近鉄バス稲田営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近鉄バス稲田営業所(きんてつバスいなだえいぎょうしょ)は、大阪府東大阪市稲田三島町にある、近鉄バスの営業所である。主に、東大阪市中部や大東市四條畷市門真市八尾市北部をカバーする。

概要[編集]

1965年近畿日本鉄道自動車局の茨田(まった)自動車区・営業所として大阪市鶴見区浜一丁目(諸口停留所前)に開設された。当時鶴見通に頻繁運行する阪奈生駒線・住道線などの基地となった[1]1990年国際花と緑の博覧会鶴見緑地にて行われるため、その整備のために茨田営業所の土地は大阪市に譲渡し、1989年4月1日に系列の近畿車輛の施設などがあった現在地に移転、稲田自動車区・営業所として再スタートを切った[2]。ただし、この時点で営業所前には停留所は設置されず、担当路線の車両は全て回送での出入庫となった(梅田・京橋方面からの諸口折返便は折返場のある浜南口へ延伸)。

稲田営業所は前述の通り、バス路線の存在しない場所であったが、2009年4月21日より後述の阪奈生駒線(梅田発着)が延長され、バスでのアクセスも可能となった(停留所名は「稲田車庫前」)。出入庫は阪奈生駒線を除き回送であり、一部は八尾や四条畷など回送距離が長い路線も存在する。また、営業所の前には商業施設フレスポ東大阪がある。なお、2017年の阪奈生駒線休止により再び営業所前から発着する路線はなくなっている[3]

なお、1993年に枚岡自動車区が廃止された時は当自動車区の分室として枚岡車庫を置くようになったが、1999年の分社化後は再び枚岡営業所として分離している。

2002年よりスルッとKANSAIJスルーカードにも対応したが2009年3月1日をもって利用終了)にも対応しており、近鉄バスカードも使用できる。PiTaPaICOCAなどの交通ICカード2015年4月1日より近鉄バス一般路線の全てで使えるようになった[4]。高速バスの運行も一部担当するほか、学校などの契約輸送も担当する。

運行路線[編集]

春宮線[編集]

近鉄バス本社のある近鉄奈良線河内小阪駅から八戸ノ里駅を経て北上し、東大阪市役所、市役所最寄りの近鉄けいはんな線荒本駅、JR学研都市線の鴻池新田駅まで結ぶ南北幹線の一つ。もとは小阪駅前からは機械団地までの路線であったが、1990年代の改編で鴻池新田駅へ延伸となった。近畿日本鉄道直営時代と近鉄バス設立後のしばらくは布施営業所の担当もあった。

新家 - 機械団地間は北行と南行では経路が異なり、両方向とも先に東大阪市役所前を経由して荒本駅前へ乗り入れるルートになっている。春宮住宅内と機械団地付近以外は渋滞の多発区間でダイヤは乱れやすい。東大阪市の補助を受けて、CNGバスやハイブリッドバスの導入も行われている。2013年10月21日改正までは1時間に3本程度運行されていたが、土休日ダイヤでの減便を経て、現在は終日1時間に1~2本の運行となっている。

阪奈生駒線[編集]

  • 16番:住道駅前 - 大東市役所前 - 寺川 - 大東橋(往路)/産業大学前(復路) - 生駒登山口

住道駅から生駒山地にある竜間地区への路線。1時間に1本程度運行されている。阪奈道路を山登りし、道路の都合上、東行と西行で経路が異なる。住道駅前 - 寺川・産業大学前までは特殊区間制、寺川→生駒登山口、生駒登山口→産業大学前間は対キロ区間制運賃となる。住道駅前と寺川(往路)または中垣内(復路)の間は枚岡営業所担当の四条畷線住道系統(30番・31番)と補完関係にある。

なお、阪奈生駒線はかつては大阪市内から大東市内、生駒山、奈良方面を結ぶ幅広い運行を行っていた路線である。

萱島線[編集]

  • 39番:近鉄八尾駅前 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 荒本駅前 - 朋来住宅前 - JR住道 - 赤井 - 巣本 - 萱島
  • 44番:近鉄八尾駅前 - アリオ八尾 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 荒本駅前 - 朋来住宅前 - JR住道 - 赤井 - 巣本 - 萱島
  • 36番:近鉄八尾駅前 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 荒本駅前 - 朋来住宅前 - JR住道
  • 43番:近鉄八尾駅前 - アリオ八尾 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 荒本駅前 - 朋来住宅前 - JR住道
  • 37番:荒本駅前 - 朋来住宅前 - JR住道 - 赤井 - 巣本 - 萱島
  • 41番:荒本駅前 - 朋来住宅前 - JR住道
  • 38・30番:近鉄八尾駅前 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 荒本駅前

八尾市から東大阪市、大東市を経て門真市[5]まで南北に結ぶ路線。近鉄大阪線近鉄奈良線、けいはんな線、JR学研都市線、京阪本線の鉄道5路線を連絡する。渋滞の激しい大阪府道21号八尾枚方線経由のため、ダイヤは乱れやすく、全線通しの39・44番は約16kmの距離を2時間以上かかることもある。1998年の改編以前は、全線通しと八尾 - 住道、荒本 - 萱島の系統で構成され、それ以降は、八尾 - 住道と荒本 - 萱島の南北2系統に分かれていた。2006年の改編で、全線通し系統が完全に復活するとともに、全線通し系統も荒本、住道両駅前への乗り入れが行われるようになった(それまでは八尾枚方線を直進し両駅前への乗り入れはしていなかった)[6]

現在は、全線通し系統と八尾 - 住道の2系統がメインとなっており、住道以南は概ね1時間当たり3~4本、住道以北は1時間当たり1〜2本の運行を行っている。2006年11月より昼間時にアリオ八尾のバスターミナルに乗り入れるようになった(乗り入れ時間帯以外は光町二丁目停留所での乗降)。八尾市内の萱振と終点の萱島付近は狭隘なため、中型車(ロングボディ車含む)の運行が多い。

近鉄八尾駅前を発着地としているが、この路線は八尾営業所の車両での運行はしておらず、全便が稲田営業所管轄である。

清滝線[編集]

  • 63・61番:四条畷 - 清滝団地
  • 64・69番:四条畷 - 忍ケ丘駅 - 四條畷電通大(清滝団地経由せず)
  • 65・69番:四条畷 - 忍ケ丘駅 - 清滝団地 - 四條畷電通大
  • 67・61番:四条畷 - 清滝団地 - 四条畷電通大
  • 68・61番:四条畷 - 四条畷電通大(清滝団地経由せず)
  • 臨時:【直行】四条畷 - 飯盛霊園

四條畷市内の路線で、営業所からは多少離れているが(枚岡営業所のほうが近い)、古くから当営業所の担当である。もとは住道駅から深野、大阪外環状線経由で四条畷まで達し、さらに国道163号(清滝街道)を経由して清滝団地、飯盛霊園、北田原を経て田原台奈良県生駒市の高山まで運行されていた。1996年に短縮されて生駒市への乗り入れはなくなり、その後は四條畷市が四條畷市コミュニティバスの運行を開始したこともあり[7]、清滝団地・電通大までの運行がメインとなった。飯盛霊園直行便は墓参時期(お盆や彼岸など)に限定して運行。2008年10月25日より忍ケ丘駅を経由する便が新設されたが、2017年10月1日改正で廃止された。

布施線(徳庵系統)[編集]

徳庵駅前に乗り入れた近鉄バス徳庵線
  • 21番:小阪駅前→八戸ノ里駅前→東大阪大学前→徳庵→徳庵駅前→近畿車輛前→徳庵→(以下往路と同じ)→小阪駅前(循環。徳庵駅前止まり、徳庵駅前始発あり)

府道15号茨木八尾線を経由して小阪と徳庵駅を結ぶ。運行経路は狭隘区間が多い。2015年4月1日に延伸されるまでは徳庵駅南側にある徳庵停留所までの運行で、折り返し場のターンテーブルを使っていた。4月1日改正で徳庵駅のロータリーに乗り入れ、近畿車輛前などを経由する循環系統となった[8]。もとは布施営業所の担当であったが、2015年現在は稲田営業所の担当となっている。長年、比較的利用者が多かった事などから道路環境の割には大型車が使われ、その後も中型車が使われていたが、徳庵駅前に延伸して循環するルートになった際に道路環境の関係などから小型車に変わった[9]

中央環状線[編集]

  • 71番:八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前 - 久宝寺口駅前(平日朝夕のみの運行)
  • 76番:八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前
  • 77番:小阪駅前 - 八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前

八戸ノ里駅から中央環状線旧道を経由して近畿大学のある上小阪、金物団地を経て、近鉄大阪線久宝寺口駅を結ぶ。ただし、久宝寺口駅へ乗り入れる便数は平日のみで少なく、八戸ノ里駅前-金物団地前間がメインである。小阪駅前乗り入れ便は、平日と土曜日の昼間に数本の設定。休日は八戸ノ里駅 - 金物団地前間の76番のみの運転となる。

2015年4月1日のダイヤ変更より布施営業所から移管された[10]

近大シャトル[編集]

2015年4月4日運行開始。近畿大学の東門(中央環状線上小阪住宅前近く)と八戸ノ里駅をノンストップ、運賃100円で結ぶ。これにより最寄駅となっている近鉄大阪線長瀬駅から大学までの混雑緩和にも寄与するとしている。学生・学校関係者以外の利用も可能[11]。近畿大学の休校日等は運休。

大東コミバス線[編集]

  • 1番:住道駅前 - 大東市役所庁舎前 - 大東町 - 御領東 - 三箇小学校 - 三箇公園
  • 2番:住道駅前→大東市役所庁舎前
  • 3番:住道駅前 - 大東町 - 御領東 - 三箇小学校 - 三箇公園
  • 5番:大東市役所庁舎前→住道駅東→住道駅南→扇町西→住道駅南
  • 6番:住道駅南→総合文化センター→大東市役所庁舎前
  • 7番:住道駅前 - 南郷公園前 - 新田中央公園前 - 諸福老人福祉センター前 - 灰塚二丁目 - 住道駅中央
  • 8番:住道駅南 - 扇町西 - 三洋町 - 灰塚南詰 - 朋来住宅中
  • 9番:住道駅南 - 総合文化センター - 南新田西(循環)

大東市のコミュニティバス。住道駅の南口(JR住道)発着で南新田地区や朋来方面へのAコースと北口発着で市役所・御領・三箇方面へのBコース、北口・中央(北口1階)発着で市西部の新田・諸福・大野地区を循環するCコースに分かれ、9系統が設定されている。主に運行されるのはBコースの1番、Aコースの9番、Cコースの7番(右回りと左回りがある)でそれ以外は便数が少ない。車両は専用の小型車で、市内の野崎観音にちなんだ「野崎参り」の絵が描かれたバスである。

高速バス[編集]

2013年12月現在、担当している路線は全て夜行路線である。詳細は各項目を参照のこと。

福島特急線[編集]

いわき特急線[編集]

宇都宮特急線[編集]

大分特急線[編集]

  • SORIN号 (京都・大阪・神戸 - 中津・別府・大分)
    • 京都発着であるが稲田営業所が担当している。

宮崎特急線[編集]

  • ひなたライナー号(京都・大阪・神戸三宮 - 延岡・日向・宮崎)
    • 京都発着であるが稲田営業所が担当している。

過去の担当路線[編集]

茨田大宮線[編集]

  • 50番:茨田大宮 - 鴻池新田駅 - 機械団地 - 春宮住宅
  • 51番:門真団地 - 茨田大宮 - 鴻池新田駅 - 機械団地 - 春宮住宅
  • 52番:茨田大宮 - 鴻池新田駅 - 機械団地
  • 53番:門真団地 - 茨田大宮 - 鴻池新田駅 - 機械団地
  • 55番:茨田大宮 - 鴻池新田駅
  • 56番:地下鉄門真南 - 茨田大宮 - 鴻池新田駅
  • 54番:門真団地 → 地下鉄門真南 → 茨田大宮 → 鴻池新田 → 鴻池新田駅(2009年3月20日休止)

茨田大宮線は1990年代半ばまでは1時間に2便程度は運行されており、区間便などが多いためこのように系統数が多かった。56番:地下鉄門真南 - 鴻池新田駅については、2004年から2005年にかけて試験運行された系統。

試験運用終了後は従来どおり平日の夜1便だけ54番門真団地→鴻池新田駅の運行があったが、休日1便に減便の後、2009年3月20日をもって休止(最終運行は3月15日)。

阪奈生駒線・住道線・若江線[編集]

  • 10・11番(初代):梅田 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 赤井 - 住道北口 - 寺川 - 大東橋/産業大学前 - 竜間 - 生駒登山口 - 富雄 - 奈良市庁前 - 近鉄奈良駅
    • 廃止後、11番の番号は梅田→住道の系統に使われるようになった。
  • 10・12番:梅田 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 赤井 - 寺川 - 大東橋/産業大学前 - 生駒登山口 - 生駒山上
  • 13番:梅田 → 京橋 → 蒲生四丁目 → 鶴見 → 浜南口 → 赤井 → 寺川 → 大東橋 → 生駒登山口
  • 10・14番:梅田 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 赤井 - 寺川 - 大東橋/産業大学前 - 生駒登山口 - 生駒聖天(正月のみ)
  • 10・17番(初代):梅田 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 諸口(茨田営業所前)
  • 10・18・17番(2代目):大阪駅北口(18番) - 梅田(10番) - 南森町 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見区役所前 - 浜南口 ← 安田(安田は早朝運行の当停留所始発便のみ)
    • 浜南口 - 稲田車庫前間を延長する形で2009年4月20日をもって廃止。これにより浜南口・安田始発の便は全廃となった。大阪駅北口発着は平日昼間のみ。
  • 17・10番(3代目):梅田 - 南森町 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見区役所前 - 浜南口(稲田車庫前行のみ停車) - 中茶屋 - 稲田車庫前(フレスポ東大阪前)
  • 18・10・11番(2代目):大阪駅北口(18番) - 梅田(10番) - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 住道駅前
    • 2006年変更前までの経路。大阪駅北口発着は平日昼間のみ。
  • 10・11番(3代目):梅田 - 南森町 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見区役所前 - 浜南口 - 鴻池新田 - 赤井 - JR住道
  • 10・15番:梅田 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 赤井 - 寺川 - 産業大学前
  • 20・21番:天満橋 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 赤井 - 寺川 - 産業大学前
  • 20・22番:天満橋 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 住道駅前
  • 20・23番:天満橋 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 住道駅筋 - 朋来住宅前
  • 20・24番:天満橋 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 鴻池新田駅 - 機械団地
  • 20・25番:天満橋 - 京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 諸口(のち浜南口まで延伸)
  • 70・26番:京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 住道駅筋 - 朋来住宅前
  • 70・27番:京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口 - 鴻池新田駅 - 機械団地
  • 70・25番:京橋 - 蒲生四丁目 - 鶴見 - 浜南口
  • 71番:横堤バスターミナル - 浜南口 - 赤井 - 寺川 - 産業大学前
  • 72番:横堤バスターミナル - 浜南口 - 住道駅筋 - 朋来住宅前
  • 73番:横堤バスターミナル - 浜南口 - 鴻池新田駅 - 機械団地
  • 20番:天満橋 ← 京橋 ← 鶴見 ← 浜南口 ← 住道北口 ← 寺川 ← 産業大学前 ← 生駒登山口(西行のみ)

もともと、阪奈生駒線(これに加え、天満橋発などは住道線と若江(わかえ)線があった)は、未成線に終わった大阪電気軌道四条畷線の流れを汲んで戦前に東野田四丁目から住道大橋間にて開設したもので、戦後は天満橋さらに内本町バスセンターを経て本町四丁目にターミナルを延長して運行していた。1961年に梅田乗り入れが実現して以降も、地下鉄鶴見緑地線の開業前までは、天満橋や京橋発着便のほうが梅田発着より多く充実していたほどで、京橋 - 諸口や浜南口までの区間では、昼間時でも頻繁運転であった(並行して市バスも多数あった)。また、鴻池新田駅から機械団地、朋来住宅といった枝分かれする系統も多かった。なお、上記の系統は全部が同時期に運行されていたわけではない。横堤バスターミナル発便は、1990年の地下鉄開業により新設されたものであるが、すぐに廃止された。また、運行便数が多く距離の長い路線も多いため、枚岡営業所や廃止された奈良営業所(梅田 - 奈良直通便など)も担当していた。

梅田の停留所は東梅田駅の地上、御堂筋沿いのSMBC日興証券前にあり、大阪駅からは少し離れている。梅田停留所には高速バス路線も発着するため、高速バス利用者でにぎわう。大阪駅北口(梅田貨物駅側)発着便も設定されていたが、平日昼間のみで後に廃止となった。

最盛期には阪奈道路を走破して近鉄奈良駅奈良ドリームランド、また信貴生駒スカイラインに乗り入れて生駒山へも足を伸ばしていた。大阪市内では大阪市営バス36号系統と並行していたが、共通乗車制度のある他都市と異なり定期券などの共通利用ができず、市バスの昼間回数券のみ近鉄バスでも利用可能となっていた(近鉄バスでも当路線用に昼間回数券を発行していた)。大阪市内では大阪市営地下鉄や他の市バス路線との乗継ぎ割引のある市バスとのサービス格差、また地下鉄長堀鶴見緑地線JR東西線の開業により当路線の利用者獲得は苦戦を強いられることになった。このため、梅田から大東市へ乗り入れる便(住道や産業大学方面)は便数を削減し、2008年4月より梅田→JR住道間に土曜日の週1本(梅田発・19時50分)となっていた。

一方、利用客のてこ入れのため、17・10番の梅田~浜南口間の系統は2009年4月21日より、浜南口以南を旧中央環状線経由で稲田車庫まで路線が延長された。 経路の都合上、これまで始発停留所であった浜南口ならびに安田から梅田方面行きの便はすべて廃止となった。浜南口には折返場所として浜車庫があったが、この延伸により廃止され跡地は葬儀場とコンビニエンスストアになっている。 運賃は梅田 - 中茶屋または安田間は210円均一(大阪市内特定運賃)、梅田 - 浜南口間の各停留所と稲田車庫前間、安田 - JR住道間は特殊区間制、稲田車庫前 - 中茶屋間のみ100円の特定運賃区間となっていた。

その後も稲田車庫発着便は概ね20分おきに運行されていたが、30分毎、2016年8月11日のダイヤ変更で60~120分間隔と減便された、さらに2016年12月17日から土曜日のみの1往復のみの運行の免許維持路線化されたのち、2017年3月31日をもって休止となった(最終運行は3月25日)[12]。また、11番のJR住道への系統は2008年4月より土曜日の週1本(梅田発・19時50分)、2016年8月11日からは毎年8月11日(山の日)のみ(片道のみ)となった[13]上で、こちらも2017年3月31日をもって休止とされたため[12]、2016年8月11日の運行が最後となった。

清滝線[編集]

  • 60・62番:住道駅前 - 野崎駅筋 - 四条畷
  • 60・63番:住道駅前 - 野崎駅筋 - 四条畷 - 清滝団地
  • 60・65番:住道駅前 - 野崎駅筋 - 四条畷 - 清滝団地 - 逢坂 - 飯盛霊園 - 山口川 - 高山
  • 60・66番:住道駅前 - 野崎駅筋 - 四条畷 - 清滝団地 - 逢坂 - 飯盛霊園 - 山口川
  • 61・68番:四条畷 - 清滝団地 - 逢坂 - 飯盛霊園 - 田原台一丁目 - 田原台八丁目
  • 61・64番:四条畷 - 清滝団地 - 逢坂 - 飯盛霊園 - 田原台一丁目
  • 61・67番:四条畷 - 清滝団地 - 逢坂 - 緑の文化園前

四条畷発着のほか、住道駅からの便もあり系統は複雑であった。系統番号は住道駅前行が60番になっていた。緑の文化園は、阪奈生駒線の生駒登山口停留所からも行くことが可能な大阪府立の公園で、冬期を除く休日のみ運行していた。

萱島線[編集]

  • 30・31番:近鉄八尾駅前 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 朋来住宅前 - 赤井 - 巣本 - 萱島
  • 32・30番:近鉄八尾駅前 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 朋来住宅前 - JR住道
  • 35番(旧):近鉄八尾駅前 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 朋来住宅前 - 赤井 - 門真団地
  • 39番(旧):近鉄八尾駅前 - 穴太 - 若江岩田 - 菱江 - 朋来住宅前
  • 56番:近鉄八尾駅前 - 萱振 - 若江岩田 - 菱江 - 朋来住宅前 - 赤井 - 安田 - 諸口
  • 35番(新):JR住道 → 赤井 → 門真団地(2009年3月20日休止)

2006年4月以前の萱島線は、荒本駅前やJR住道は全便経由ではなかった。単純の置き換えではあるが、系統番号は変更している(31・30番→39番(現)、32・30番→36番)。近鉄バスでは上下方向で系統番号が違う場合なども多い。39番(旧)は、八尾市内を狭い萱振ではなく、府道八尾枚方線経由としたもので、1998年に廃止されたが、2003年より2008年まで八尾市愛あいバスがこの区間を運行していた。

吉田住道線[編集]

吉田駅前で発車を待つ吉田住道線のバス
  • 70番:吉田駅前 - 中新開二丁目(JR住道行のみ) - 中新開一丁目 - 川田三丁目 - 加納公園前 - 御供田四丁目 - JR住道

2012年4月7日に開設された。かつて吉田駅から北側の加納工業団地を循環する路線が1990年代まで存在したためこの地区では路線の復活となる。当路線は循環ではなく加納地区の西側を走行して住道駅へ向かう路線となった。吉田駅にはロータリーがないため行きと帰りで経路が異なる。運行開始当初は概ね30分毎に運行されていたが、日中の60分おきへの減便をされたのち、さらに、運転士不足と利用者の減少を理由に2016年6月1日改正より、土曜日のみ1往復の運転となった[14]。そして、2017年3月31日をもって運転を取りやめとした[12]ため、再び加納地区は路線バス空白地となってしまった。吉田駅では花園駅前行の路線に乗り換えが、JR住道で萱島線や大東コミバス線などに乗り換えが可能であった。

運賃は大人200円・小児100円均一となっている。JR住道にて大東市内各停留所と大東市コミバス・大東市役所庁舎前の間で乗り継ぎ制度が有り、当路線から乗り継ぐ場合、乗車時に発券される整理券を持ってJR住道降車時乗務員に申告して乗継券を受け取りコミバスへ乗り継ぐとコミバス運賃が不要。逆は住道駅前コミバス降車時100円を支払い乗務員に申告して乗継券を受け取ると当路線運賃が大人100円・小児および65歳以上50円となっていた。

高速バスの移管・廃止路線[編集]

八王子特急線[編集]

真岡特急線[編集]

大分特急線(旧)[編集]

山口特急線[編集]

  • カルスト号(京都・大阪 - 山口・萩、京都営業所に移管)

宿毛特急線[編集]

※昼行便のみの担当。夜行便は現在も運行されており、開設当初より京都営業所が担当している。

その他[編集]

契約輸送を担当。

  • 大阪電気通信大学:寝屋川、四条畷キャンパス間の連絡バスなどを運行。専用車にはゴリラの絵が描かれている。
  • 大阪産業大学:住道駅(南口近くに専用乗り場を設置)と大学間の送迎バス、また生駒キャンパスと本部間の連絡バスを専用車で運行。
  • 近大附属中・高:スクールバス。八戸ノ里駅、鴻池新田駅、地下鉄門真南、門真市駅久宝寺口駅久宝寺駅と学校を結ぶ。
    • 当営業所では主に鴻池新田駅、門真市駅の便を担当する。

車両[編集]

基本的に路線によって使用車両は分かれるが、阪奈生駒線・春宮線・清滝線・中央環状線・近大シャトルは大型車(一部便は中型車)、萱島線は中型車(主にロングボディ車)がメインとなる。布施線(徳庵系統)は布施営業所から転属してきた小型車(三菱ふそう・エアロミディおよび日野・リエッセ)が用いられる。大東市のコミュニティーバスには小型車(日野・リエッセ)限定運用となる。春宮線については、前述の通りCNGバスやハイブリッドバス(日野・ブルーリボンシティ)が用いられる。また、ノンステップバスは中型ロングボディ車(日野・レインボー)も入っている。同タイプは近鉄バスでは他に鳥飼営業所にのみ配置されている。2006年からは日野・ブルーリボンIIの導入も開始されている。また、2016年には日野・ブルーリボンハイブリッド車が1台導入された[15]。 。

なお、茨田営業所時代は大阪市内にありながら、「なにわ」ナンバーでは登録せず「大阪」ナンバーになっていた。このため、稲田営業所に移転した際にナンバープレートの付け替えは行われていない。

注釈[編集]

  1. ^ 『80年のあゆみ』P.158 近畿日本鉄道 1990年
  2. ^ 『最近10年のあゆみ』P.57 近畿日本鉄道 1990年
  3. ^ 徒歩では学研都市線徳庵駅から東へ1kmほど。直近の停留所は布施線21番の稲田上町。
  4. ^ 【平成27年4月1日~】交通系ICカード導入のお知らせ - 近鉄バス2015年3月4日
  5. ^ 終点の萱島は寝屋川市との境界付近。萱島駅は寝屋川市にある。
  6. ^ この際にJR住道のりばは、北口1階の寝屋川南岸のデッキ下(現在の大東市コミュニティバス「住道駅中央」)から南口ロータリーに変更された。
  7. ^ 当初は無料で近鉄バスも運行受託したが、再編・有料化された際に共同で運行していた京阪バスの単独運行となった。
  8. ^ 【平成27年4月1日~】布施線(徳庵系統・小阪駅前~徳庵駅前方面)バス停新設に伴う運行経路変更およびダイヤ改正について - 近鉄バス2015年3月16日
  9. ^ 平成27年4月22日 JR徳庵駅前まで近鉄バスが乗入れ - 東大阪市 フォトニュース 2015年4月22日
  10. ^ 【平成27年4月1日~】中央環状線(小阪駅前~金物団地前・久宝寺口駅前方面)ダイヤ変更のお知らせ(近鉄バス2015年3月18日。同4月5日閲覧)と乗合自動車運行系統図(布施営業所担当)平成26年12月1日現在(2015年4月5日閲覧)による
  11. ^ 【平成27年4月4日~】八戸ノ里駅前~近畿大学東門前 直行バス運行開始!! - 近鉄バス2015年3月25日
  12. ^ a b c 【平成29年4月1日~】路線バス取り止めのお知らせ”. 2017年4月8日閲覧。 - 近鉄バス2016年10月18日
  13. ^ 【大東】バスマニア必見! 年に1回しか運行しない超レア路線が大東市に誕生する!(号外NET だいとう・しじょうなわて)”. 2017年4月8日閲覧。
  14. ^ 【平成28年6月1日】吉田住道線、石切線、久宝寺(南系統)ダイヤ改正及び金剛団地線(津々山台系統)の廃止のお知らせ - 近鉄バス 2016年6月1日
  15. ^ バスラマ・インターナショナルNo.159 P.5 ぽると出版 2016年10月25日発行 ISBN 978-4-89980-158-0

外部リンク[編集]