大阪はびきの医療センター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Japanese Map symbol (Hospital) w.svg 大阪はびきの医療センター
Osaka Prefectural Medical Center for Respiratory and Allergic Diseases.jpg
情報
正式名称 地方独立行政法人大阪府立病院機構 大阪はびきの医療センター
英語名称 Osaka Habikino Medical Center
前身 大阪府立結核療養所羽曳野病院→大阪府立羽曳野病院→大阪府立呼吸器・アレルギー医療センター
許可病床数

500床
一般病床:400床



結核病床:100床
機能評価 一般病院2 (500床以上): 3rdG:Ver1.0〜
開設者 地方独立行政法人大阪府立病院機構
開設年月日 1952年12月
所在地
583-8588 
大阪府羽曳野市はびきの3-7-1
位置 北緯34度32分55.1秒
東経135度35分23.38秒
座標: 北緯34度32分55.1秒 東経135度35分23.38秒
二次医療圏 南河内
PJ 医療機関
テンプレートを表示

大阪はびきの医療センター(おおさかはびきのいりょうセンター)は、 大阪府羽曳野市にある医療機関病院

本項では前身機関である「大阪府立結核療養所羽曳野病院」「大阪府立羽曳野病院」についても記述する。

概要[編集]

呼吸器疾患とアレルギー疾患に主軸を置いた内科、外科、小児科、皮膚科、眼科と、それらに加えて循環器科、消化器科および産婦人科を併せ持った医療を行っている。 呼吸器・アレルギー性疾患、肺がん、感染症の大阪府域の中核的役割を果たし、地域医療の基幹病院としての役割も果たしている。


沿革[編集]

結核療養所羽曳野病院[編集]

  • 1952年12月-大阪府立結核療養所羽曳野病院として開院。
  • 1973年8月-新病棟竣工。結核病床808床、一般病床192床となる。呼吸器集中治療室を設置

大阪府立羽曳野病院[編集]

  • 1976年4月-大阪府立羽曳野病院と改称し、結核・免疫アレルギーの基幹病院となる。
  • 1985年3月-放射線治療棟にて診療開始。
  • 1992年 - 1994年- 循環器内科、消化器内科の診療を開始し、診療機能の充実を図る。
  • 1998年3月-外来リニューアルオープン
  • 2001年3月-結核外来棟の診療開始。
  • 2003年4月- 診療科の名称を変更。
  • 2004年4月-結核病床200床、一般病床440床(集中治療室6床)となる

府立呼吸器・アレルギー医療センター[編集]

  • 2003年10月-大阪府立呼吸器・アレルギー医療センターに改称。
  • 2006年4月-大阪府病院事業条例が廃止され、病院の運営を大阪府立病院機構に移行。臨床研究部を設置。
  • 2008年3月-結核病床100床、一般病床440床となる。
  • 2009年3月-結核病床100床、一般病床412床となる。8月-結核病床100床、一般病床400床となる。
  • 2017年4月-大阪はびきの医療センターに改称。

指定[編集]

  • 日本医療機能評価機構「病院機能評価」認定施設

診療科[編集]

一般医療部門

  • 循環器内科
  • 産婦人科
  • 消化器外科
呼吸器医療部門
  • 呼吸器内科
  • 肺腫瘍内科
  • 呼吸器外科
  • 集中治療科
感染症医療部門
  • 感染症内科
アレルギー医療部門
  • アレルギー内科
  • 小児科
  • 皮膚科
  • 眼科

不祥事[編集]

医療機器の再使用[編集]

メスなど一度しか使用できない医療機器を、複数の病院が滅菌し再使用していた問題が判明したのを受け、大阪府立病院機構が調査したところ、同機構に属する病院において、推定計約4,600件の再使用があったことが明らかになった。このうち同センターでは1,961件の再使用が判明した[1]

交通アクセス[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]