近鉄バス布施営業所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

近鉄バス布施営業所(きんてつバスふせえいぎょうしょ)は、大阪府東大阪市高井田中一丁目にある、近鉄バスの営業所である。主に、東大阪市西部や大阪市平野区天王寺区をカバーする。近鉄奈良線河内永和駅またはJRおおさか東線JR河内永和駅から徒歩10分ほどの場所にある。道路を挟んで向かいの東大阪市長栄寺には、観光バスの基地として布施観光営業所が設置されている。本項目では観光バスも含めて記載する。

概要[編集]

現存する近鉄バスの営業所でも特に古い営業所で、近畿日本鉄道自動車局の布施自動車区・営業所として営業してきた。特に整備工場が併設された鳥飼営業所ができるまでは、近鉄バスの整備工場は布施営業所にあった。バスロケーションシステム1983年に設置され、小阪駅周辺で10年ほど使われていたこともある。

分社化前は路線部門が南側の現在観光バスが使用する車庫を、観光バスが北側の車庫を使っていたが、分社時にその立場を入れ替えた。観光バスは別会社の近鉄観光バス株式会社として分社化し、営業所の事務所を観光バス本社と兼用した。2006年に近鉄観光バスは近鉄バスに吸収合併されたため、観光バス部門は「布施観光営業所」になった。

近鉄バスカードが使用でき、2003年よりスルッとKANSAIJスルーカードにも対応した。Jスルーは2009年3月1日に利用終了した。PiTaPaICOCAなどの交通ICカード2015年4月1日より近鉄バス一般路線の全てで使えるようになった[1]

営業所の前には「長栄寺」という停留所があったが現在は廃止されており、当営業所発着の路線は存在しない。このため路線バスは全て回送で出入庫している。

運行路線[編集]

布施線(早瀬橋系統)[編集]

早瀬橋系統で使用される小型車両「日野・リエッセ」(早瀬橋バス停にて)

布施駅から北上し、東大阪市西端の高井田地区を結ぶ路線。おおさか東線放出駅 - JR河内永和駅間)と並行している。中小工場が多くある地域でもあり通勤客も多かったが、不況などで利用者・運行本数ともに減少傾向である。終点の早瀬橋からは徒歩で放出駅方向へ抜けることができるが、狭隘路や一方通行のため早瀬橋止めとなっていた。小型バスの導入により2011年8月1日から一方通行を避けるルートで早瀬橋から放出駅まで延伸し、同時に運賃がそれまでの特殊区間制(200円ないし240円)から200円均一になった[2]。なお、以前も放出駅前への乗入れを行っていた。詳細は#過去の担当路線を参照。2012年8月1日に増発および出入庫となる長堂二丁目止め(94番)・高井田二丁目始発(95番)を布施駅前に延長し93番に統一した。

加美線[編集]

  • 40番:布施駅前 - 三ノ瀬 - 岸田堂 - 加美北五丁目 - 加美 - 平野宮町二丁目 - 平野駅前

布施駅とJR平野駅(大阪市平野区)を結ぶ路線。布施駅から加美北五丁目は東大阪市、それ以南は大阪市に入るため、運賃は大阪市内運賃と特殊区間制にまたがっている。しかし、大阪市営バスは大阪市外への路線でも均一運賃であるため割高である(全線通しで280円)。以前は地下鉄南巽経由の系統も存在した。

東大阪市立病院線[編集]

  • 25番:八戸ノ里駅前→市立総合病院前→五百石公園前→八戸ノ里駅前

八戸ノ里駅北方にあった東大阪市立総合病院の移転に伴い開設された路線。 大阪は府下では初のコミュニティーバス扱いで運賃は100円だが、定期券は利用できない。 開設当初は開院日の平日のみの運転だったが、2004年3月から土・休日の昼間も運行されるようになった。 車両はこの路線専用の小型車両(前乗り前降りの2ステップ車)が使われてきたが、2009年5月1日から小型ノンステップバスに置き換えられた。

赤十字病院線[編集]

大阪上本町駅から駅の東側にある赤十字病院までの路線。2005年に開設され、短距離のため運賃100円とした。短距離だが病院まで歩くには多少つらい面もあるため、通院客には便利な足となっている。病院の休診日(土曜・休日、5月1日、12月29日から翌年の1月3日まで)は運休。

警察病院線[編集]

赤十字病院線と同様に、病院への足として運行する100円バスである。病院と大阪上本町駅を単純往復するのではなく、大阪環状線の桃谷駅発着として同線からの利用も可能にしている。途中停留所は当初大阪警察病院だけであったが、のちに増設された。土曜・休日、12月30日から翌年の1月4日までは運休。

上本町あべの橋線[編集]

  • 10番:近鉄上本町 - 四天王寺参道口 - あべの橋あべのハルカス
  • 11番:近鉄上本町→下寺町二丁目(和空下寺町前)→あべの橋(あべのハルカス)
  • 12番:近鉄上本町 - 四天王寺参道口 - 天王寺都ホテル(あべのハルカス)

2013年6月13日にあべのハルカス近鉄本店(近鉄百貨店)がオープンしたのに伴い開設。大阪阿部野橋駅発着の近鉄バスの一般路線の設定は、2005年に廃止された大蓮線(八尾営業所担当)以来8年ぶりとなった。

上本町とあべの橋を谷町筋および松屋町筋を経由し約15分~19分で結ぶ。15~20分毎に運行、運賃100円。天王寺都ホテル発着の12番は19時50分以降のみ、それ以前の時間帯は10番および11番となり、あべの橋近鉄高速バスのりばに停車する[3]

利用客数は多く、当初は20分間隔での運転であったが、2013年10月1日の2度目のダイヤ改正で昼間時は20分間隔から15分間隔に増便された。また、運行開始当初はノンストップだったが、2013年9月1日、谷町筋上に「四天王寺参道口」停留所が新設された[4]

2017年7月1日に運行形態が変更され、近鉄上本町を発着とした循環系統から通常の往復系統に変更され、あべのハルカスを跨ぐ乗車ができなくなった。これにより「あべの・上本町循環バス」としていた路線愛称を「あべの・上本町シャトルバス」に変更した。同時に系統番号が付与され、四天王寺参道口経由便はあべのハルカス発着便が往復とも10番、天王寺都ホテル発着便は往復とも12番がそれぞれ付与された。同時に松屋町筋に「下寺町一丁目」停留所と「下寺町二丁目(和空下寺町前)」停留所を新設し、あべの橋方面行きの一部の便が松屋町筋経由になった[5]が、これは11番の系統番号が付与された。

空港リムジンバス[編集]

上本町・関西空港線(関西空港交通と共同運行)
USJ・関西空港線(関西空港交通、阪神バスと共同運行)
USJ・大阪空港線(大阪空港交通、阪神バスと共同運行)
東大阪・関西空港線(大阪バス、関西空港交通と共同運行)
  • 布施駅(北口) - 長田駅 - 関西国際空港
    近鉄バスは関西空港発の片道一便のみ担当

定期観光バス[編集]

OSAKA SKY VISTA
2014年7月10日より運行を開始した定期観光バスである。オープントップバス三菱ふそう・エアロキングの夜行高速車を東急テクノシステムで改造したもの[6])を使用し、大阪市内を車窓観光する。水曜日を除く毎日運行。乗車は上本町バスセンターでのみ扱い、降車は上本町に加えあべの橋でも可能。その後、梅田などを回る北ルートの新設、2014年・2015年冬には御堂筋イルミネーションに合わせて夜間の便が運行されるなど変化ののち、2016年2月1日より大阪駅JR高速バスターミナル発着に変更された。同時に発券業務は西日本JRバスに委託されている[7]
  • 上本町バスセンター大阪上本町駅2F、乗車)→(谷町筋)→大阪歴史博物]→大阪城(上町筋より)→(土佐堀通)→大阪市立中央公会堂(中之島)→道頓堀(御堂筋より)→難波→(千日前通)→谷町の街並み(松屋町筋より)→でんでんタウン→通天閣(国道25号より)→四天王寺→(谷町筋)→あべのハルカス(周辺を一周、あべの橋駅で降車可)→(谷町筋)→上本町バスセンター(降車)

高速バス[編集]

下記の各路線を運行している。いずれも昼行路線。内部リンクのある路線の詳細は各項目を参照のこと。また、カブトガニ号(大阪 - 笠岡・神辺、中国バスによる運行)伊賀上野特急線(三重交通による運行)、四日市特急線(三重交通による運行)、小浜特急線(福井鉄道による運行)の運行支援も行っている。

福山特急線[編集]

高山特急線[編集]

三方特急線[編集]

  • 三方常神ライナー近鉄なんば西口(OCATビル)・大阪駅前(地下鉄東梅田)・京都駅八条口 - 常神(福井県三方町))
    冬期の週末に限定運行される路線。土曜日に大阪を出て常神へ向かい、日曜日に常神から大阪へ戻る便がそれぞれ運行される。

神戸三田プレミアム・アウトレット特急線[編集]

  • 神戸三田プレミアム・アウトレット号あべの橋・近鉄なんば西口 - 神戸三田プレミアム・アウトレット
    2010年に主催旅行の形でなんばOCAT始発・終着で運行を開始。往復利用のみ可能であった。2011年7月16日より路線化して土曜・休日とセール期間中の毎日運行となると同時に、あべの橋始発に変更となった。また、片道利用も可能。大阪からの乗車時にクーポンシート、オリジナルノベルティ、ドリンククーポンの配布がある。

過去の担当路線[編集]

布施線[編集]

前述の通り、徳庵系統の一部は布施駅前まで足を伸ばすものがあった。1990年代には徳庵発のみとなっていた。

  • 90番:布施駅前 - 南森河内 - 諏訪神社前 - 放出住宅前 - 今福鶴見 - 蒲生四丁目(1998年6月8日休止)
  • 91番:布施駅前 - 南森河内 - 諏訪神社前 - 放出住宅前 - 放出駅
  • 92番:布施駅前 - 長堂二丁目 - 南森河内 - 早瀬橋(2011年8月1日廃止)
  • 系統番号なし:布施駅前→長栄寺(2008年12月20日休止)
  • 94番:長堂二丁目 - 南森河内 - 早瀬橋 - JR放出駅前(2012年8月1日廃止)
  • 95番:高井田二丁目 - 南森河内 - 早瀬橋 - JR放出駅前(2012年8月1日廃止)

早瀬橋系統の一部は、大阪市内へ乗り入れて放出、さらに阪奈生駒線・住道線に並行して蒲生四丁目まで運行していた。ただ、住道線などが京橋で折り返していたのに対し、当路線は手前の蒲生四丁目までで、近くの城東区役所付近で折り返していた。当時、放出駅(北口)付近は狭隘路であったが大型車で運行していた。また、大阪市と東大阪市にまたがるため、加美線同様に運賃が割高になる欠点を持っていた。92番は2011年に早瀬橋から放出駅まで延長になり廃止となった。その際に運賃をそれまでの区間制から全線200円均一に引き下げた。94・95番は放出延長時に出入庫となる便として存在していたものである。徳庵系統は2015年4月現在、稲田営業所が担当。徳庵駅前へ延伸されている。

上小阪線[編集]

  • 50番:布施駅前 - 三ノ瀬 - 俊徳道駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前
  • 51番:布施駅前 - 三ノ瀬 - 俊徳道駅前 - 宝持 - 樟蔭東前 - 若江 - 玉串北口 - 花園住宅前
  • (旧)52・53番:布施駅前 - 三ノ瀬 - 俊徳道駅前 - 宝持 - 樟蔭東前〜金物団地前〜上小阪住宅前〜宝持(循環)
  • (新)53番:布施駅前 - 三ノ瀬 - 俊徳道駅前 - 宝持 - 樟蔭東前 - 金物団地前
  • 52番:金物団地前→上小阪住宅前→宝持→俊徳道駅前→三ノ瀬→布施駅前
  • 54番:布施駅前→三ノ瀬→俊徳道駅前→宝持→樟蔭東前

上小阪線は前述の通り、上小阪住宅の団地内での折り返し便が多く設定されていたほか、近鉄奈良線の南をに並行するように、河内花園駅南東側の花園住宅まで運行していた51番は1995年10月1日に廃止。

50番は以前は1時間に1便程度はあり、布施駅前と上小阪住宅前(団地内で折り返し)を結んでいたが、団地の建て替えによる団地内停留所の廃止の影響により、2004年8月31日に52番(布施駅前 - 三ノ瀬 - 俊徳道駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前)に吸収される形で廃止。後に朝夕のみの運行となり、2006年2月6日に平日の朝1便のみの運行になる。

54番は通学需要があり、利用客が多かったが、近畿大学附属小学校の奈良県奈良市への移転に伴い利用客が減少。2011年3月16日実施のダイヤ変更からは52・54番が土曜早朝にそれぞれ1便ずつ片道運行するのみとなった。それも2017年3月31日をもって運行取りやめとなった[8]

加美線[編集]

  • 41番:布施駅前 - 三ノ瀬 - 岸田堂 - 地下鉄南巽 - 平野駅前
  • 42番:布施駅前 - 三ノ瀬 - 岸田堂 - 地下鉄南巽 - 平野駅北口

加美線の経路違いで、地下鉄南巽駅経由があった。1993年6月8日(最終運行は6月6日)に廃止された。

中央環状線[編集]

  • 71番(旧):小阪駅前 - 八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前 - 久宝寺口駅前
  • 71番(新):八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前 - 久宝寺口駅前(平日朝夕のみの運行)
  • 72番(旧):小阪駅前 - 八戸ノ里駅前 - 宝持 - 樟蔭東前 - 久宝寺口駅前
  • 72番(新):久宝寺口駅前→金物団地前(中環)→樟蔭東前→宝持→八戸ノ里駅前(2011年3月16日廃止)
  • 73/74番(旧):小阪駅前 - 八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前 - 樟蔭東前 - 宝持 - 八戸ノ里駅前 - 小阪駅前(循環)
  • 73/74番(新):八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前 - 樟蔭東前 - 宝持 - 八戸ノ里駅前(循環・土曜1便づつの運行、2015年3月31日をもって廃止)
  • 75番:小阪駅前→八戸ノ里駅前→宝持→上小阪住宅前→金物団地前→久宝寺口駅前(2011年3月16日廃止)
  • 76番:八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前
  • 77番:小阪駅前 - 八戸ノ里駅前 - 宝持 - 上小阪住宅前 - 金物団地前

八戸ノ里駅から中央環状線旧道を経由して近畿大学のある上小阪、金物団地を経て、近鉄大阪線久宝寺口駅を結ぶ。ただし、久宝寺口駅へ乗り入れる便数は少なく、八戸ノ里駅前-金物団地前間がメインである。小阪駅前乗り入れ便は、平日と土曜日の昼間に1時間当たり1本程度の設定。 休日は八戸ノ里駅 - 金物団地前間の76番のみの運転となる。

71〜74番の系統は1991年に八戸ノ里駅前のロータリーが完成するまで、駅南口、旧中環の西側にバス乗り場があり、小阪駅前起点で運行されていた。両駅間も渋滞しやすいため、ロータリー完成以後は基本的に八戸ノ里駅前発着に変更された。一時期は完全に運行されていない時期もあったが、現在はわずかに小阪駅前発着が運行されている。

2015年4月1日より稲田営業所の担当になっている[9]

80番は、エキスポランドへのアクセス路線として、冬期を除く休日に運行していた。一般路線車使用ながら高速道路経由というのも特徴であったが、1999年に運転を取りやめた。81番は、80番の第1便がエキスポランド到着後に日本庭園前に回送。片方向のみの一般道経由で運行していた。

春宮住宅西口 - 日本庭園前・エキスポランド間は高速道路経由と一般道経由では運賃が違っていた。

布施駅前 - 俊徳道駅前間は、上小阪線と異なり、近鉄大阪線の高架下を走行していた。

枚岡線[編集]

戦前に布施駅-枚岡間にて開設された路線。上本町からは千日前通を東に直進し、国道170号旧道と交差する箱殿で北に進路を取る。石切神社への利用者も多く、三が日には増便(大晦日から元旦には終夜運転を行う年もあった)も行われていた。1984年に上本町バスセンターが上本町駅2階にできてからは、同所を起点とした(現在は大阪国際空港行きリムジンバスの乗り場になっている)。枚岡営業所の縮小により、布施営業所の担当に変更されたが(もとは布施営業所も担当、のちに枚岡単独になり、最終的に布施に移管)、利用者減が進み1997年に休止、2000年に廃止となった。末期は、枚岡から移って来た中型車が専属で使われていた。

久宝寺線[編集]

もとは八尾営業所の担当だった大蓮線の一部で、近鉄大阪線に並行して布施と八尾を結ぶ路線であった。2004年に八尾市立病院の移転に伴い、平日昼間のみの運行で当系統が新設された。しかし、2006年2月には土曜日午前中の1往復だけになった後、2009年3月20日で休止(最終運行は3月14日)された。尚、同じ久宝寺線のJR久宝寺駅 - アリオ八尾の系統は八尾営業所の担当で、こちらは現在も存続している。廃止後、2016年に大阪バスによる布施駅(北口) - 大蓮本通商店街 - 近鉄八尾駅間の路線が開設されている。

高速バスの移管・廃止路線[編集]

夜行路線については、八尾営業所に移管したため省略する。ただし、布施担当時代に休廃止となった路線のみ掲載する。

埼玉特急線[編集]

  • サテライト号(大阪・京都 - 川口・浦和・大宮)
    廃止後、やまと号大宮線がカバーして大阪・奈良-大宮で運行していたが、この路線も利用低迷で廃止されている。

延岡特急線[編集]

愛知万博特急線[編集]

空港リムジンバス[編集]

  • OCAT - 関西国際空港
    OCATの開業に伴い、1996年に運行開始(関西空港交通大阪市営バス共同運行。市バスが運行するのはOCATが大阪市の第三セクターのため。塗装も3者で共通とした)。しかし、利用が低迷し1999年に廃止された。後継として日本交通が「OCATシャトル880」を運行するようになった(当初チャーター便、のち関西空港交通も復帰)。
  • 湊町バスターミナル - 近鉄上本町 - 関西国際空港
    OCAT開業前、リムジン上本町線の一部が、OCAT北側に仮設された湊町バスターミナル(現在の湊町リバープレイスの場所)に発着していた。
  • ユニバーサル・スタジオ・ジャパン-関西空港交通(直通便)
    USJと関空間は直通便であったが、利用者数の関係で天保山系統と統合した。
  • 近鉄上本町 - ユニバーサル・スタジオ・ジャパン
    USJ開業時に上本町との間に直通運転する形で開業した。しかし、利用が低迷し2002年に休止した。

伊賀上野特急線[編集]

  • 忍者ライナー(大阪 - 伊賀上野)
    • 2014年2月28日をもって撤退(三重交通単独運行化)

四日市特急線[編集]

沿革

小浜特急線[編集]

  • わかさライナー(大阪 - 小浜)
    • 2016年6月15日をもって撤退(福井鉄道単独運行化)、同時に運行本数も4往復から2往復に減便。

車両[編集]

布施営業所所属車両(写真の車両は廃車済み)

一般路線[編集]

利用者の少ない路線が増えていることもあり、大型車の導入はあるが、中型・小型も多い。 加美線・上本町あべの橋循環線は大型・中型車を中心に使われているが、以下の路線は専用車両に限定(異常時は除く)して運行されている。

  • 東大阪病院線 - 小型車ノンステップ車両(日野・ポンチョ
  • 赤十字病院線、警察病院線、布施線(早瀬橋系統) - 小型車リフト付き車両(日野・リエッセ

空港リムジンバス[編集]

日野・セレガが使われているが、2007年三菱ふそう・エアロバスが初めて採用された。塗装は、長らく関西空港交通と同一デザインを続けていたが、近年の新車は観光バスと同一の塗装に変更されている。

高速バス[編集]

布施営業所担当の路線は、昼行のため車両もハイデッカー車が用いられる。観光バスからの転用車両も多く、トイレ付きとトイレなしが混在する。トイレなしは、長距離の高山行以外で運用される。

布施観光営業所[編集]

観光バスのみ配置の営業所。近鉄バスの貸切車の大多数は当営業所配置である。大型車の車種は日野・セレガに統一されている。以前は、9mクラスも在籍したが、現在は12m級のみ。ハイデッカー車は輸送力の大きい60人乗りが中心で、スーパーハイデッカー車はセミサロンタイプの54人乗りが主力。高速バスの続行便使用を考慮してトイレ付きとした車両もある。また、車椅子リフトを備えた車両も在籍する。ユニークなものとしては、ビールサーバー付のスーパーハイデッカー車が存在した(2008年春に老朽化のため廃車)。2012年現在は小型車として日野・リエッセIIも配置されている。

なお、近畿日本鉄道自動車局の時代は、八尾営業所も観光バス配置営業所であった。分社化に先駆けて観光バスを布施に集約し、代わりに夜行高速バスを八尾に移管した。

注釈[編集]

  1. ^ 【平成27年4月1日~】交通系ICカード導入のお知らせ - 近鉄バス2015年3月4日
  2. ^ 8/1から「布施駅前〜早瀬橋」間の路線でダイヤ改正を行い「JR放出駅前」まで延長します!あわせて運賃が200円均一となります!! - 近鉄バス 2011年7月12日
  3. ^ 【6月13日~】近鉄上本町~あべの橋(あべのハルカス)間の路線バスを運行開始いたします! - 近鉄バス 2013年5月29日
  4. ^ 【9月1日から!】あべの・上本町循環バスの「四天王寺参道口」停留所を新設します! - 近鉄バス 2013年8月29日
  5. ^ 【平成29年7月1日~】上本町・あべのシャトルバスの一部便が松屋町筋経由に!下寺町に2ヶ所停留所を新設いたします! - 近鉄バス 2017年5月29日
  6. ^ バスラマ・インターナショナルNo.145 P.22 - 23、ぽると出版 2014年8月25日発行、ISBN 978-4-89980-145-0
  7. ^ 【平成28年2月1日~】2階建オープンデッキバス「OSAKA SKY VISTA」JR大阪駅から出発します! - 近鉄バス 2016年1月21日
  8. ^ 【平成29年4月1日~】路線バス取り止めのお知らせ”. 2017年4月8日閲覧。 - 近鉄バス2016年10月18日
  9. ^ 【平成27年4月1日~】中央環状線(小阪駅前~金物団地前・久宝寺口駅前方面)ダイヤ変更のお知らせ(近鉄バス2015年3月18日。同4月5日閲覧)と乗合自動車運行系統図(布施営業所担当)平成26年12月1日現在(2015年4月5日閲覧)による
  10. ^ 四日市線(大阪~四日市)車両変更のお知らせ - 近鉄バス2013年12月3日
  11. ^ 高速バス『四日市大阪高速線』の運行申請について (PDF, 三重交通 2009年6月4日)
  12. ^ 高速バス『四日市大阪高速線』の運行開始について (PDF, 三重交通 2009年9月1日])

外部リンク[編集]