ラウンドガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
UFCのラウンドガール、アリアニー・セレステ

ラウンドガール (round Girl) とは、ボクシングキックボクシング総合格闘技などの格闘技興行において、ラウンド間に会場に向けて次のラウンド数を表示する役割を担う女性を意味する和製英語[1]英語におけるリングガール (ring girl) に該当する。

概要[編集]

ラウンドガールの誕生は1965年にラスベガスで開催されたボクシング興行とされている[2]

日本では1978年に日本武道館で開催されたキックボクシング興行で初披露された[3]

ラウンドの合間にリングに上がり、次のラウンド番号が記載されたボードを掲げながら、リング内(オクタゴン場合は外周)を回る。ボードにはスポンサー企業の名前が入っていることが多く、「歩く広告塔」としての役割も担っている[3]

また、イベントによっては勝利した選手へ勝利者賞などの贈呈も行う。アメリカやメキシコでは調印式や公開計量などにも姿を見せる。

ラウンドガールには、レースクイーングラビアアイドルモデルを職業とする女性が選ばれることが多い[4]。これらは興行を主催するプロモーターが用意しており、事前にオーディションを行う場合もある。

通常ラウンドガールはウォーキングのみでリングを回るが、Krushガールズは場内に流れる曲に合わせてダンスをしながらボードを掲げている[5]

ラウンドガールとしての活動終了後、格闘家に転向した者も存在する(正木純子など)。一方、高野人母美の場合、プロボクサーデビュー後も並行してラウンドガール活動も継続している。また、柴田直子ら試合のない現役選手が役割を担うこともある。

服装[編集]

ラウンドガールが登場した当初はスラックスなどの正装が多かったが、近年はビキニなどの水着ボディコン、セパレートなど観客を引き付けるための衣装を着用している。また、ハイヒールを履く場合が多い。

不要論[編集]

元UFCライト級世界王者で現在はイーグルFCを運営するハビブ・ヌルマゴメドフは、ラウンドガールについて「格闘技にとって最も無駄な存在だ。彼女達の存在意義は?私がそれに疑問を持っている。次のラウンドを知りたければ、画面を見ればいい」と不要論を提唱しており、イーグルFCではラウンドガールは採用していない[6]

これに対し、UFCオクタゴンガールのひとりであるアリアニー・セレステは「この15年間、私たちは単なるリングガールだけではなく、UFCのプロモーションに尽力してきました。世界中を巡ったり、自身の活動なども通して、熱狂的なファンへ愛を送り続けてきました」と反論[7]

一方、元PRIDEヘビー級王者のエメリヤーエンコ・ヒョードルは、「彼女たちはラウンドごとに次のラウンドの数を教えてくれる人達。意見があるとしたら、もう少し肌の露出を抑えた方がいい」と持論を展開した[8]

また、KNOCK OUTガールの来栖うさこは「絶対に必要な存在かと言われたら、そうではないかもしれないです」とした上で「それでも、ラウンドガールがいる意味はあると思います。いないよりはいたほうがいい」「ラウンドガールが、格闘技への入口になることもあると思うんですよ」と述べている[9]

ラウンドボーイ[編集]

男性がラウンドガールと同様の役割を果たすラウンドボーイも存在する。これも和製英語であり、英語におけるリングボーイ (ring boy) に該当する。

黎明期のプロボクシングではもっぱらラウンドボーイが用いられ、後にスマックガールなどの女子格闘技でも採用されたが、近年はムエタイラウェイなど女人禁制のためにラウンドガールがリングに登壇できない興行を除き、目にすることはない。

変わった例として、2010年3月27日WBC世界フライ級タイトルマッチ亀田興毅ポンサクレック・ウォンジョンカム戦でラウンドガールを務めた佐藤かよが挙げられる[10]。佐藤は性別的には男性だが、この試合ではラウンドガールとして仕事を行った。

また、2013年2月27日のWBA世界フライ級タイトルマッチ、ファン・カルロス・レベコ黒田雅之戦でJリーグ・川崎フロンターレのマスコット「ふろん太」が「ラウンドボーイ」としてリングに上がっている。

2021年1月31日に開かれた女子キックボクシングイベント「ミネルヴァOSAKA」にて関西の若手キックボクサーがラウンドボーイを務めた[11]。服装は大会スポンサーのロゴ マークが入ったTシャツにジーンズという出で立ちだった。

脚注[編集]

  1. ^ “村田諒太「伝説の再試合」の間近で見た美女2人が語る裏側”. NEWSポストセブン (小学館). (2018年9月29日). https://www.news-postseven.com/archives/20180929_768040.html?DETAIL 2022年6月19日閲覧。 
  2. ^ Steven Kelliher (2015年11月16日). “What Are the Girls Who Walk Around the Boxing Rings Between Rounds?” (英語). livestrong.com. 2017年8月9日閲覧。
  3. ^ a b “格闘技「ラウンドガール」は芸能界の登竜門、その仕事内容は”. NEWSポストセブン. (2018年9月24日). https://www.news-postseven.com/archives/20180924_766711.html?DETAIL 2022年1月1日閲覧。 
  4. ^ 一例として、2011年5月7日WBA世界バンタム級タイトルマッチでラウンドガールを務めた熊田曜子
  5. ^ 新生Krushガールズ誕生!!「Krush.52」3.14(土)後楽園ホール大会でデビュー!”. 株式会社グッドルーザー. 2017年7月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年7月4日閲覧。
  6. ^ “元UFC王者ヌルマゴメドフがまさかのラウンドガール不要論! UFCでは大人気ラウンドガールも活躍”. eFight. (2021年8月26日). https://efight.jp/news-20210826_603563 2021年8月29日閲覧。 
  7. ^ “【UFC】世界的人気ラウンドガール、ヌルマゴの“ラウンドガール不要論”に反論「愛を送り続けてきた」”. eFight. (2021年9月8日). https://efight.jp/news-20210908_627717 2021年12月14日閲覧。 
  8. ^ ““ラウンドガール是非”論争、皇帝ヒョードルがまさかの参戦!?「もう少し肌の露出を抑えた方が」”. eFight. (2021年9月21日). https://efight.jp/news-20210921_641012 2021年12月14日閲覧。 
  9. ^ “「“ラウンドガール不要論”をどう思う?」人気ラウンドガール・来栖うさこに“グラドル界と格闘技”の関係を聞いてみた〈特別グラビア〉”. Sports Graphic Number. (2021年11月10日). https://number.bunshun.jp/articles/-/850564?page=2 2022年2月23日閲覧。 
  10. ^ [1]
  11. ^ “【キック】何と女子大会で、K-1甲子園王者らが「ラウンドボーイ」に挑戦=1.31大阪”. イーファイト. (2021年1月20日). https://efight.jp/news-20210120_506428 2021年7月4日閲覧。 

関連項目[編集]