狭隘路線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

狭隘路線(きょうあいろせん)とはバス路線の中でもとりわけ狭い道路を走行する路線のことである。

定義[編集]

奈良市平松町付近(奈良交通

バスメーカーの三菱ふそうトラック・バスでは、狭隘路線の定義として「幅員4.5mの道路を運行する路線」としている[1]。通常のバス車両の全幅についてカタログスペックを参照すると、大型バスでは約2.5m、中型バスでは約2.3m、小型バスでは約2.1mとなっていることから、中型バス以上の大きさのバスでは離合が不可能な路線を位置付けているものとみられる。

ここまで厳密な用法ではないが、バス同士やバスと一般車両の離合が困難な箇所のある路線について、「狭隘路線」と呼ばれることがある。

路線設定の背景[編集]

バス路線の運行に際しては、運輸局へ許認可書類を提出し、許認可を受ける必要がある。この際に、キロ程・幅員・カーブ角度・勾配といった走行道路の詳細を図面を沿えて提出し、監督官庁で審査することになる。申請内容の事業用自動車に関する審査基準として「道路構造上運行に支障を与えない大きさ、重量であること」というものがある[2]が、これは申請に記載された車両で円滑な運行が可能かどうかが審査されるということである。道路環境と車両の大きさが合わず、円滑な運行が困難であるとみなされた場合(例えば、大型バスが通行すると軽自動車でも離合が困難、というケースなど)路線免許に対して許認可が下りないこともある。これは、かつては車掌が乗務しているバスが一般的であり、バスの車掌が離合の際にバスを後退させるための車両誘導等を行なうことも出来、交通整理の役目も行なっていたが、ワンマン運転においてはこれができないことが理由として挙げられる。なお1980年代頃まではワンマンバスの場合は幅員が6m以上あることが運行条件とされている[3]

しかし、交通量が少ないなどの理由で、大型のバスが乗り入れても円滑な運行に支障がないと判断された場合は、道路条件と比較して大型のバスが走る路線が設定されることになる。また、バス車両が大型化される前[4]に特に条件なしで許認可が下りた路線については、車両の大型化とともに、同様に走行する道路条件と比較して大きい車体のバスで運行される路線が存在することになる。

こうした路線の中には、保安要員の配置・添乗などの条件付きで認可を受けた路線もある。例えば、仙台市営バス1993年までツーマンカーが存在していた。これは狭隘路線を抱えていたこと、大型バスしか保有していなかったことから、車掌乗務でないと運行の認可が下りなかったもので、狭隘区間には保安要員が同乗する条件でワンマン運行の認可を得ている[5]。また、立川バス国21系統けやき台団地線では大型車を最短3分間隔で運行させるため、狭隘区間において第一待避場・第二待避場を設置した上でこの2箇所と交差点に誘導員を常駐させ、無線を活用した交通整理を行なっている[6]

趣味的視点[編集]

こうした狭隘路線に対して、趣味的な関心を持つバスファンもいる。こうしたバスファンの嗜好に応えるように、雑誌『バスマガジン』では、狭隘路線のレポートが連載されている。この連載記事の中では、運転士の優れた操縦技術も、愛好家を喜ばせる点の1つとして扱われている[7]

脚注[編集]

  1. ^ 三菱ふそう・エアロミディMEのテクニカルレポート[1] (PDF) による。
  2. ^ 「一般乗合旅客自動車運送事業の許可及び事業計画変更認可申請等の審査基準について」(平成13年12月27日付け 関自旅一第1267号)[2] (PDF) による。
  3. ^ 現在では幅員6m未満であっても認められる場合も多い。ただし条件付きの場合もある。
  4. ^ 例えば、鉄道博物館展示資料紹介[3]によると、鉄道博物館に展示されている国鉄バス1号車の車幅は1.93mとなっており、現在のバスよりも車体は小さい。
  5. ^ バスラマ・インターナショナル』61号(ぽると出版、2000年)の記述による。
  6. ^ バス・ジャパン』6号(BJエディターズ、1987年)でも、この路線が紹介されている。
  7. ^ 例えば、「バスマガジン」創刊号では、狭隘路線が多い西武バスの社内部署として設置された教習所についても言及されており、運転士の操縦技術についての説明もある。

関連項目[編集]