずに野球を続けられるような取り組みや、協賛企業の募集を始めたと報じられた[7]。同年5月には、愛媛と巨人3軍の定期交流戦をNHK松山放送局でテレビ中継した際に解説者として出演した[8][9]

2017年1月4日、オリックス・バファローズのコーチ就任に伴い退団した弓岡敬二郎の後任として愛媛の監督に就任することが発表された[10]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
1995 巨人 19 14 4 3 1 8 6 0 -- .571 452 106.0 96 6 50 3 1 94 6 0 43 39 3.31 1.38
1996 9 8 1 0 0 0 4 0 -- .000 216 50.0 53 6 19 0 2 45 1 0 25 25 4.50 1.44
1997 25 1 0 0 0 2 1 1 -- .667 197 45.0 37 1 25 4 2 35 7 0 14 13 2.60 1.38
1999 8 7 0 0 0 2 2 0 -- .500 129 29.2 36 6 5 0 1 25 1 0 17 16 4.85 1.38
2000 7 6 3 3 0 4 0 0 -- 1.000 166 44.1 29 4 9 0 1 30 1 0 7 7 1.42 0.86
2001 21 12 0 0 0 4 4 2 -- .500 334 72.2 91 19 28 1 4 39 0 0 52 48 5.94 1.64
2002 49 0 0 0 0 5 3 28 -- .625 196 50.0 44 8 6 2 0 61 1 0 16 15 2.70 1.00
2003 23 0 0 0 0 0 3 7 -- .000 113 22.0 37 4 7 1 2 23 2 0 26 23 9.41 2.00
2004 13 0 0 0 0 0 1 2 -- .000 68 15.1 20 5 5 0 0 10 0 0 11 11 6.46 1.63
2005 西武 20 19 3 0 0 2 11 0 0 .154 428 97.0 106 15 34 1 5 54 4 0 66 58 5.38 1.44
2007 3 3 0 0 0 0 2 0 0 .000 50 10.1 16 4 5 0 1 5 0 0 14 14 12.19 2.03
2009 中日 44 0 0 0 0 3 0 0 15 1.000 136 34.0 24 2 10 2 2 18 0 0 7 7 1.85 1.00
2010 4 0 0 0 0 0 1 0 2 .000 16 3.2 5 0 0 0 0 1 0 0 2 2 4.91 1.39
2011 30 0 0 0 0 1 4 0 10 .200 87 20.1 19 1 8 1 0 12 0 0 8 6 2.66 1.33
NPB:14年 275 70 8 6 1 31 42 40 27 .425 2588 600.1 613 81 211 15 21 452 23 0 308 286 4.26 1.37
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 2006年は一軍登板無し

表彰[編集]

記録[編集]

NPB投手記録
NPBその他の記録

独立リーグでの投手成績[編集]












































2013 愛媛 4.70 12 4 3 0 0 0 0 59.1 255 59 8 24 16 1 33 31 0 0
2014 3.28 10 2 3 0 0 0 0 49.1 204 58 2 17 7 1 22 18 2 0
通算:2年 4.05 22 6 6 0 0 0 0 108.2 459 117 10 41 23 2 55 49 2 0

背番号[編集]

  • 15 (1995年 - 2005年途中)
  • 12 (2005年途中 - 2007年)
  • 60 (2009年 - 2011年)
  • 70 (2012年 - 2015年)
  • 87 (2017年 - )

脚注[編集]

  1. ^ 2001 ベースボール・レコード・ブック 95頁 2000年度主要記録集「3勝全て完封の河原」より。河原の3完封は6月16日の対阪神戦、7月9・30日の対中日戦である。同年の3完封は他に小宮山悟千葉ロッテマリーンズ)が記録している。
  2. ^ 週刊ベースボール2002年12/16号 58頁「保存版 記録の手帳 公式戦出場全選手個人成績 2002年プロ野球ペナントレース統括 1位 読売ジャイアンツ」より。
  3. ^ 中日スポーツ2011年10月20日号より。
  4. ^ “河原選手の入団会見を行いました!【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ公式サイト. (2012年3月13日). http://www.m-pirates.jp/news/entry/2012/03/002331.php 2012年3月13日閲覧。 
  5. ^ a b 詳細は四国アイランドリーグplus ウェブサイトの「登録・抹消公示」[1]を参照。
  6. ^ “引退会見のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ公式サイト. (2015年10月27日). http://www.m-pirates.jp/news/entry/2015/10/008373.php 2015年10月27日閲覧。 
  7. ^ 元MP投手・河原さん 社業として球児指導 | 愛媛新聞ONLINE - 2016年1月27日(水)
  8. ^ “【巨人】3軍VS愛媛の定期戦を両軍OBの河原純一氏が解説”. スポーツ報知. (2016年5月16日). http://www.hochi.co.jp/giants/20160516-OHT1T50083.html 2017年3月26日閲覧。 
  9. ^ 愛媛MP NHKテレビ中継のお知らせ - 四国アイランドリーグplusニュースリリース(2016年5 月16日)
  10. ^ 新監督 『 河原 純一 』 就任のお知らせ【チームからのお知らせ】”. 愛媛マンダリンパイレーツ公式サイト (2017年1月4日). 2017年1月4日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]