公益資本主義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

公益資本主義(Public Interest Capitalism)とは欧米型の株式資本主義でも、中国型の国家資本主義でもない第三の道を指す。原丈人が『21世紀の国富論』において提唱した概念で、原を最高顧問とする一般社団法人公益資本主義推進協議会が設立されている[1]

概要[編集]

公益資本主義とは、利益を求める欲望経済を利用しながらも、社会にとって有用な企業を全世界に生み出す流れを起こしていく経済システムを立ち上げようとする運動である[2]
具体的には

  1. 世界の成長エンジンとなる新しい産業を起こす仕組みを作る。.[2]
  2. リスクをとって新産業に取り組むところに潤沢な資金が回る仕組みを作る。.[2]
  3. 民間による途上国への支援。.[2]

などからなる。

公益資本主義推進協議会[編集]

一般社団法人として2014年1月27日に設立[3]、2月7日に発足記念式典が催され[4]、7月14日には下村博文(当時文部科学大臣)、田坂広志多摩大学教授・ソフィアバンク代表)などを招いて『これからの教育の「在り方」』と題する第1回シンポジウムを開催している。同社団は別途、「未来創造経営者フォーラム」を倫理研究所と共催し[5]成基塾代表佐々木喜一都築学園グループ総長都築仁子などを招いたシンポジウムを開くなど教育問題に力を入れている[6]

参考文献[編集]

  • 『21世紀の国富論』原丈人著 2007年 平凡社
  • 原丈人、デビッド・ジェームズ・ブルナー、イーサン・バーンステン、野宮あす美『公益資本主義の確立に向けて(上)株主至上主義・市場万能主義の限界』週刊ダイヤモンド 2009年10月10日号
  • 原丈人、デビッド・ジェームズ・ブルナー、イーサン・バーンステン、野宮あす美『公益資本主義の確立に向けて(下)公式・非公式の「制度」を再設計する』週刊ダイヤモンド 2009年10月17日号
  • デビッド・ジェームズ・ブルナー、野宮あす美、イーサン・バーンステン、デビッド・S・グレウォル、ブラドリー・R・スタッツ アドバイザー:原丈人2010『21世紀にふさわしい資本主義の再設計』 東京財団

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]