宮澤エマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みやざわエマ
宮澤エマ
別名義 ラフルアー宮澤エマ(旧芸名)
生年月日 1988年11月23日(27歳)
出生地 日本の旗 日本東京都[1]文京区[要出典]
身長 156cm[1]
血液型 O型[2]
職業 タレント
活動期間 2012年 -
著名な家族 小川平吉高祖父
宮澤裕曾祖父
宮澤喜一(母方の祖父)
クリストファー・ラフルアー(父)
事務所 プロダクション尾木

宮澤エマ(みやざわエマ、1988年11月23日[2] - )は、日本のタレント東京都[1]文京区[要出典]出身。 旧芸名、ラフルアー宮澤エマ(Emma Miyazawa La Fleur[3])。

略歴[編集]

母方の祖父は第78代内閣総理大臣宮澤喜一。母は宮澤喜一の長女で、父はアメリカ人で元駐日代理大使クリストファー・ラフルアー[1]

聖心インターナショナルスクールを卒業した後、アメリカ合衆国カリフォルニア州オクシデンタル大学で宗教学を専攻[1][3]。大学3年の時にはケンブリッジ大学へ留学している[1]

子供の頃から歌や芝居が大好きで、歌手に憧れてボイストレーニングなど10年以上勉強を続け、オクシデンタル大学卒業後の2012年春に芸能界入り[1][4]。初めてのテレビ出演は『ネプリーグ』だったが、そこでは同じ“総理の孫”の立場であるDAIGOとともに「孫タレ」枠で出演し、共演を果たした[1][4]。その後、『笑っていいとも!』『踊る!さんま御殿!!』など様々なバラエティ番組に多数出演[1]。総理の孫という立場での出演は嫌ではなかったが、これだけでは芸能界では生き残れないと思っていた頃[4]、弟が宮澤と同じ高校の同じグリー(合唱)クラブに所属しており[5]、歌う宮澤の映像を目にしたことがあった宮本亜門から[6]、「ミュージカルのオーディションを受けませんか?」と声をかけられる[4]。結局その作品『スウィーニー・トッド[3]の役には合っていないと不合格だったが、『メリリー・ウィー・ロール・アロング〜それでも僕らは前へ進む〜』のメアリー役に、「彼女のおおらかさ、純粋さ、実力はメアリー役にピッタリ」と出演が決まった[6]。その後は舞台作品への出演を重ねている。

2015年11月16日、自身のブログでこれからは今までの「ラフルアー宮澤エマ」から「宮澤エマ」に改名して活動していくことを報告した[7]

出演[編集]

テレビ番組[編集]

携帯配信[編集]

  • 稲川淳二の怖い話 本家本元7夜連続SP(2013年8月12日 - 8月18日、NOTTV
  • 冬も稲川!恐怖の現場 7夜連続SP(2014年2月1日 - 2月6日、NOTTV)

ラジオ[編集]

舞台[編集]

CM[編集]

  • 佐藤製薬「リングルアイビーシリーズ」(2015年11月 - )[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i “宮沢エマは首相の孫タレ/気になリスト”. nikkansports.com. (2012年11月2日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20121114-1046307.html 2015年11月5日閲覧。 
  2. ^ a b c d ラフルアー宮澤エマ プロフィール”. プロダクション尾木. 2015年11月5日閲覧。
  3. ^ a b c d e f 宮澤エマ (2015年11月30日). 気になる新星インタビューvol.16 宮澤エマ. インタビュアー:松島まり乃. All About.. http://allabout.co.jp/gm/gc/460605/all/ 2015年12月11日閲覧。 
  4. ^ a b c d ラフルアー宮澤エマ (2015年8月28日). 天才テリー伊藤対談「ラフルアー宮澤エマ」DAIGOさんに励まされました!. インタビュアー:テリー伊藤. アサ芸プラス.. http://www.asagei.com/excerpt/41865 2015年11月5日閲覧。 
  5. ^ a b ラフルアー宮澤エマ (2015年6月6日). “宮澤喜一の孫”ラフルアー宮澤エマがミュージカル女優に挑むワケ. インタビュアー:中村裕一. 日刊SPA!.. http://nikkan-spa.jp/866290 2015年11月6日閲覧。 
  6. ^ a b c “宮沢元首相の孫娘エマがミュージカル挑戦”. nikkansports.com. (2013年6月11日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20130611-1140836.html 2015年11月5日閲覧。 
  7. ^ 宮澤エマ (2015年11月16日). “あらためまして、はじめまして”. ラフルアー宮澤エマオフィシャルブログ. 2015年12月11日閲覧。
  8. ^ 飯塚友子 (2013年10月26日). “宮沢元首相の孫 ラフルアー宮沢エマ 「歌と芝居の日々」全力投球の初舞台”. 産経ニュース. http://www.sankei.com/entertainments/news/131026/ent1310260021-n1.html 2015年2月7日閲覧。 
  9. ^ chiaki (2014年6月). “2014/06/01 ミュージカル『シスター・アクト〜天使にラブソングを〜』開幕レポ”. おけぴ. 2015年2月7日閲覧。
  10. ^ 堂本光一主演で15周年に突入!『Endless SHOCK』開幕”. シアターガイド (2015年2月6日). 2015年2月7日閲覧。
  11. ^ “「後ろで何かが…」ラフルアー宮澤エマ「SHOCK」事故瞬間語る”. Sponichi Annex. (2015年4月12日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/04/12/kiji/K20150412010156190.html 2015年11月5日閲覧。 
  12. ^ おわりとはじまり”. 2015年12月7日閲覧。
  13. ^ “佐藤製薬「リングルアイビーシリーズ」 2015年度CMキャラクターに起用決定! 女優「ラフルアー宮澤エマ」がTVCMに出演!” (プレスリリース), 佐藤製薬, (2015年11月), http://www.sato-seiyaku.co.jp/newsrelease/2015/151102_2.html 2015年11月5日閲覧。 

外部リンク[編集]