鹿児島県第3区 (中選挙区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鹿児島県第3区(かごしまけんだい3く)は、かつて存在した衆議院の選挙区。1947年第23回衆議院議員総選挙から設置された。廃止時の定数は2。1986年公職選挙法改正に伴い定数は3から1つ削減された。 1994年の公職選挙法改正によって廃止され、旧鹿児島3区地域は現在の衆議院小選挙区で鹿児島県第4区の一部にあたる。

概要[編集]

地勢[編集]

鹿児島県東部、概ね旧大隅国に属する地域の選挙区である。大隅半島に加え、南方の種子島屋久島が含まれる。当初は1926年第16回総選挙から1942年第23回総選挙まで使用された区割りに基づいて奄美群島(大島支庁)も含まれる事になっていたが、1947年の中選挙区制復活に伴う選挙区設定時に同地域はアメリカ軍の軍政下にあり、1953年の返還後には奄美群島選挙区として独立した定数1の選挙区(小選挙区)とされた[1]。 人口流出による有権者の減少が進み、1986年の公職選挙法改正によって定数が1人削減されたため、全国で4選挙区生まれた「2人区」の一つとなった。

結果[編集]

畜産(肉牛飼育)・葉タバコ栽培などの農業が地域産業の中心で、志布志町(現在の志布志市)での港湾整備を除くと大規模な商工業施設の建設が他地域と比較して少なかったため、農村を地盤とする自由民主党が他党を圧倒する強力な地盤を築いた。特に山中貞則二階堂進の2人は強力で、山中は17回、二階堂は16回[2]の当選を重ね、共に自民党内で大きな影響力を持った。これに橋口隆を加え、自民党は第28回に続き、第31回からは6回連続で定数の3議席を独占した。さらに遡ると、保守合同前の4度でも全議席を保守系の候補が占めた[3]

一方、日本社会党は厳しい戦いが続いた。有島輝武左派社会党から出馬した1955年第27回総選挙で初の革新系議席を奪い、通算で3回当選したが、その次は1983年第37回総選挙上西和郎が当選するまで16年間の空白が生まれた。その上西も定数削減の影響を受け、続く1986年第38回総選挙では山中と二階堂に敗れた。1990年第39回総選挙では消費税批判の追い風も受けた有川清次が「消費税の産みの親」とも呼ばれた山中を破って話題となったが、1993年第40回総選挙で山中に議席を奪回された。

他の野党は更に厚い壁に阻まれた。公明党は候補者擁立自体を一度も行わず、民社党は民主社会党として結党した直後、1960年第29回総選挙での立候補のみだった。日本共産党は公認候補を立て続けたが全く振るわず、特に第38回総選挙では柴立俊明の得票率が0.92%に終わり、1970年代以降の同党では異例の1%割れまで起こした。

廃止時の選挙区域[編集]

※自治体の名称は第40回衆議院議員総選挙時点のものである。

選出議員[編集]

選挙名 #1 #2 #3
第23回衆議院議員総選挙 1947年 前田郁
無所属
的場金右衛門
国民協同党
佐藤通吉
民主党
第24回衆議院議員総選挙 1949年 前田郁
民主自由党
二階堂進
(民主自由党)
岩川与助
(民主自由党)
第25回衆議院議員総選挙 1952年 永田良吉
自由党
東郷実
(自由党)
岩川与助
(自由党)
第26回衆議院議員総選挙 1953年 永田良吉
(自由党)
山中貞則
(自由党)
岩川与助
(自由党)
第27回衆議院議員総選挙 1955年 有馬輝武
左派社会党
山中貞則
(自由党)
二階堂進
(自由党)
第28回衆議院議員総選挙 1958年 二階堂進
自由民主党
山中貞則
(自由民主党)
前田郁
(自由民主党)
第29回衆議院議員総選挙 1960年 山中貞則
(自由民主党)
二階堂進
(自由民主党)
有馬輝武
日本社会党
第30回衆議院議員総選挙 1963年 山中貞則
(自由民主党)
二階堂進
(自由民主党)
有馬輝武
(日本社会党)
第31回衆議院議員総選挙 1967年 山中貞則
(自由民主党)
橋口隆
(自由民主党)
二階堂進
(自由民主党)
第32回衆議院議員総選挙 1969年 山中貞則
(自由民主党)
二階堂進
(自由民主党)
橋口隆
(自由民主党)
第33回衆議院議員総選挙 1972年 二階堂進
(自由民主党)
山中貞則
(自由民主党)
橋口隆
(自由民主党)
第34回衆議院議員総選挙 1976年 二階堂進
(自由民主党)
山中貞則
(自由民主党)
橋口隆
(自由民主党)
第35回衆議院議員総選挙 1979年 橋口隆
(自由民主党)
山中貞則
(自由民主党)
二階堂進
(自由民主党)
第36回衆議院議員総選挙 1980年 二階堂進
(自由民主党)
山中貞則
(自由民主党)
橋口隆
(自由民主党)
第37回衆議院議員総選挙 1983年 二階堂進
(自由民主党)
山中貞則
(自由民主党)
上西和郎
(日本社会党)
第38回衆議院議員総選挙 1986年 山中貞則
(自由民主党)
二階堂進
(自由民主党)
第39回衆議院議員総選挙 1990年 二階堂進
(自由民主党)
有川清次
(日本社会党)
第40回衆議院議員総選挙 1993年 山中貞則
(自由民主党)
二階堂進
(自由民主党)

選挙結果[編集]

第40回衆議院議員総選挙 (1993年(平成5年)7月18日執行)
当日有権者数:256,568人  投票率:80.12%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
山中貞則 72 自由民主党 89,515票 43.8%
二階堂進 83 自由民主党 53,457票 26.2%
  有川清次 63 日本社会党 39,725票 19.5%
  加藤憲一 43 日本新党 16,713票 8.2%
  柴立俊明 44 日本共産党 2,598票 1.3%
  岩元力 49 無所属 2,167票 1.1%


第39回衆議院議員総選挙 (1990年(平成2年)2月18日執行)
当日有権者数:257,962人  投票率:83.63%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
二階堂進 80 自由民主党 86,751票 40.5%
有川清次 60 日本社会党 62,488票 29.1%
  山中貞則 68 自由民主党 62,460票 29.1%
  柴立俊明 40 日本共産党 2,719票 1.3%


第38回衆議院議員総選挙 (1986年(昭和61年)7月6日執行)
当日有権者数:257,159人  投票率:85.56%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
山中貞則 64 自由民主党 87,672票 40.4%
二階堂進 76 自由民主党 76,898票 35.5%
  上西和郎 54 日本社会党 50,304票 23.2%
  柴立俊明 37 日本共産党 2,006票 0.9%


第37回衆議院議員総選挙 (1983年(昭和58年)12月18日執行)
当日有権者数:259,172人  投票率:85.03%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
二階堂進 74 自由民主党 62,158票 28.4%
山中貞則 62 自由民主党 58,474票 26.7%
上西和郎 52 日本社会党 50,362票 23.0%
  橋口隆 70 自由民主党 44,632票 20.4%
  命苫孝英 48 無所属 1,913票 0.9%
  杉野武彦 58 日本共産党 1,626票 0.7%


第36回衆議院議員総選挙 (1980年(昭和55年)6月22日執行)
当日有権者数:255,717人  投票率:85.39%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
二階堂進 70 自由民主党 64,428票 30.0%
山中貞則 58 自由民主党 58,352票 27.2%
橋口隆 66 自由民主党 45,323票 21.1%
  上西和郎 48 日本社会党 44,388票 20.7%
  宮地利雄 30 日本共産党 2,282票 1.1%


第35回衆議院議員総選挙 (1979年(昭和54年)10月7日執行)
当日有権者数:254,608人  投票率:83.68%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
橋口隆 66 自由民主党 62,468票 29.5%
山中貞則 58 自由民主党 52,313票 24.7%
二階堂進 69 自由民主党 48,837票 23.1%
  上西和郎 47 日本社会党 44,972票 21.3%
  真戸原勲 54 日本共産党 2,975票 1.4%


第34回衆議院議員総選挙 (1976年(昭和51年)12月5日執行)
当日有権者数:249,266人  投票率:84.44%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
二階堂進 67 自由民主党 59,444票 28.5%
山中貞則 55 自由民主党 56,502票 27.1%
橋口隆 63 自由民主党 45,695票 21.9%
  上西和郎 45 日本社会党 43,245票 20.7%
  真戸原勲 52 日本共産党 3,753票 1.8%


第33回衆議院議員総選挙 (1972年(昭和47年)12月10日執行)
当日有権者数:245,010人  投票率:82.71%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
二階堂進 63 自由民主党 61,085票 30.4%
山中貞則 51 自由民主党 49,911票 24.8%
橋口隆 59 自由民主党 47,971票 23.8%
  上西和郎 41 日本社会党 38,773票 19.3%
  真戸原勲 48 日本共産党 3,511票 1.7%


第32回衆議院議員総選挙 (1969年(昭和44年)12月27日執行)
当日有権者数:249,297人  投票率:78.21%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
山中貞則 48 自由民主党 59,880票 31.0%
二階堂進 60 自由民主党 57,733票 29.9%
橋口隆 56 自由民主党 48,674票 25.2%
  有馬輝武 49 日本社会党 23,461票 12.1%
  真戸原勲 45 日本共産党 3,201票 1.6%


第31回衆議院議員総選挙 (1967年(昭和42年)1月29日執行)
当日有権者数:248,386人  投票率:84.47%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
山中貞則 45 自由民主党 58,241票 28.1%
橋口隆 53 自由民主党 53,041票 25.6%
二階堂進 57 自由民主党 51,563票 24.9%
  有馬輝武 46 日本社会党 42,216票 20.4%
  真戸原勲 42 日本共産党 2,080票 1.0%


第30回衆議院議員総選挙 (1963年(昭和38年)11月21日執行)
当日有権者数:257,468人  投票率:79.28%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
山中貞則 42 自由民主党 59,284票 29.4%
二階堂進 54 自由民主党 56,054票 27.8%
有馬輝武 43 日本社会党 43,035票 21.4%
  橋口隆 50 自由民主党 41,158票 20.4%
  久米正治 41 日本共産党 1,835票 0.9%


第29回衆議院議員総選挙 (1960年(昭和35年)11月20日執行)
当日有権者数:260,211人  投票率:77.99%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
山中貞則 39 自由民主党 53,088票 26.6%
二階堂進 51 自由民主党 47,777票 24.0%
有馬輝武 40 日本社会党 44,977票 22.6%
  前田郁 71 自由民主党 44,875票 22.5%
  野村善蔵 58 民主社会党 7,218票 3.6%
  久米正治 38 日本共産党 1,285票 0.6%


第28回衆議院議員総選挙 (1958年(昭和33年)5月22日執行)
当日有権者数:258,680人  投票率:79.63%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
二階堂進 48 自由民主党 52,589票 25.7%
山中貞則 36 自由民主党 52,035票 25.5%
前田郁 69 自由民主党 40,999票 20.1%
  有馬輝武 37 日本社会党 37,622票 18.4%
  田平藤一 47 無所属 14,326票 7.0%
  宮司正憲 49 無所属 4,452票 2.2%
  西太一郎 34 日本共産党 2,177票 1.1%


第27回衆議院議員総選挙 (1955年(昭和30年)2月27日執行)
当日有権者数:248,368人  投票率:82.21%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
有馬輝武 34 左派社会党 31,977票 15.8%
山中貞則 33 自由党 30,383票 15.0%
二階堂進 45 自由党 24,748票 12.2%
  前田郁 65 日本民主党 24,372票 12.0%
  岩川与助 69 自由党 23,536票 11.6%
  永田良吉 68 自由党 22,777票 11.2%
  佐藤通吉 51 日本民主党 20,471票 10.1%
  田平藤一 43 日本民主党 17,508票 8.6%
  風早義確 52 日本民主党 6,540票 3.2%


第26回衆議院議員総選挙 (1953年(昭和28年)4月19日執行)
当日有権者数:238,172人  投票率:84.46%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
永田良吉 66 自由党 36,460票 18.3%
山中貞則 31 自由党 34,078票 17.1%
岩川与助 67 自由党 26,057票 13.1%
  二階堂進 43 自由党 25,491票 12.8%
  佐藤通吉 39 分党派自由党 19,751票 9.9%
  前田郁 64 分党派自由党 19,663票 9.9%
  有馬輝武 32 左派社会党 16,285票 8.2%
  池田正義 50 改進党 7,861票 3.9%
  小浜繁 45 改進党 4,933票 2.5%
  最上宏 69 分党派自由党 4,628票 2.3%
  市木清逸 49 右派社会党 2,106票 1.0%
  廻実 25 日本共産党 1,929票 1.0%


第25回衆議院議員総選挙 (1952年(昭和27年)10月1日執行)
当日有権者数:235,670人  投票率:83.15%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
永田良吉 66 自由党 43,108票 22.4%
東郷実 70 自由党 34,918票 18.1%
岩川与助 66 自由党 32,571票 16.9%
  前田郁 63 自由党 24,625票 12.8%
  二階堂進 42 自由党 19,477票 10.1%
  佐藤通吉 49 無所属 17,040票 8.8%
  池田正義 49 改進党 10,176票 5.3%
  小浜繁 44 改進党 7,176票 3.7%
  廻実 25 日本共産党 3,394票 1.8%


第24回衆議院議員総選挙 (1949年(昭和24年)1月23日執行)
当日有権者数:218,367人  投票率:76.04%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
前田郁 59 民主自由党 34,383票 21.3%
二階堂進 39 民主自由党 33,872票 20.9%
岩川与助 62 民主自由党 32,850票 20.3%
  的場金右衛門 56 民主自由党 21,757票 13.5%
  佐藤通吉 45 民主自由党 19,038票 11.8%
  赤路友蔵 44 日本社会党 14,804票 9.1%
  田原瑞穂 31 日本共産党 3,456票 2.1%
  藤宮彦 43 社会革新党 1,463票 0.9%


第23回衆議院議員総選挙 (1947年(昭和22年)4月25日執行)
当日有権者数:218,222人  投票率:72.26%(前回比:)

当落 候補者名 年齢 所属党派 新旧別 得票数 得票率
前田郁 58 無所属 33,370票 21.6%
的場金右衛門 55 国民協同党 28,355票 18.4%
佐藤通吉 44 民主党 23,067票 14.9%
  二階堂進 37 国民協同党 17,666票 11.4%
  太田豊 49 民主党 14,353票 9.3%
  赤路友蔵 43 日本社会党 12,705票 8.2%
  西田当元 41 日本自由党 9,508票 6.2%
  良島正治 54 民主党 6,824票 4.4%
  松元孝内 55 諸派 2,899票 1.9%
  新田秀一郎 29 諸派 2,563票 1.7%
  藤宮彦 42 無所属 2,272票 1.5%
  永吉勇 41 日本共産党 677票 0.4%

備考[編集]

  1. ^ 1992年には同選挙区が鹿児島1区に編入されたため、鹿児島3区の選挙が同地域で行われる事はなかった。
  2. ^ うち1回は1946年に大選挙区制で行われた第22回総選挙で鹿児島全県区から当選。
  3. ^ うち、第24回は民主自由党、第25回は自由党、第26回は自由党(吉田茂派)の独占。第25回は自由党候補が5人、第26回は吉田派4人に加え、同党鳩山派3人、改進党2人で計9人の候補が競う超乱立でも保守勢力が議席を独占した。

関連項目[編集]