飯田浩司のOK! Cozy up!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
飯田浩司のOK! Cozy up!
ジャンル 帯番組 / 報道番組 / 朝の情報番組
放送方式 生放送
放送期間 2018年4月2日 -
放送時間 平日 6:00 - 8:00(120分)
放送回数 612回[注 1][1]
放送局 ニッポン放送
制作 ミックスゾーン[2]
ネットワーク NRN[注 2]
パーソナリティ 飯田浩司
出演 新行市佳
須田慎一郎
有本香
長谷川幸洋
高橋洋一
飯田泰之
鈴木哲夫
宮家邦彦
プロデューサー 遠藤竜也[3]
ディレクター 福田大介[注 3]
南條仁(木曜)
公式サイト 公式サイト
テンプレートを表示

飯田浩司のOK! Cozy up!』(いいだこうじのオッケー! コージー・アップ!)は、ニッポン放送で2018年4月2日から放送している朝の報道番組である。

番組概要[編集]

ニッポン放送は、2018年上半期の番組編成で、朝の帯番組で長年パーソナリティを務めて来た高嶋ひでたけが出演していた朝の情報番組である『高嶋ひでたけのあさラジ!』を終了させ、40代をメインターゲットとした報道番組をスタートさせる為[4]、平日夕方の報道番組『ザ・ボイス そこまで言うか!』のパーソナリティであった飯田を起用し、当該番組を朝の情報番組としてスタートさせた[5]

スマートフォン等のネットニュースだけでは満足出来ず、自分の意見を主張したい「リスナーズオピニオン(リスナーの意見)」も取り入れつつ、朝の通勤等で忙しい時間帯に適したニュース、エンタメ、健康情報、また、プロ野球シーズンは同局にて放送している『ニッポン放送ショウアップナイター』の連動企画として、ニッポン放送の帯番組のパーソナリティで構成される、「チーム・ショウアップ」に加わり、多角的に『ショウアップナイター』を盛り上げる企画で番組構成する[注 4][6]

番組タイトルの”Cozy up“の意味は飯田の下の名前である浩司と英語の慣用句で「親しくなる」、「仲良くなる」という意味をかけた物で[7]、「番組が、通勤時間に丁度いいと感じて貰う」意図を表した物である。 また、別の意味としてニッポン放送編成部がインテリジェントパーソナルアシスタントであるGoogleアシスタントの「起動ワード」である、「OK Google!」になぞかけし、「飯田に質問すれば何でも答えてくれる」と言う意味を込めてネーミングしている[8]

出演者は、アシスタントとして、飯田の前担当番組で代理パーソナリティ等を担当していた新行が務め、コメンテーターは『ザ・ボイス』と『あさラジ!』に出演していた、識者メンバーが略々移行し、日々の国政国際情勢国内・国際経済情勢社会情勢ディスカッションする。

また、番組放送中で、リスナーからのメールもしくはTwitterのツイートを紹介する。ハッシュタグは「#cozy1242」。番組の放送全体は関東ローカルであるが[注 2]、後述するネット配信やポッドキャスト配信及びRadikoプレミアムによる同時放送を行っているため、リスナーからのオピニオンは日本全国は元より、世界各地の在外日本人からも投稿される[7]。2020年6月15日から30日に掛けてWEBアンケート調査を実施し[9][10]、約3700サンプルからリスナーの多い居住地域は東京都神奈川県千葉県に続き大阪府埼玉県、国外と言う結果となっている[11]。また、日経トレンディ2020年11月号の特集企画「すごいラジオ大研究」の2751人に聞いた!好きなラジオ番組ランキングの19位にランクインしている[注 5]

その他に、番組にて扱った話題や取材内容をテキスト記事としてニッポン放送の総合サイトWebサイト「しゃベル[13]」にて配信しており[14]共同通信社加盟社等が使用している「nor.(ノアドット)」[15]でも同内容を配信している[16]。その他にも、前放送番組の記事同様に、同局の主要株主であるフジ・メディア・ホールディングスの筆頭企業であるフジテレビニュース系列ポータルサイト「FNN.jpプライムオンライン」にも掲載されている[17]

出演者[編集]

肩書無しはニッポン放送のアナウンサー

パーソナリティ[編集]

アシスタント[編集]

コメンテーター[編集]

レギュラー[編集]

2020年4月3日放送分から、全曜日隔週出演
☆:『ザ・ボイス そこまで言うか!』にレギュラー、準レギュラーにて出演していた識者、△:『辛坊治郎ズーム そこまで言うか!』にレギュラー、準レギュラーにて出演していた識者、★:『高嶋ひでたけのあさラジ!』にレギュラー、不定期コメンテーターにて出演していた識者、◎:飯田休暇時の代理パーソナリティを担当した識者

不定期出演[編集]

その他の出演者[編集]

肩書無しはニッポン放送のアナウンサー
新行夏季若しくは振替え休暇取得時の代理アシスタント

タイムテーブル[編集]

生放送につき、記載されている時間は目安。
また、当該番組は報道部仕切りの番組であるが、報道部記者が出演しない番組[注 28]となっている

タイムテーブル
時刻 内容 備考
6:00.00 オープニング 飯田、新行の順に挨拶
聴取率調査週間時に「モーニングライフアップ UP!」にて取材音源放送時と同じ様に、
2020年8月24日から演出として、OP BGMがフェードアウトするタイミングで
同局にて前日放送した番組内や『上柳昌彦 あさぼらけ』を含めた
ストレートニュース原稿[注 29]で読んだニュースを元に飯田が解説するようになった
6:05.00 ニュースデリバリー アシスタントがニュースリーダーを務める。6時台頭のみスポーツ [注 30]を伝える際、
ニッポン放送の中継音源を挟む
6:09.00 リスナーズオピニオン メッセージの呼び込みと紹介を行う。また、リスナーズオピニオンで集計が
可能となるデータがあれば、エビデンスとして数値化をして紹介するとしており、
Twitterのアンケート機能を活用して、リスナーからニュースに関する主観を
募っている[24][25]
6:12.00 ニッポン放送天気予報
6:13.00 ニッポン放送交通情報(警視庁
6:14.30 モーニング ライフ UP! 働く人の心と身体が軽くなる情報を紹介するコーナー
主に、取り上げるジャンルやスポットの業者や専門家と電話中継若しくは
事前収録にてインタビューする
また、火曜と木曜は生きる活力をアップするパーソナリティ2人の「趣味」を
テーマに取上げて構成していた[26]
2019年1月4日から、金曜は録音で森田豊が固定で健康情報の解説を行い[27]
同年4月1日からは『… 今日の早起きドクター』として、過去の平日朝の
帯番組同様、週替わりで東京都医師会所属のドクターが登場する健康情報固定に
逆戻りした
6:20.30 飯田浩司のココが気になる 2020年6月1日から「NEWS PICK-UP」から飯田が
注目するニュース解説が分離され、聴取率調査週間時の企画物の時間尺確保と
同じコーナー構成に変更された
6:25.00 リスナーズオピニオン
6:26.00 ラジオリビング 早朝ワイド番組枠のキャッチアップ扱い[注 31]
大晦日及び正月三が日は休止のため、ニッポン放送「イヤースペシャル」、
「新春特番」の番宣枠若しくはリスナーズオピニオンの補填扱いとなる
6:29.30 ニッポン放送ニュース ニュースデリバリーと同上
6:35.00 ココが気になる プラス 2020年9月1日放送分から開始したゾーン
前番組終了から2年半振りにニュース解説の尺が増加し、聴取率調査週間時は
この時間帯から、日替わりのコメンテーターが番組に参加し、「ココが気になる」
よりもより渋いニュースについての話題を紹介する
但し、「プラス」と称するため、「ココが気になる」の時間尺補填枠扱いとなる
事もあり、『ザ・ボイス』時代の「夕刊フジ そこまで言うか」と同様にコーナー
自体提供紹介のみでが扱いがスキップされるケースもある
6:39.00 ニッポン放送天気予報
6:40.30 ニッポン放送交通情報(警視庁)
6:43.00 ENEOSプレゼンツ あさナビ NRN系列の内包番組
6:49.00 エンタメ・トレンド UP! 放送日当日発売のスポーツ紙や雑誌からピックアップした芸能ネタ、
トレンド情報を紹介するコーナーで、アシスタントがトピック読み上げを行う[注 32]
2019年4月1日からはコーナー後半を「7時前のトレンド情報」として、
トレンド情報 [注 33]と「モーニング ライフ UP!」で伝えていた、新行の
パラスポーツ情報をこのコーナーに移行した
2020年4月の聴取率調査週間前後から、当該コーナーを実質的に同局の番宣扱いで
コーナーを構成する場合もある
6:55.00 リスナーズオピニオン [注 34]
7:00.00 ガチンコ ニュース UP! 時報明け、6時台同様飯田と新行の順に挨拶[注 35]
7:05.30 ニッポン放送ニュース ニュースデリバリーと同上
7:07.00 ニッポン放送交通情報(警視庁)
7:10.00 お早う! ニュースネットワーク
7:23.00 ニッポン放送天気予報
7:24.00 ニッポン放送交通情報(警視庁)
7:27.00 教えて!ニュースキーワード ニュースを深く理解するためのキーワードを解説するコーナー
7:37.00 SUZUKIハッピーモーニング 羽田美智子のいってらっしゃい NRN系列の内包番組、前番組からの継続
7:44.00 ココだけニュース スクープUP! 日替り出演している、識者とニュース解説するセクションで、
場合によって飯田が気になるニュースをSCOOP UP!!(掬い上げて)
リスナーズオピニオンを元に識者の意見を求める[注 36][注 37]
7:53.00 リスナーズオピニオン 正月三が日は、『サッポロビールPresents ニッポン放送 箱根駅伝速報[注 38]』を
編成のため休止[注 39]
7:55.00 ニッポン放送交通情報(警視庁)
7:58.00 エンディング スポンサープレゼント当選者発表とリスナーズオピニオンの補填枠
聴取率調査週間時には、次放送枠番組である『垣花正 あなたとハッピー!』の
出演者がスタジオ入りしてクロストークする場合がある[28][29]

終了コーナー[編集]

当該番組開始時から前番組から継続したコーナー
2020年6月1日からコーナータイトルがプチリニューアルし、放送日当日の日刊全国紙朝刊、新聞休刊日は駅売り即売版の
スポーツ紙の1面を紹介していた
しかし、2020年7月時点で前日21時に締切られる朝刊の情報と、後刻インターネットポータルサイト経由のニュースサイトWeb記事で
アップデートされる情報と差異が発生するため、同年8月21日放送分にてコーナー終了
2018年9月第4週から開始したコーナー
曜日毎にテーマ分け[注 40]した関東圏のイベント情報を紹介する
2020年2月25日の首相官邸新型コロナウイルス感染症対策本部の「新型コロナウイルス感染症対策の基本方針」による大型イベント自粛要請[30]に伴い[注 41][31]
翌日放送分からリスナーからの「"ふつおた"紹介」に変更していた。同年5月25日の緊急事態宣言解除以後、6月1日放送分から構成を戻した[注 42]
しかし、2020年8月31日放送分を持ってコーナー終了。また、このコーナーのみハガキでも募っていた

放送時間[編集]

JST表記

  • 平日 6:00 - 8:00 - 2018年4月2日 -

放送時間の変更[編集]

特別番組[編集]

  • 今日のお役立ちドクター 秋の健康チェック
『… 今日の早起きドクター』の時間拡大した、特別番組を秋分の日のニッポン放送ホリデースペシャルとして編成
2019年9月23日 15:00 - 16:00
  • 日本人の新常識!変わる医療と日本の未来
『… 今日の早起きドクター』と『すくすく育て子どもの未来健康プロジェクト』の2コーナーに出演する2つの職能団体トップと厚生労働大臣に今後の医療について話を伺う、特別番組を編成[37]
パーソナリティ:飯田、インタビュイー:横倉義武日本医師会 会長)、尾﨑治夫(東京都医師会 会長)、インタビュアー:新行、インタビュイー:加藤勝信衆議院議員、厚生労働大臣)
2020年3月15日 19:00 - 20:00
  • NTT東日本Presents アフターコロナの新しい働き方
リスナーやリスナーの勤務もしくは経営する企業が始めた「新しい働き方」を探って行く、スポーツの日のニッポン放送ホリデースペシャルとして編成[38][39]
また、番組先出しとして一部収録済の音源とPodcastにて先行配信を実施した
パーソナリティ:飯田、ゲスト:前田裕二SHOWROOM株式会社 代表取締役社長)
2020年7月24日 13:00 - 15:00

ネット配信[編集]

当該番組放送開始前、飯田が担当していた『ザ・ボイス』の2018年3月26日放送分にて、YoutubeとPodcast配信をレギュラー放送開始当初から実施と告知しており、その通り、番組放送開始から何故か同局公式YouTubeアカウントからとニッポン放送 PODCAST STATIONにて音源配信が開始。2019年6月24日に当該番組のYouTubeアカウントが登録され、同年10月31日放送分のアップデートから移行された。また、2019年4月17日から音楽ストリーミングサービスSpotifyでの音源配信を開始している[40]

その後、2020年7月18日に同年6月15日から30日迄募ったWebアンケートの結果を紹介するお試し版をアップデートし、同年8月22日アップデート分から『新行市佳の週末増刊号』として、新行が進行する放送週のコーナー音源プレイバックと翌週の日本国内の出来事予定やリスナーメッセージ等を紹介するWeb限定コンテンツの配信を開始した[41]

しかし、当該番組のYoutubeチャンネルにて、2020年9月5日配信分の『増刊号』アップデート以後、悪意のあるユーザーからの恣意的コミュニティガイドライン違反通報により、同年9月4日放送分以外の放送週音源と同局公式Youtubeチャンネルへの過去アップデートを分含めたコンテンツがYouTube側に削除されていたが、同局がYouTube側に異議申立てをした結果、同年9月22日に復活し、アップデートも再開された[42]

Web配信コンテンツについては、主にニュース解説を纏めたものを配信しており[43]、番組放送開始3回目の2018年4月4日放送分から、時間尺を拡大してBGMと6時の「ニュースデリバリー」、「ニッポン放送ニュース」、「モーニング ライフ UP!(通常版)[注 46]」、「エンタメ・トレンド UP!」で著作権管理上取材音源や記者取材報告を抜いた物を配信している[44]。また、2019年4月1日から番組とは別に『… 今日の早起きドクター』が独立して、ニッポン放送 PODCAST STATIONにて、音源の配信が行われている。

イベント[編集]

飯田の前担当番組や平日朝のワイド枠の前放送番組と同様、リスナー向けにイベントや公開放送が催された。

イベント内容[編集]

2018年
  • 6月5日(火)『飯田浩司のOK! Cozy up!』公開生放送 in 羽田空港(6:00 - 8:00)[45][46] - 長谷川幸洋/飯田浩司、新行市佳
2019年
  • 10月28日(月)『飯田浩司のOK! Cozy up!』公開生放送 in 羽田空港(6:00 - 8:00)[47] - 須田慎一郎/飯田浩司、新行市佳
2020年
  • 2月24日(月)『飯田浩司のOK! Cozy up!』Podcast公開収録 in 麗澤(13:30 - 15:00) - 西岡力八木秀次、須田慎一郎/飯田浩司

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2020年8月11日時点
  2. ^ a b ニュース部分や内包番組はNRN系列にてネットされる
  3. ^ チーフディレクター
  4. ^ そのため、出演者が参加する7時以降でも飯田と同じ阪神タイガースファンの須田や読売ジャイアンツファンの有本と前日の結果についてトークする
  5. ^ 但し、集計方法が1サンプルが好みの3番組を列挙し、順位によって「3点、2点、1点」でポイント計算される形式のため、当該番組は1位回答数では8位で上位で算出される[12]
  6. ^ 2018年8月27日、2019年2月18日、7月8日、2020年2月3日、10月5日
  7. ^ 2019年2月19日、7月9日、2020年2月4日
  8. ^ 2018年8月28日、2020年10月6日
  9. ^ 2018年8月29日、7月10日
  10. ^ 2020年2月5日、10月7日
  11. ^ 当初は不定期出演であったが、現在はほぼ隔週で出演しており、番組ホームページ上もレギュラーコメンテーターとして扱われている。
  12. ^ 2019年2月21日、7月11日、2020年2月6日
  13. ^ 2018年8月30日、2019年2月20日、2020年10月8日
  14. ^ 2019年2月28日から木曜隔週にてテスト出演を開始し、同年4月から正式に木曜隔週に異動
  15. ^ 2018年8月31日、2019年2月22日、7月12日、2020年2月7日、10月9日
  16. ^ アメリカ地球物理学連合の秋季学会に参加のため、「モーニング ライフ UP!」ゾーンにてアメリカサンフランシスコ市から電話出演
  17. ^ 緊急事態宣言期間中のため、参議院議員会館の自室から中継回線を用いて出演
  18. ^ この日は飯田、辛坊がニッポン放送関西支社(ブリーゼタワー)の会議室から中継で出演した
  19. ^ 飯田が須田と一緒に2019年大阪ダブル選挙(2019年大阪府知事選挙2019年大阪市長選挙)取材時に、『ウェークアップ!ぷらす』終了後、読売テレビが所在する大阪市中央区城見周辺で事前収録
  20. ^ 『ザ・ボイス』出演時から当該番組のレギュラー出演依頼をしていたが「朝が弱い」事を理由に断り、自身の事務所所属である飯田泰之を代わりに出演させていたが、新作著作の宣伝を兼ねて出演した
  21. ^ オピニオンゾーンにて電話出演
  22. ^ 「ココだけニュース スクープUP!」のみセントーサ島国際メディアセンターでの収録出演
  23. ^ オールナイトニッポン』収録前の事前インタビュー
  24. ^ a b c 電話による中継出演
  25. ^ a b c d 議員会館にて事前収録
  26. ^ 放送尺確保のため、「飯田浩司のココが気になる」と「教えてニュースキーワード」ゾーンに分けて音源を放送
  27. ^ 飯田振替え休日消化時のインタビューゲスト
  28. ^ 個別取材報告の場合除く
  29. ^ 所謂、加盟してる共同通信社配信原稿
  30. ^ 主にプロ野球、大相撲結果やスポーツ国際大会
  31. ^ リピート枠
  32. ^ 飯田自身も芸能ネタは疎いと明言している
  33. ^ ワールドビジネスサテライト』(テレビ東京)の「トレンドたまご」的内容
  34. ^ 2018年5月第3週から、曜日別の識者はこのゾーンから番組に参加する
  35. ^ 番組開始から2018年5月第2週迄は、曜日別の識者はこのゾーンから番組に参加し、飯田がチョイスしたニュースに対してトークを行う
  36. ^ ストレートニュースで、特に前日がプロ野球開催日は、7時台でスポーツニュースを扱う。また、『ショウアップナイター』含めたNRN系列の実況音源を放送するがネット再配信ではカットされる
  37. ^ このセクションでも場合によって、「お早う! ニュースネットワーク」と同様に、別の専門家に電話中継を挟む場合がある
  38. ^ リポートはニッポン放送スポーツ部アナウンサーが担当し、6時台の「モーニングライフ UP!」でも扱う
  39. ^ 4月第4週迄はリスナーズオピニオンを紹介しつつ、識者の出演はこのセクション迄だったので、EDトークと締めの挨拶をしていた
  40. ^ 月曜:今週のイベント情報、火曜:小旅行、水曜:映画情報、木曜:季節を感じるイベント、金曜:週末のイベント情報
  41. ^ 2020年2月24日の第3回新型コロナウイルス感染症対策専門家会議の感染拡大に伴う答申
  42. ^ 但し、大型イベントの開催緩和はされて居ないため、スポット紹介に留まる
  43. ^ 飯田、新行共に別の時間帯で特番の進行を担当した
  44. ^ 24日パートにて、飯田、新行共に募金中継を担当
  45. ^ 同番組にて新行がパーソナリティを担当
  46. ^ 聴取率調査週間に扱うニュース取材や特集等の一部を除く

出典[編集]

  1. ^ 「飯田浩司のOK!Cozy up!」8月11日(火) - YouTube
  2. ^ 制作実績 ラジオ番組制作”. ミックスゾーン (2018年4月1日). 2018年4月1日閲覧。
  3. ^ arガール的大人の社会科見学 Vol.82 声のプロフェッショナル! ラジオアナウンサーに密着♪ ar 2019 MARCH 167頁
  4. ^ “「高嶋ひでたけのあさラジ!」3月30日で終了へ”. 日刊スポーツ. (2018年2月19日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201802190000534.html 2018年2月19日閲覧。 
  5. ^ “朝の新番組「飯田浩司のOK! Cozy up!」4月2日スタート” (プレスリリース), ニッポン放送, (2018年3月5日), http://www.1242.com/lf/articles/93665/?cat=politics_economy&pg=飯田浩司のok-cozy-up 2018年3月5日閲覧。 
  6. ^ ニッポン放送レギュラー出演者を中心に結成! 「ショウアップナイター」公式応援団『チーム・ショウアップ』”. BASEBALL KINGニッポン放送) (2018年3月14日). 2018年3月14日閲覧。
  7. ^ a b “チェックラジオ 「飯田浩司のOK! Cozy up!」 新しい「朝の顔になって1年」”. 讀賣新聞東京本社版朝刊. 讀賣新聞. (2019年2月11日). オリジナルの2019年3月10日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20190310034957/https://www.yomiuri.co.jp/culture/20190210-OYT8T50062/ 2019年3月10日閲覧。 
  8. ^ 2018/4/5(木)飯田浩司のOK!Cozy up! コメンテーター:鈴木哲夫さん - YouTube
  9. ^ cozy1242のツイート(1272324128691777536)
  10. ^ 飯田浩司のOK!Cozy up!webアンケート”. ニッポン放送. 2020年6月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年6月15日閲覧。
  11. ^ 2020年7月18日(土)増刊号お試し版”. ニッポン放送(Omny Studio) (2020年7月18日). 2020年7月18日閲覧。
  12. ^ 特集企画「すごいラジオ大研究」 2000人以上に聞いて分かった!好きなラジオ番組ランキング 今、聴くべきラジオ43 日経トレンディ 2020年11月号 20頁
  13. ^ “ニッポン放送の新しい総合サイト「気になるしゃべりを掘りおこす『しゃベル』」が、3月28日(月)スタート!” (プレスリリース), ORICON NEWS, (2016年3月29日), https://www.oricon.co.jp/pressrelease/10932/ 2018年4月1日閲覧。 
  14. ^ 飯田浩司のOK! Cozy up!の記事一覧”. ニッポン放送 (2018年4月19日). 2018年4月17日閲覧。
  15. ^ “共同通信47NEWSに起きた異変 ヤフーと合弁で「トップページなし」不思議なニュースサイトへ”. J-CAST. (2015年12月22日). https://www.j-cast.com/2015/12/22254002.html?p=all 2018年4月17日閲覧。 
  16. ^ #飯田浩司”. Nordot Inc. (2018年4月19日). 2018年4月17日閲覧。
  17. ^ 水害がなくなるかも!? “変わる街”渋谷を守る巨大『貯留槽』”. FNN.jpプライムオンライン (2018年4月29日). 2018年5月3日閲覧。
  18. ^ cozy1242のツイート(986368332503834624)
  19. ^ “麻也 初ラジオ進行でノリノリ!日本代表のW杯での裏話を披露”. スポーツニッポン. (2018年8月3日). https://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2018/08/03/kiji/20180802s00002014284000c.html 2018年8月10日閲覧。 
  20. ^ サッカー日本代表・吉田麻也、初ラジオパーソナリティで“きわどい質問”にも堂々回答!”. allnightnippon.com(ニッポン放送) (2018年8月10日). 2018年8月10日閲覧。
  21. ^ 1050949919677149185 (@ozawa_jimusho) - Twitter
  22. ^ a b “1都3県の知事がラジオでコロナ対策語る 飯田浩司アナがリスナーからの質問ぶつける”. ORICON NEWS. (2020年4月19日). https://www.oricon.co.jp/news/2160338/full/ 2020年4月19日閲覧。 
  23. ^ “小池百合子知事、都のコロナ対策を語る 来年開催予定の東京オリパラ「みんなの理解をベースに…」”. ORICON NEWS. (2020年7月29日). https://www.oricon.co.jp/news/2168129/full/ 2020年7月29日閲覧。 
  24. ^ cozy1242のツイート(983907848345104385)
  25. ^ cozy1242のツイート(989804865923694592)
  26. ^ ラジオライフ三才ブックス)2018年6月号 p.10 - 13「飯田浩司 DJ interview Vol161」
  27. ^ Doctor_Moritaのツイート(1074843851766980608)
  28. ^ cozy1242のツイート(985654406094794752)
  29. ^ happy_1242のツイート(986380493359689728)
  30. ^ 新型コロナウイルス感染症対策の基本方針 (PDF)”. 厚生労働省 (2020年2月25日). 2020年2月26日閲覧。
  31. ^ 新型コロナウイルス感染症専門家会議(第3回) (PDF)”. 首相官邸 (2020年2月24日). 2020年2月25日閲覧。
  32. ^ showup1242のツイート(980363970791043072)
  33. ^ “約17時間の生放送!『ニッポン放送開局65周年記念特別番組~あなたとRock&Go!~』(仮) 7月15日(月・祝)5:00~21:50オンエア!” (プレスリリース), ニッポン放送, (2019年5月15日), http://www.1242.com/lf/articles/176861/?cat=entertainment&pg=sp 2019年5月15日閲覧。 
  34. ^ “キスマイ、『ミュージックソン』パーソナリティに - 2年連続は中居以来”. マイナビ. (2019年10月31日). https://news.mynavi.jp/article/20191031-916703/ 2019年11月1日閲覧。 
  35. ^ showup1242のツイート(1212092758208368640)
  36. ^ showup1242のツイート(1212168159014211584)
  37. ^ cozy1242のツイート(1238702534782406657)
  38. ^ “SHOWROOM前田裕二社長、コロナ禍の働き方を語る「急激に言葉の重要性が増している」”. ORICON NEWS. (2020年7月24日). https://www.oricon.co.jp/news/2167810/full/ 2020年7月25日閲覧。 
  39. ^ cozy1242のツイート(1275195129549082624)
  40. ^ cozy1242のツイート(1118418192433475585)
  41. ^ cozy1242のツイート(1297087449634496513)
  42. ^ 「飯田浩司のOK!Cozy up!」9月23日(水) - YouTube
  43. ^ 2018/03/26(月) ザ・ボイス 長谷川幸洋 ニュース解説「自民党大会 安倍総理が憲法改正に意欲」「森友文書改ざん問題 きょう参議院予算委員会で集中審議」など - YouTube
  44. ^ 2018/4/4(水)飯田浩司のOK!Cozy up! コメンテーター:飯田泰之さん ニュース解説▼拉致問題、金正恩「交渉するな」と指示か ▼防衛省日報問題、防相経緯検証表明▼金融緩和 など - YouTube
  45. ^ cozy1242のツイート(1003397522621001729)
  46. ^ cozy1242のツイート(1003762981266526208)
  47. ^ cozy1242のツイート(1188588400439201793)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ニッポン放送 平日朝帯ワイド番組
前番組 番組名 次番組
-