岩下清周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岩下清周

岩下 清周(いわした きよちか、安政4年5月28日1857年6月19日) - 昭和3年(1928年3月19日)は、実業家銀行家としてベンチャー企業への積極的な融資を行った。息子は、カトリック司祭哲学者岩下壮一、清周本人も聖公会に所属したクリスチャンであった。

来歴・人物[編集]

信濃国松代城下代官町(長野県長野市松代町)に松代藩士の岩下佐源太の次男に生まれるが、ほどなく実父が死去したため、三歳で叔父の岩下章五郎の養子となる。松代藩兵制士官学校を卒業すると上京し、慶應義塾商法講習所(現一橋大学)を中退し、三菱商業学校(後の明治義塾)卒業。

1878年明治11年)三井物産入社、同社パリ支店長等を経て、三井物産創立者である益田孝らと品川電灯を設立、同社社長就任。1893年(明治26年)三井銀行本店副支配人、1896年(明治29年)同大阪支店長時代には大阪・関西財界での強力な人脈網を中上川彦次郎に批判され衝突、1897年(明治30年)北浜銀行設立。同行常務、頭取を歴任。「日銀幹部ストライキ事件」では、中上川が支援した山本達雄総裁らに反発し、鶴原定吉植村俊平藤尾録郎らの免職された東大出身者らを積極的に住友など関西財界に紹介した。

衆議院議員や、箕面有馬電気軌道(現:阪急阪神ホールディングス)初代社長、大阪電気軌道(大軌、現:近畿日本鉄道)第2代社長等も務めた。大軌では生駒トンネル建設案を出し、実現させている。他にも大林組の設立等にもかかわる。南満州鉄道副総裁。

1914年大正3年)、大林組や大軌などの営業不振による債務焦付きで、北浜銀行が破綻し逮捕された。1920年(大正9年)温情舎小学校(現不二聖心女子学院中学校・高等学校)を設立した[1]

栄典[編集]

家族[編集]

  • 父:岩下左源太 - 松代藩士[3]
  • 養父:岩下章五郎[4]
  • 妻:幽香子 - 松代藩士・弥津繁人四女、渡辺養女。
  • 妾(氏名不詳)

脚注[編集]

  1. ^ 学院の歴史 不二聖心女子学院 中学校・高等学校
  2. ^ 『官報』第8454号「叙任及辞令」1911年8月25日。
  3. ^ 『人間の分際 神父・岩下壮一』P.44
  4. ^ 『同』P.44
  5. ^ 『人間の分際 神父・岩下壮一』 P.194
  6. ^ 『同』P.105、135、

参考文献[編集]

  • 新訂 政治家人名事典 明治〜昭和』(2003年、編集・発行 - 日外アソシエーツ、79頁)
  • 『長野県歴史人物大事典』(1989年、編集・発行 - 郷土出版社)
  • 『岩下神父の生涯』(1961年、小林珍雄著 発行 - 中央出版社(現・サンパウロ)(1988年、伝記叢書25 発行 - 大空社))
  • 『人間の分際 神父・岩下壮一』 (1996年、小坂井澄著 発行 - 聖母の騎士社)

外部リンク[編集]


先代:
廣岡惠三
大阪電気軌道
(現:近畿日本鉄道)社長
第2代:(1913年 - 1914年
次代:
大槻龍治