亀田三兄弟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

亀田三兄弟(かめださんきょうだい)は、実父である亀田史郎がトレーナーを務めていた兄弟であり、亀田興毅亀田大毅亀田和毅の3人を指す。単に亀田兄弟と呼ばれることも多い。大阪府大阪市西成区天下茶屋出身。

本項では法人の亀田プロモーションおよび亀田ジムについても記述する。

概要[編集]

父・史郎が、「3人を(ボクシングの)世界チャンピオンに育てる」と公言。興毅がまだアマチュアだった2000年頃からTBSが密着取材をし、独特のトレーニング方法等を取り上げた特集番組が放映される。2005年5月、興毅が協栄ボクシングジムに移籍し、4人が上京をした辺りから他のメディアでも多く取り扱われるようになる。

「亀田三兄弟」として取り上げられることが多いが、実際には和毅の下に姫月という妹が1人おり、2010年に芸能界入りをしている。また、史郎自身も三兄弟の三男であるほか、興毅も息子である男児が3人おり、史郎、興毅、興毅の息子の3世代に渡って「亀田三兄弟」が続いている。

人物[編集]

長男 - 亀田興毅(かめだ こうき、1986年11月17日 - )
キャッチコピーは「浪速乃闘拳(なにわのとうけん)」。対戦相手を過激に挑発するパフォーマンスや言動がしばしばメディアで取り上げられ、賛否両論がある。左利きである。
アマチュア時代の2003年、第55回全日本社会人ボクシング選手権大会優勝。
2005年8月21日、OPBF東洋太平洋フライ級王座を獲得。日本人ボクサーのOPBF王座としては史上2位の年少記録。
2006年8月2日、WBA世界ライトフライ級王座を獲得。
2009年11月29日、WBC世界フライ級王者内藤大助を判定で下し、日本人ボクサー史上7人目の2階級制覇を達成した。
2010年12月26日、元WBA世界スーパーフライ級王者アレクサンデル・ムニョスと対戦。結果は判定で下し、WBA世界バンタム級王座を獲得。日本人ボクサーとしては初の3階級制覇を達成した。
次男 - 亀田大毅(かめだ だいき、1989年1月6日 - )
キャッチコピーは「浪速乃弁慶(なにわのべんけい)」。試合の勝利後にリングで歌う等のパフォーマンスをすることが多い。兄と同じく、対戦相手に対して激しい挑発などのパフォーマンスをよく行う。内藤大助戦において数度の反則行為を行い、2007年10月から1年間のライセンス停止の処分が下された。翌年11月復帰を果たした。
2010年2月7日、WBA世界フライ級王者デンカオセーン・カオウィチットを判定で下し、王座を獲得。日本人ボクサー史上初の兄弟世界王者となった。
2013年9月3日、IBF世界スーパーフライ級王座を獲得し、日本人ボクサー史上11人目の2階級制覇達成と、3兄弟による同時世界王者・4団体制覇を達成した。これにより、史上初の3兄弟世界王者タイトル保持のギネス世界記録に認定された。
三男 - 亀田和毅(かめだ ともき、1991年7月12日 - )
キャッチコピーは「亀田家最終兵器、エル・メヒカニート」興毅・大毅曰く「兄弟の中で一番センスあるのは和毅」。2008年北京オリンピックを目指していたがアマチュア機構側との衝突により断念[1]中学校時代からほぼボクシングに専念。卒業後は「武者修行」と称してメキシコにて活動。2008年メキシコでプロデビューを果たした。
メキシコではFECARBOXバンタム級王座を皮切りに2012年までWBC世界バンタム級ユース王座やWBC世界バンタム級シルバー王座を含む六つのタイトルを獲得している。
2013年8月1日、WBO世界バンタム級王者パウルス・アムブンダ(ナミビア)と対戦し、3-0の判定勝ちで王座を獲得し、史上初の3兄弟世界王者となり、ギネス世界記録に認定された[2]

亀田プロモーション[編集]

株式会社亀田プロモーション(かめだプロモーション)は、2006年に設立された亀田三兄弟の個人事務所。現在の代表取締役社長は亀田興毅(2010年11月1日[3] - )。スポンサー契約、テレビ出演などのマネージメント等、主にリング外での亀田三兄弟の活動についてサポートする。姫月が所属する芸能プロダクションのパワーピットと業務提携している。

亀田ジム[編集]

亀田ジム(かめだジム)は、2008年に設立された亀田兄弟の所属ボクシングジム。初代会長は五十嵐紀行。ジムは、東京都葛飾区にある亀田兄弟の自宅に隣接する(既存の道場を使用)。2008年5月9日付で協栄ボクシングジムとの契約を解除した亀田兄弟の新所属先として、2008年8月11日、東日本ボクシング協会に加盟。五十嵐会長は、亀田プロモーションのチーフマネージャー(ボクシング未経験者だが特例で承認された)。またトレーナーとなる元ワタナベボクシングジムの吉井慎次が管理責任者に就任をした。

2010年3月27日に行われた長男興毅初防衛戦であるポンサクレック・ウォンジョンカムに敗れたあと父史郎がJBC関係者に暴言を吐いた事件で亀田ジムは無期限活動停止処分となった。ジムへの処分は解除されたが、五十嵐もオーナーライセンス無期限停止となったため、吉井が後任の会長に就任した[4]。この間、三兄弟は一時的に別々のジムで活動していた[5]

2011年8月31日に行われた、興毅と清水智信との間で行われた防衛戦を含めたダブル世界戦で、暴力団関係者が観戦していたことが判明し、同ジムは日本ボクシングコミッションから厳重注意処分を受けた[6]

2012年11月、メキシコ出身の元WBC女子世界王者アナベル・オルティスと契約を結び、三兄弟以外で初の所属選手となった[7]

2014年1月、世田谷区三軒茶屋に移転し、併せて一般会員も受け付ける[8]

2014年2月、IBF世界スーパーフライ級王者の亀田大毅が、2013年12月3日のWBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦で敗れながらIBF王座を保持している負けても王座保持問題で、JBCが「職責を果たしていない」として亀田ジムの吉井慎次会長と嶋聡マネジャーのライセンス更新を認めない方針を明らかにした。これにより亀田ジムは活動停止となり、JBCによってジムが機能を失うと日本国内ではプロボクサーとして試合できないため、興毅、大毅、和毅の三兄弟が国内で試合をするには、新たに会長、マネジャーを置くか他ジムへ移籍するなどの措置が必要になった[9][10]。亀田三兄弟が今後国内で活動するために新会長やジム移籍を申請しても、JBCは書類のみでは許可せず、ジムの運営実態について厳格に審査して可否を判断する方針を示している。

2014年3月1日、東京都世田谷区若林に亀田三兄弟の新たな練習拠点としてK3 BOX&FIT GYM(ケースリー・ボックス・アンド・フィット・ジム)がオープンした[11][12]

2014年4月21日、東日本ボクシング協会は理事会を開き、吉井慎次会長がクラブオーナーライセンスを持つジムの会長としては名義貸しの状態で、ジム運営に携わっていない点や、ジム所属選手の海外での試合を報告せず安全管理を怠った点などの理由で吉井慎次会長を全会一致で除名処分とした[13][14]

亀田三兄弟が国内で試合をすることも可能にする為の一時的な措置として亀田三兄弟を「協会預かり」にすることに関して、東日本ボクシング協会の大橋秀行会長は「無い」と断言した[15]

2014年4月25日、負けても王座保持問題に絡み、吉井慎次会長と嶋聡マネジャーのライセンス更新を認めずに事実上の資格剥奪処分とした件の処分取り消しを亀田ジム側が求めた件について資格審査委員会並びに倫理委員会を開き、亀田ジム側が提出した証拠に再審議が必要と判断するものが無かった為、亀田ジム側の再審議請求を退けた[16]

2014年6月16日、東日本ボクシング協会が理事会を開き、亀田ジムが申請していた大竹重幸の新会長擁立について審議し、「頭をすげ替えただけでは認められない」として亀田ジムの申請を全会一致で却下した[17][18][19][20][21][22]

事件[編集]

脱税・申告漏れ[編集]

2009年10月、興毅・大毅が揃って東京国税局の税務調査を受け、2007年までの3年間の個人所得について、1億円の申告漏れが発覚した。過少申告加算税なども含めた追徴税額は数千万円にのぼる。

これと同時に史郎が代表取締役を務める亀田プロモーションも税務調査を受け、2年間に約1000万円の申告漏れを指摘された[23][24][25]

JBC職員による虚偽の告発[編集]

2013年9月3日に大毅とロドリゴ・ゲレロの間で行われたIBF世界スーパーフライ級王座決定戦に於いて、使用するグローブをめぐるトラブルからJBC職員を暴行したとして、この職員が興毅・和毅・亀田ジム関係者2人の計4人を相手取り1000万円の損害賠償を求める訴訟を2014年2月6日に東京地裁に起こした。[26][27][28][29][30][31]。 これに対して、亀田兄弟はJBC職員を「虚偽の公表をした」として計約3200万円の損害賠償を求めて反訴し、東京地裁は亀田選手側がビデオ撮影した映像などを根拠に「男性職員へのどう喝や暴行があったとは認められない」として、2015年9月30日にJBC職員に320万円の支払いを命じる判決を言い渡した [32]

事実上の国外追放処分[編集]

2014年2月7日にJBCが記者会見を開き、負けても王座保持問題に絡み吉井慎次会長と嶋聡マネジャーのライセンス更新を認めないと発表、吉井慎次会長が持っていたクラブオーナーライセンスと嶋聡マネジャーのマネジャーライセンスが事実上剥奪処分となり、会長とマネジャー不在となった亀田ジムは活動停止となり、興行を開催できないだけでなく、選手のライセンスはジムを通してしか申請出来ない為、亀田興毅、亀田大毅、亀田和毅の三兄弟が保持するボクサーライセンスも実質的に失効となり、事実上の追放処分となった[33][34][35][36][37]。三兄弟が国内で試合をするためには、新たに会長、マネージャーを置くか、他ジムへの移籍などの措置が必要になるが、新たに会長、マネージャーを置くにしても「首のすげ替えや傀儡は許さない」とJBCの浦谷信彰事務局長代行は釘を刺しており[38]、実質的な亀田ジムの運営者である亀田史郎の影響力の排除が求められ、国内移籍するにしてもJBCは書類のみでは許可せず、本人らを厳格に審査して可否を判断するとのことなので容易に移籍することも出来ない。

2014年4月9日にJBCは資格審査委員会並びに倫理委員会を開き、亀田ジムの処分再審議請求を却下する方針を固めた。亀田側から提出された証拠に、再審議が必要と判断する決定的なものはなかったとのこと[39]

2014年4月21日に東日本ボクシング協会は理事会を開き、2013年12月3日のWBA・IBF世界スーパーフライ級王座統一戦に敗れながらも亀田大毅がIBF王座を保持し混乱を招いた件で、吉井慎次会長がクラブオーナーライセンスを持つジムの会長としては名義貸しの状態で、ジム運営に携わっていない点や、ジム所属選手の海外での試合を報告せず安全管理を怠った点などの理由で吉井慎次会長を全会一致で除名処分とした[40]

2014年4月25日にJBCは資格審査委員会並びに倫理委員会を開き、上述の吉井慎次会長の持つクラブオーナーライセンスと嶋聡マネージャーのマネージャーライセンスの更新を認めず事実上の資格剥奪処分となった件に関し、処分取り消しを求めた亀田ジム側が提出した証拠に再審議が必要と判断するものが無かった為、亀田ジム側の再審議請求を退けた[41]

2014年6月16日に東日本ボクシング協会は理事会を開き、亀田ジムが申請した大竹重幸の会長擁立について審議し、「頭をすげ替えただけでは認められない」として、全会一致で亀田ジムの申請を却下した[42]。東日本ボクシング協会の金子健太郎理事(金子ジム)は「ジムの場所、名称がこれまでの亀田ジムと何ら変わらない。五十嵐さん、吉井さんに代わって大竹さんと、頭をすげかえただけではだめ」と説明、大橋秀行会長(大橋ジム)も「ジムの場所も名称も変えて、実体の伴う『大竹ジム』としての申請があれば検討しますが、現実的には時間がかかるでしょう」と突き放し、西日本ボクシング協会からも「断固反対」の決議が届いており、大竹を新会長に擁立しての再出発に頓挫した形になった。また、三兄弟の練習拠点であるK3 BOX&FIT GYMをもとに新規ジムを立ち上げることも、フィットネスジムからプロのボクシングジムとするためには移転・名称変更・加盟金の支払いが必要でありハードルが高いものとなっている[43]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ かねてより「北京オリンピックに出る」と宣言していたが、父である史郎がオリンピック参加資格年齢を数え間違えていたため、和毅が北京オリンピックに出られないことがわかった。史郎は和毅を出場させるために機構側に年齢引き下げを要求したが断られた。
  2. ^ 亀田3兄弟にギネス記録認定証 デイリースポーツ 2013年8月2日
  3. ^ “興毅が亀田プロ社長に 史郎氏からバトン” (日本語). デイリースポーツ. (2010年11月5日). http://sportsnavi.yahoo.co.jp/fight/headlines/20101105-00000043-dal-fight.html 2010年11月17日閲覧。 
  4. ^ 亀田ジム、吉井氏が新会長に 協会発表 ボクシングニュース「Box-on!」 2010年5月25日
  5. ^ 亀田一家離散!3兄弟別々のジムで練習 nikkansports.com 2010年4月15日
  6. ^ ボクシング:亀田ジムに注意!8.31W世界戦に暴力団関係者 毎日新聞 2011年10月2日
  7. ^ “亀田美女軍団で女子BOX殴り込みや”. デイリースポーツ. (2012年11月27日). http://www.daily.co.jp/ring/2012/11/27/0005557030.shtml 
  8. ^ “亀田ジム移転へ 広さ6倍!一般会員も”. デイリースポーツ. (2013年11月20日) 
  9. ^ “大毅統一戦で亀田ジム会長らの資格更新認めず”. 報知新聞. (2014年2月6日). http://hochi.yomiuri.co.jp/sports/box/news/20140206-OHT1T00063.htm 2014年2月7日閲覧。 
  10. ^ “亀田ジム会長らの資格更新認めず”. デイリースポーツ. (2014年2月6日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/02/06/0006689291.shtml 2014年2月7日閲覧。 
  11. ^ 亀田激白「この状況は辛い。毎日が不安」 THE PAGE(ザ・ページ) 2014年3月1日
  12. ^ 亀田新ジムがオープン “フィットネス”で再スタート スポニチアネックス 2014年3月2日
  13. ^ “亀田ジム会長を除名 ボクシング協会が厳罰”. 共同通信. (2014年4月21日). http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042101001781.html 2014年4月21日閲覧。 
  14. ^ “協会、亀田ジム吉井会長を除名処分”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年4月21日). http://boxingnews.jp/news/13222/ 2014年4月21日閲覧。 
  15. ^ “亀田ジム会長・吉井氏を除名 ボクシング協会が厳罰”. SANSPO.COM(サンスポ). (2014年4月21日). http://www.sanspo.com/sports/news/20140421/box14042117160004-n1.html 2014年4月21日閲覧。 
  16. ^ “亀田側の再審議請求退ける JBC、世界戦混乱問題で”. 共同通信. (2014年4月25日). http://www.47news.jp/CN/201404/CN2014042501002353.html 2014年4月25日閲覧。 
  17. ^ “亀田ジム 新会長の申請却下される”. デイリースポーツ. (2014年6月16日). http://www.daily.co.jp/newsflash/ring/2014/06/16/0007058660.shtml 2014年6月18日閲覧。 
  18. ^ “【BOX】亀田ジムの新会長申請認めず、JBC「新ジム設立か移籍が必要」”. スポーツ報知. (2014年6月16日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20140616-OHT1T50131.html 2014年6月18日閲覧。 
  19. ^ “東日本協会、亀田側の新会長申請認めず/BOX”. SANSPO.COM(サンスポ). (2014年6月16日). http://www.sanspo.com/sports/news/20140616/box14061621060001-n1.html 2014年6月18日閲覧。 
  20. ^ “亀田ジム新会長認めず=東日本協会「頭のすげ替え」-ボクシング”. 時事通信. (2014年6月16日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201406/2014061600807&g=spo 2014年6月18日閲覧。 
  21. ^ “亀田ジムの申請却下、河野vs亀田興は暗礁に”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年6月16日). http://boxingnews.jp/news/14975/ 2014年6月18日閲覧。 
  22. ^ “亀田家「再出発」申請却下にボウ然”. 東京スポーツ. (2014年6月17日). http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/othersports/279334/ 2014年6月18日閲覧。 
  23. ^ 亀田兄弟1億円の申告漏れ スポーツ報知 2009年10月31日
  24. ^ 亀田兄弟1億円申告漏れ nikkansports.com 2009年10月31日
  25. ^ 亀田兄弟が1億円申告漏れ デイリースポーツ 2009年10月30日
  26. ^ “JBC職員が亀田兄弟を提訴=昨年9月の世界戦前に暴行-ボクシング”. 時事通信. (2014年2月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014020700463&g=spo 2014年2月7日閲覧。 
  27. ^ “JBC職員 亀田兄弟を「記者会見場で監禁」と提訴”. スポニチアネックス. (2014年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/02/07/kiji/K20140207007537700.html 2014年2月7日閲覧。 
  28. ^ “亀田興毅、和毅両選手らを提訴 「暴行を受けた」JBC男性職員”. MSN産経ニュース. (2014年2月7日). http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140207/trl14020711300000-n1.htm 2014年2月7日閲覧。 
  29. ^ “JBC職員が亀田兄弟提訴 監禁された”. 日刊スポーツ. (2014年2月7日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140207-1254375.html 2014年2月7日閲覧。 
  30. ^ “JBC職員が亀田兄弟を提訴”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年2月7日). http://boxingnews.jp/news/10760/ 2014年2月7日閲覧。 
  31. ^ “JBC職員、亀田兄弟を提訴 使用グローブめぐり「暴行受けた」”. ZAKZAK. (2014年2月7日). http://www.zakzak.co.jp/sports/etc_sports/news/20140207/spo1402071529012-n1.htm 2014年2月7日閲覧。 
  32. ^ “亀田兄弟が暴行とウソ、JBC職員に賠償命じる”. 読売新聞. (2015年9月30日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20150930-OYT1T50134.html?from=yartcl_blist 2015年10月1日閲覧。 
  33. ^ “亀田ジム活動停止に 会長、マネジャーの資格剥奪”. スポニチアネックス. (2014年2月7日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/02/07/kiji/K20140207007538490.html 2014年2月7日閲覧。 
  34. ^ “亀田ジムの資格剥奪 JBCが処分発表”. MSN産経ニュース. (2014年2月7日). http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140207/mrt14020716410001-n1.htm 2014年2月7日閲覧。 
  35. ^ “JBCが亀田ジムの処分発表“ガバナンスが不健全””. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年2月7日). http://boxingnews.jp/news/10765/ 2014年2月7日閲覧。 
  36. ^ “亀田3兄弟、資格失効=実質的な追放処分-ボクシング”. 時事通信. (2014年2月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014020700915&g=spo 2014年2月7日閲覧。 
  37. ^ “JBC処分 亀田ジム消滅”. THE PAGE(ザ・ページ). (2014年2月7日). http://thepage.jp/detail/20140207-00000002-wordleafs 2014年2月7日閲覧。 
  38. ^ “狙いは父の排除=亀田一家、窮地に-JBC”. 時事通信. (2014年2月7日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201402/2014020701002&g=spo 2014年2月7日閲覧。 
  39. ^ “【BOX】JBC、亀田側の再審議請求却下へ”. スポーツ報知. (2014年4月9日). http://www.hochi.co.jp/sports/boxing/20140409-OHT1T50197.html 2014年4月9日閲覧。 
  40. ^ “亀田ジムの吉井会長を除名 亀田3兄弟厳しい立場に”. スポニチアネックス. (2014年4月22日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/04/22/kiji/K20140422008018870.html?feature=related 2014年4月25日閲覧。 
  41. ^ “亀田側の再審議請求退ける JBC 世界戦混乱問題で”. スポニチアネックス. (2014年4月25日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2014/04/25/kiji/K20140425008041150.html 2014年4月25日閲覧。 
  42. ^ “亀田ジム大竹新会長認めず 東日本協会”. 日刊スポーツ. (2014年6月16日). http://www.nikkansports.com/battle/news/f-bt-tp0-20140616-1318892.html 2014年6月18日閲覧。 
  43. ^ “亀田ジムの“再出発新生”を棄却”. 日刊スポーツ. (2014年6月17日). http://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20140617-1319075.html 2014年6月18日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]