丹波幹雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
丹波 幹雄
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 神奈川県横浜市
生年月日 (1974-09-30) 1974年9月30日(44歳)
身長
体重
193 cm
94 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 1998年 ドラフト8位
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

丹波 幹雄(たんば みきお、1974年9月30日 - )は、神奈川県横浜市出身の元プロ野球選手投手)。右投右打。

来歴・人物[編集]

横浜高校で1年から投手としてベンチ入りしたが、肘を痛め2年春に退部。以後野球からは離れていたが、1995年8月17日に当時の横浜高校野球部の2年生エース4番打者、将来を嘱望されていた弟・慎也が心臓発作を起こして急逝。その後弟の遺志を継ぐべく、1996年から社会人野球クラブチームであるWIEN BASEBALL CLUBに入って野球を再開した。

1998年のドラフト会議ヤクルトスワローズに8位指名され入団。当時、小倉恒以来6年ぶりとなるクラブチームに所属する選手としての指名だった。

一軍で登板する事は出来ず、2002年戦力外通告を受けた。

その後は横浜市交通局を経て、現在は神奈川県内の企業に勤務している。

弟・丹波慎也[編集]

弟の慎也は、実績を残す前に17歳(高校2年)で急逝したが、マスコミでは松坂大輔以上の逸材だったとたびたび取り上げられている。50年以上横浜高校を指導した渡辺元智は、丹波慎也が「総合的に見て松坂より上だった。ストレートの速さは松坂以上の選手になっていたかもしれない」と評している。同校野球部の1年後輩で現在は俳優の上地雄輔は、慎也に憧れて横浜高校に入学し、「漫画みたいな人で、一番の天才だったと思う。同じ時期で比べたら、松坂よりも間違いなく完成度が高かった」と評している[1][2]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]

  • 一軍公式戦出場なし

背番号[編集]

  • 62 (1999年 - 2002年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 17歳で急死した横浜高伝説の投手 渡辺前監督「総合的に松坂より上だった」”. Sponichi Annex. スポーツニッポン新聞社 (2018年11月18日). 2018年11月19日閲覧。
  2. ^ 上地雄輔の大事な思い出。上地雄輔オフィシャルブログ 神児遊助 2007年8月30日 2018年11月18日閲覧

関連項目[編集]