広岡恵三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

広岡 恵三 (ひろおか けいぞう、1876年明治9年) - 1953年昭和28年))は、日本の実業家大同生命第2代社長。

来歴・人物[編集]

1876年明治9年)、子爵一柳末徳の次男として東京で生まれる。

東京帝国大学在学中に広岡浅子(明治・大正期の実業家)の娘・亀子との縁談がまとまり、1901年(明治34年)に結婚、広岡家の婿養子となる。

1904年明治37年)、義父・広岡信五郎(浅子の夫)の死を機に加島銀行に入社し、浅子らの事業を継承。

1909年明治42年)、加島屋9代目当主・広岡久右衛門正秋の死を機に、加島銀行頭取、大同生命第2代社長に就任。

1910年明治43年)、大阪電気軌道(現在の近畿日本鉄道の前身)の初代社長に就任(1912年に辞任)。

広岡恵三が登場する作品[編集]

関連する人物[編集]

備考[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-
大阪電気軌道
(現:近鉄グループホールディングス近畿日本鉄道)社長
初代:(1910年 - 1912年
次代:
岩下清周