小田勝 (医師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

小田 勝(おだ まさる、1897年明治30年)11月19日 - 没年不明)は、日本の医師。山口病院院長[1]。医学士。外祖父は第6代広島市長小田貫一[2]。妹の和子は岸田正記の妻[3]

経歴[編集]

小田得一の長男として広島県佐伯郡廿日市町で生まれる[1]。生家は医師として三代続く家であり、父・得一は、大阪医学校(現・大阪大学医学部)出身で内科、眼科を開業した。得一は、広島県の医学界において腕利きの一人として名声があり、長年に渡って県医師会理事に挙げられるほど逸材であった。

1925年大正14年)、慶應義塾大学医学部を卒業し、同大学産婦人科教室に入り、3年間研究に没頭する。1928年昭和3年)、山口病院初代院長・山口卓治の死亡により院長を承継し、山口病院院長に就任[1]

家族[編集]

  • 外祖父・貫一(第6代広島市長)
  • 父・得一(広島県医師会理事)
  • 妹・和子(岸田正記の妻)

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山口県史. 下巻 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2021年9月30日閲覧。
  2. ^ 人事興信録. 2版(明41.6刊) - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2021年9月30日閲覧。
  3. ^ 大衆人事録. 第12版 東京篇 - 国立国会図書館デジタルコレクション” (日本語). dl.ndl.go.jp. 2021年9月30日閲覧。