デジタル田園都市国家構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デジタル田園都市国家構想(デジタルでんえんとしこっかこうそう)は、2021年岸田内閣の下で指導した構想。「デジタルによる地域活性化を進め、さらには、地方から国全体へ、ボトムアップの成長を実現」する[1]ことを目的とする。「デジタル田園都市国家構想関連施策の全体像」という資料によれば、①デジタル基盤の整備、②デジタル人材の育成・確保、③地方の課題を解決するためのデジタル実装、④誰一人取り残されないための取組という、軸が示されている。

概要[編集]

  • デジタル基盤の整備
  • デジタル人材の育成・確保
    • 公的分野のデジタル人材の育成・確保
    • オンライン講座等の実施
  • 地方の課題を解決するためのデジタル実装
    • ローカル5G実装
    • デジタル化による消防・防災の高度化
  • 誰一人取り残されないための取組
    • デジタル活用を促すための支援

会議等[編集]

  • デジタル田園都市国家構想実現会議

 内閣総理大臣を議長、デジタル田園都市国家構想担当大臣(岡田直樹)、デジタル大臣内閣官房長官を副議長とする。野田由美子竹中平蔵村井純平井伸治なども委員である。

  • 総務省デジタル田園都市実現構想推進本部

 総務大臣を本部長とする。

関連項目[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 岸田文雄内閣総理大臣所信表明演説

外部リンク[編集]