加藤大輔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
加藤 大輔
20120320 Daisuke Kato,pitcher of the Tohoku Rakuten Golden Eagles,at Yokohama Stadium.JPG
2012年3月20日、横浜スタジアムにて
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 福岡県豊前市
生年月日 (1980-07-27) 1980年7月27日(38歳)
身長
体重
179 cm
90 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2002年 自由獲得枠
初出場 2003年4月8日
年俸 3200万円(2013年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

加藤 大輔(かとう だいすけ、1980年7月27日 - )は、福岡県豊前市出身の元プロ野球選手投手)。ニックネームは大加藤(大カトーに由来)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

福岡県豊前市出身。九州国際大学付属高等学校(同級生池田信太郎とは現在も親友)時代に縦変化の変化球を習得しようと練習した際にフォークボールパームボールチェンジアップ等はうまくいかなかったが、2本指のナックルボールの握りで投げると鋭い変化をしたため武器にすることにした。当初はナックルのつもりで習得したが、ナックルカーブだと指摘されて自身でも確認したところ回転して落ちており、ナックルカーブの名称を知ると共に認識を改めた。

神奈川大学野球連盟所属の神奈川大学に進学後は4年時の2002年第1回世界大学野球選手権日本代表に選出され、同年秋のドラフト会議において自由枠オリックス・ブルーウェーブに入団。

オリックス時代[編集]

オリックス時代

2003年は新人ながら先発投手リリーフにとフル回転し、43試合に登板した。夏場以降は疲労からか球威が落ち、防御率は5点台に落ちた。翌2004年は肘の故障でシーズンのほとんどをリハビリに費やした。

2005年からは選手分配ドラフトにより(松坂世代の03・04両年ブルーウェーブ在籍選手では唯一の)オリックス・バファローズに入団。春季キャンプで行われた紅白戦でMVPに選ばれて仰木彬監督が横峯ファミリーと親交があったことから「横峯さくらと1日デート権」が贈られ、全8試合の「宮古島杯」でもMVPに選ばれ宮古牛1頭を獲得した。シーズンに入ると萩原淳香月良太歌藤達夫菊地原毅大久保勝信らと強力リリーフ陣を形成。左の菊地原、右の加藤というダブルセットアッパー体制で60試合に登板し、チーム内では菊地原に次ぐ2位、リーグ4位の23ホールド、同3位の29ホールドポイント、防御率2.76を記録した。

2006年は前年に引き続きリリーフ陣の中心として活躍。抑えを任されることもあった。チーム最多の61試合に登板してリーグ9位となる19ホールド、防御率3.10を記録したが要所で打ち込まれ6敗を喫し、奪三振数も半減した。もっとも、前年活躍した中継ぎ陣の大半が大きく成績を落とした中で加藤と菊地原はまずまずの成績を残している。

2007年も開幕から主にセットアッパーとして起用されたが、シーズン当初クローザーだったランス・カーターの先発転向に伴い抑えに指名された。4月28日福岡ソフトバンクホークス戦で松中信彦に決勝本塁打を打たれて敗戦投手になった際に、コリンズ監督は報道陣に「彼はグレートだ」と4回も繰り返し、加藤を信頼している事を強調した。9月5日には長男が誕生し、同日に登板してセーブを挙げた。同年はリーグ3位の63試合に登板してリーグ4位の26セーブ、防御率2.59を記録した。同年オフに開催されたアジア大会兼北京五輪予選には日本代表候補として国内の合宿に参加したが、開催地の台湾へ向かう直前の最終候補には選出されなかった。これについては「折角選出してもらったが最終的に選ばれなかったのはまだまだ自分の実力不足だと言う事でしょう。北京の本選(五輪)では選出されるように2008年の前半シーズンを頑張る」と述べた。

2008年からホームゲームでは加藤がセーブがつく状態でマウンドに上がる際、彼だけの特別映像がスタジアムビジョンに流れるようになった。2008年のオールスターゲーム_(日本プロ野球)では球団史上初の抑え投手部門でのファン投票選出。8月27日には球団新記録となる28セーブを達成。チームトップの63試合に登板して33セーブを挙げ、初タイトルとなる最多セーブ投手を獲得。しかし、9月上旬まではセーブがつく場面での救援失敗が4度だったが、ターメル・スレッジに逆転サヨナラ打を浴びた9月15日以降は3度の救援失敗をするなど課題も残した。シーズン終了後の秋季キャンプでは臨時コーチの野茂英雄からフォークの指導を受けた。合併以降初のポストシーズン2008年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズも登板。

2009年はシーズン当初から精彩を欠く場面が多く、序盤は何とか凌いだが8月になると投球内容が悪化した。8月25日の北海道日本ハムファイターズ戦で3点リードを守れず1/3回5失点と打ち込まれた後は中継ぎに配置転換され、金子千尋が抑えを任された。シーズン成績は48試合に登板して13セーブ、防御率5.23と球団合併後最悪の記録だった。

2010年も中継ぎ・セットアッパーとして起用され、シーズン初頭はまずまずの安定感を見せていたが、5月に入ってから安定感を欠き出し、5月19日の広島東洋カープ戦で1回2/3イニング3失点と打ち込まれ二軍降格。その後最短の10日で一軍復帰し交流戦2試合に登板するも続けて打ち込まれ6月5日に二軍降格、以降一軍での登板はないままシーズンを終えた。この年のオフに大久保勝信本柳和也が退団した事に伴い、オリックス・ブルーウェーブ経験者で、分配ドラフトを経てオリックス・バファローズに在籍し続ける唯一の投手となった。

2011年はプロ入り初の一軍登板無しに終わり、11月14日に戦力外通告を受けた。12球団合同トライアウトに参加し、12月6日に東北楽天ゴールデンイーグルスが獲得を発表した。

楽天時代[編集]

2012年、5月2日の対埼玉西武ライオンズ戦で2番手として登板し、2年ぶりの勝利を挙げた。ビハインド時の登板やロングリリーフが主だったが、ほぼ1年を通して一軍に帯同し、35試合に登板した。

2013年には、オリックス時代の故障による特例措置として、シーズン中に初めて国内フリーエージェント(FA)権を取得。チームのパシフィック・リーグ初優勝がかかった9月25日の対西武戦(西武ドーム)で片岡治大にサヨナラ本塁打を打たれるなど、6試合のリリーフ登板で0勝2敗、防御率8.71に終わり、2013年のパシフィック・リーグクライマックスシリーズ2013年の日本シリーズ2013年のアジアシリーズ登板機会皆無。11月4日に球団から戦力外通告を受けた、2014年1月現役引退表明し後援会解散で豊前市に寄付。スポーツ用品店店員として再出発。

プレースタイル[編集]

プロ入り初年度以外は専らリリーフとして登板しており、最速156km/hの速球と決め球のナックルカーブを中心にした奪三振率の高い投球が特徴である。他にスライダーパームフォークチェンジアップも投げる。

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2003 オリックス 43 3 0 0 0 4 4 9 -- .500 320 69.2 79 13 36 2 1 75 2 0 41 40 5.17 1.65
2004 1 0 0 0 0 0 0 0 -- ---- 6 1.0 2 0 1 0 0 2 0 0 2 2 18.00 3.00
2005 60 0 0 0 0 6 3 2 23 .667 324 81.2 67 8 16 1 3 83 5 0 29 25 2.76 1.02
2006 61 0 0 0 0 1 6 4 19 .143 252 61.0 49 2 20 2 3 41 0 0 27 21 3.10 1.13
2007 63 0 0 0 0 3 4 26 4 .429 304 73.0 63 3 21 7 2 71 6 0 21 21 2.59 1.15
2008 63 0 0 0 0 2 5 33 1 .286 260 63.0 60 6 17 0 3 65 2 0 24 23 3.29 1.22
2009 48 0 0 0 0 4 4 13 3 .500 229 51.2 58 5 15 2 3 53 4 0 35 30 5.23 1.41
2010 20 0 0 0 0 1 0 0 2 1.000 103 25.1 17 3 11 0 2 15 0 0 14 11 3.91 1.11
2012 楽天 35 0 0 0 0 1 0 0 2 1.000 235 53.2 50 2 21 0 2 37 4 1 24 20 3.35 1.32
2013 6 0 0 0 0 0 2 0 0 .000 58 10.1 17 4 10 0 1 4 0 0 13 10 8.71 2.71
通算:9年 400 3 0 0 0 22 28 87 54 .444 2091 490.1 462 46 168 14 20 446 23 1 230 203 3.73 1.33
  • 2013年シーズン終了時点
  • 各年度の太字はリーグ最高

タイトル[編集]

記録[編集]

  • 初登板:2003年4月8日、対日本ハムファイターズ1回戦(札幌ドーム)、6回裏に3番手で救援登板、3回2失点
  • 初奪三振:同上、6回裏にエンジェル・エチェバリアから
  • 初勝利:2003年4月14日、対日本ハムファイターズ3回戦(Yahoo!BBスタジアム)、6回表1死に救援登板・完了、3回2/3を無失点
  • 初セーブ:2003年4月22日、対西武ライオンズ5回戦(札幌ドーム)、8回裏に4番手で救援登板・完了、2回無失点
  • 初先発・初先発勝利:2003年5月17日、対日本ハムファイターズ5回戦(東京ドーム)、5回3安打無失点
  • 初ホールド:2005年5月13日、対広島東洋カープ1回戦(スカイマークスタジアム)、8回表に3番手で救援登板、2回無失点
  • 4年連続60試合登板(2005年 - 2008年)

背番号[編集]

  • 14 (2003年 - 2004年)
  • 15 (2005年 - 2011年)
  • 54 (2012年 - 2013年)

脚注[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]