岸田光太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

岸田 光太郎(きしだ こうたろう、1872年明治5年)4月[1] - 没年不明)は、台湾基隆に居住した日本人で、材木商人。岸田材木店創業者[2]

政治家の岸田文雄宮澤洋一の曽祖叔父。岸田幾太郎は兄、岸田正記岸田正次郎は甥にあたる。

経歴[編集]

岸田忠次郎の三男として広島県賀茂郡西志知村(現東広島市)に生まれる[1]。岸田家は代々農業を営んでいた[1]。郷里の小学校に入って普通学を修め、父業を助けて郷里に暮らす[1]

日清戦争が終結し台湾が日本の領土に属すると、1897年(明治30年)3月に兄と共に台湾へ渡り、基隆市にて材木商を開業した[1]。同商店の開業当時は微々たる一商舗に過ぎなかったが、後に基隆屈指の材木商となった[1]

家族・親族[編集]

岸田家
  • 曽祖父・直五郎農業、新出屋初代当主)
  • 祖父・柳平(農業、新出屋二代目当主)
  • 父・忠次郎(農業、新出屋三代目当主)
  • 母・さみ
  • 妻・タス(広島、岡田彦太郎の長女)[3][4]
  • 息子・人見(妻はサーロー節子の姉、綾子)[5][6]
  • 孫・英治(原爆により4歳で死去)[6][7]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『大日本人物誌 一名・現代人名辞書』き45頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年9月30日閲覧。
  2. ^ 『台湾年鑑-第4部-』成文出版社、1985年。 
  3. ^ 岸田正記 (第8版) - 『人事興信録』データベース”. jahis.law.nagoya-u.ac.jp. 2021年9月30日閲覧。
  4. ^ a b c d 『人事興信録 第9版』キ52頁(国立国会図書館デジタルコレクション)。2021年10月2日閲覧。
  5. ^ 中国新聞デジタル. “岸田首相の親族、連なる政治家たち 祖父・父・宮沢喜一元首相…”. 中国新聞デジタル. 2021年10月5日閲覧。
  6. ^ a b 『生きて』 被爆者 サーロー節子さん(1932年~) <6> 喪失” (日本語). ヒロシマ平和メディアセンター. 2021年10月5日閲覧。
  7. ^ 被爆者・サーロー節子さん、遠戚の岸田首相に手紙” (日本語). Pars Today (2021年10月4日). 2021年10月5日閲覧。

参考文献[編集]

  • 成瀬麟、土屋周太郎編『大日本人物誌 一名・現代人名辞書』八紘社、1913年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第9版』人事興信所、1931年。