因の島運輸

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
因の島運輸株式会社
INNOSHIMA UNYU
Innoshimaunyu galaII KC-LV782R1.jpg
種類 株式会社
略称 因の島バス
本社所在地 日本の旗 日本
722-2323
広島県尾道市因島土生町2201番地
設立 1952年6月16日
業種 陸運業
事業内容 一般乗合旅客自動車運送事業
一般貸切旅客自動車運送事業
国内旅行業
民間車検整備業
代表者 代表取締役社長 村井敏宏
資本金 9,600万円
従業員数 51名
主要子会社 アイ・ビー車検センター
テンプレートを表示

因の島運輸株式会社(いんのしまうんゆ、通称因の島バス)は、広島県尾道市因島地域)を営業エリアとする路線バス観光バス事業者である。本社は広島県尾道市因島土生町2201番地。

歴史[編集]

営業所および車庫[編集]

全て福山ナンバー

  • 本社車庫
  • 江の内車庫
    • 広島県尾道市因島土生町329番地
  • 大浜車庫
    • 広島県尾道市因島大浜町466番地1
  • 整備工場(アイ・ビー車検センター)
    • 広島県尾道市因島重井町5798番地1

路線[編集]

高速バス「フラワーライナー」(2006年5月撮影)
尾道 - 因島線(2009年10月撮影)
因島南小学校前バス停(江の内車庫前)

<>内は共同運行会社

高速バス[編集]

一般路線バス[編集]

  • 尾道線 <本四バス開発、おのみちバス>
    • 安郷 - 土生港前 - 尾道駅前 - 新尾道駅
      • ほとんどが土生港前 - 尾道駅前間の運行で、安郷発着便や新尾道駅発着便は少ない。
      • 小浦渡は安郷発着便のみ停車。
      • 浄土寺下 - 尾道駅前 - 新尾道駅間のみの利用はおのみちバス便は可、因の島運輸・本四バス開発便は不可。
  • 因島島内線(長崎桟橋・土生港前発をA便、土生港前・長崎桟橋行をB便と称する)
    • 長崎桟橋 - 土生港前 - 宇和部 - 江の内車庫 - 千守 - 小用 - 長崎桟橋 - 土生港前 - 宇和部 - 因島総合支所前 - 金山 - 要橋 - 久保田橋 - 因島大橋
    • 長崎桟橋 - 土生港前 - 宇和部 - 江の内車庫 - 千守 - 小用 - 長崎桟橋 - 土生港前 - 宇和部 - 因島総合支所前 - 金山 - 要橋 - 鬼岩 - フラワーセンター入口 - 三和ドック
    • 久保田橋 - 要橋 - 鬼岩 - フラワーセンター入口 - 三和ドック
  • 因島南小学校スクール系統
    • 因島南小学校(江の内車庫) - 千守 - 小用 - 長崎桟橋
    • 善徳寺 - 千守 - 小用 - 長崎桟橋 - 土生港前 - 宇和部 - 因島南小学校(江の内車庫)
    • 因島南小学校(江の内車庫) - 因島総合支所前 - 金山 - 要橋

廃止になった路線[編集]

車両[編集]

主力車種

脚注[編集]

  1. ^ 運転免許返納でバス運賃半額にAdahi.com MY TOWN広島(2009年10月28日)

外部リンク[編集]