東磐井郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
日本 > 東北地方 > 岩手県 > 東磐井郡
岩手県東磐井郡の範囲(薄黄:後に他郡に編入された区域)

東磐井郡(ひがしいわいぐん)は、岩手県にあった

郡域[編集]

明治12年(1879年)に行政区画として発足した当時の郡域は、概ね以下の区域にあたる。

歴史[編集]

郡発足までの沿革[編集]

区分 村名 所属代官区 所轄郡奉行
東山
(46村)
仙台藩領
(34村)
藤沢本郷、相川村、赤生津村、薄衣村、大籠村、大原村、長部村、小島村、上折壁村、下折壁村、門崎村、黄海村、釘子村、猿沢村、渋民村、砂子田村、千厩村、曽慶村、田河津村、築館村、津谷川村、天狗田村、鳥海村、中川村、長坂村、新沼村、濁沼村、西口村、浜横沢村、保呂羽村、増沢村、松川村、舞草村、母体村 大原代官所
千厩代官所
奥郡奉行
一関藩領
(12村)
上奥玉村、中奥玉村、下奥玉村、金田村、熊田倉村、北小梨村、南小梨村、清水馬場村、摺沢村、寺沢村、徳田村、仏坂村
  • 明治元年
  • 明治2年
    • 2月30日(1869年4月11日) - 沼田藩取締地が上野前橋藩取締地となり(ただし、旧一関藩領東山は前橋藩の取締から除かれる)、伊沢県を称する[1]
    • 3月 - 磐城平藩安藤信勇が千厩に転封され、東山のうち36村を領す。
    • 3月14日(1869年4月25日) - 旧一関藩領東山のうち7村(上奥玉村、中奥玉村、下奥玉村、北小梨村、南小梨村、摺沢村、寺沢村)が伊沢県の管轄となる。
    • 8月3日(1869年9月8日) - 安藤信勇が旧領への復帰を許され、全域が伊沢県の管轄に戻される。
    • 8月18日(1869年9月23日) - 胆沢県が発足し、伊沢県域を管轄。
  • 明治4年
  • 明治8年(1875年)10月17日 - 以下の各村の統廃合が行われる。(34村)
    • 渋民村 ← 渋民村、曽慶村
    • 沖田村 ← 天狗田村、築館村
    • 磐清水村 ← 寺沢村、濁沼村、仏坂村
    • 奥玉村 ← 上奥玉村、中奥玉村、下奥玉村
    • 小梨村 ← 北小梨村、南小梨村
    • 清田村 ← 清水馬場村、金田村、熊田倉村
    • 八沢村 ← 砂子田村、徳田村、新沼村、増沢村
  • 明治8年(1875年)11月22日 - 水沢県が磐井県に改称。
  • 明治9年(1876年)4月18日 - 第2次府県統合により岩手県の管轄となる。
  • 明治11年(1878年)11月26日 - 郡区町村編制法の岩手県での施行により、行政区画としての磐井郡が発足。

郡発足以降の沿革[編集]

  • 明治12年(1879年)1月4日 - 磐井郡が分割し、東山34村の区域をもって東磐井郡が発足。(34村)
  • 明治16年(1883年)1月 - 八沢村が砂子田村・徳田村・新沼村・増沢村に分割。(37村)
1.千厩村 2.大原村 3.折壁村 4.矢越村 5.小梨村 6.八沢村 7.大津保村 8.藤沢村 9.黄海村 10.薄衣村 11.奥玉村 12.磐清水村 13.門崎村 14.松川村 15.舞川村 16.長島村 17.生母村 18.田河津村 19.長坂村 20.猿沢村 21.摺沢村 22.渋民村 23.興田村(紫:一関市 橙:奥州市 桃:平泉町)
  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制の施行により、以下の村が発足。特記以外は全域が現・一関市。(23村)
  • 明治30年(1897年)4月1日 - 郡制を施行。
  • 明治31年(1898年)4月1日 - 千厩村が町制施行して千厩町となる。(1町22村)
  • 明治36年(1903年)3月21日 - 大原村が町制施行して大原町となる。(2町21村)
  • 大正12年(1923年)4月1日 - 郡会が廃止。郡役所は存続。
  • 大正15年(1926年
    • 6月1日 - 藤沢村が町制施行して藤沢町となる。(3町20村)
    • 7月1日 - 郡役所が廃止。以降は地域区分名称となる。
  • 昭和15年(1940年)11月10日 - 摺沢村が町制施行して摺沢町となる。(4町19村)
  • 昭和30年(1955年
    • 1月1日 - 舞川村が西磐井郡厳美村萩荘村弥栄村と共に一関市と合併し、改めて一関市が発足、郡より離脱。(4町18村)
    • 2月1日 - 長坂村・田河津村が合併して東山村が発足。(4町17村)
    • 4月1日(3町9村)
      • 藤沢町・黄海村・八沢村および大津保村の一部(大籠・保呂羽)が合併し、改めて藤沢町が発足。
      • 折壁村・矢越村および大津保村(津谷川)が合併して室根村が発足。
      • 大原町・摺沢町・興田村・猿沢村・渋民村が合併して大東町が発足。
      • 生母村が胆沢郡前沢町白山村古城村と合併し、改めて胆沢郡前沢町が発足。
    • 4月15日 - 長島村が西磐井郡平泉町と合併し、改めて西磐井郡平泉町が発足。(3町8村)
  • 昭和31年(1956年)9月30日(3町4村)
    • 薄衣村・門崎村が合併して川崎村が発足。
    • 千厩町・磐清水村・奥玉村・小梨村が合併し、改めて千厩町が発足。
  • 昭和33年(1958年)11月1日 - 松川村を東山村に編入。東山村は即日町制施行し東山町となる。(4町2村)
  • 平成17年(2005年)9月20日 - 大東町・千厩町・東山町・室根村・川崎村が一関市・西磐井郡花泉町と合併し、改めて一関市が発足、郡より離脱。(1町)
  • 平成23年(2011年)9月26日 - 藤沢町が一関市に編入。同日東磐井郡消滅。

変遷表[編集]

行政[編集]

歴代郡長
氏名 就任年月日 退任年月日 備考
1 明治12年(1879年)1月4日
大正15年(1926年)6月30日 郡役所廃止により、廃官

脚注[編集]

  1. ^ 明治元年12月23日(1869年2月4日)の「諸藩取締奥羽各県当分御規則」(法令全書通番明治元年太政官布告第1129)に従って設置された県だが、明治政府が権知県事を任命したわけではなく、そのため明治政府の公文書には全く記録が残っておらず、正式な県とは認められていない。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

先代:
磐井郡の一部
行政区の変遷
1879年 - 2011年
次代:
(消滅)