宮田博行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮田 博行
Hiroyuki Miyata, Nov. 2009.jpg
2009年11月、内藤大助亀田興毅戦のリングにて
基本情報
本名 宮田 博行
階級 ライトフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1966-08-31) 1966年8月31日(54歳)
出身地 東京都墨田区
スタイル 右ボクサー
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 12
KO勝ち 5
敗け 1
引き分け 2
テンプレートを表示

宮田 博行(みやた ひろゆき、1966年8月31日 - )は、日本の元プロボクサーで、現在は宮田ジム・スポーツクラブ会長。東京都墨田区出身。東京都立江戸川高等学校卒業。

来歴[編集]

墨東ジム(現在は閉鎖)に所属し、1984年5月17日の小林仁戦でプロデビュー。3回KO勝利で飾る。

天才現役高校生ボクサー」と呼ばれライトフライ級全日本新人王決定戦を制した。

将来を嘱望されたが、網膜剥離のため1987年に20歳で引退を余儀なくされる。最終戦績は15戦12勝(5KO)1敗2分。

引退後は宮田ジム・スポーツクラブを設立。300人もの練習生を抱える大きなジムとなり、全日本新人王も輩出。さらに内藤大助を世界王座へと導いた。

現役当時所属していた墨東ジムにはまともなリングさえも無く(狭いため正方形でなく、手作り)、まるで「あしたのジョー」に出てくる丹下ジムのような建物であった。暗い雰囲気の練習生の中で宮田だけは明るく、一礼しながら「押忍!」と大きな声で挨拶をし、周りを明るくする存在であった。

関連項目[編集]

DVD[編集]

外部リンク[編集]