岩下亀代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岩下 亀代(いわした きよ、1894年4月20日 - 1984年2月19日)は日本のカトリック教会聖心会修道女、教育者。実業家・岩下清周の末娘、カトリック司祭・岩下壮一の妹。学習院女学校卒業[1]

生涯[編集]

岩下清周、幽香子の3女として東京府(現・東京都)に生まれ、5歳上の兄・壮一がいる。兄は東京帝国大学(現・東京大学)を経て司祭となる。 1918年(大正7年)、ロンドンで聖心会に入会、日本人初の聖心会会員となる。 帰国後、聖心女学院で英語を教える傍ら、刑務所の教悔師として服役者の更正に尽力。 1974年(昭和49年)、足立区立青少年福祉センター女子更正施設の開設につとめ、1984年、帰天。

出典[編集]

  • 『20世紀日本人名事典 上』日外アソシエーツ、2004年
  • 『日本女性人名事典』芳賀登、中嶌邦、一番ヶ瀬康子、祖田浩一 監修、日本図書センター、1993年

脚注[編集]

  1. ^ 『20世紀日本人名事典 上』P.342

関連項目[編集]