藤沢町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ふじさわちょう
藤沢町
Okago Christain Martyrdom Memorial Kurusu Museum.JPG
大籠殉教記念クルス館
廃止日 2011年9月26日
廃止理由 編入合併
藤沢町一関市
現在の自治体 一関市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 岩手県
東磐井郡
団体コード 03422-3
面積 123.15km2.
総人口 8,960
推計人口、2011年9月1日)
隣接自治体 岩手県:
一関市
宮城県
登米市気仙沼市
町の木
町の花
町の鳥 山鳩
藤沢町役場
所在地 029-3405
岩手県東磐井郡藤沢町藤沢字町裏105
外部リンク 藤沢町

藤沢町位置図

― 市 / ― 町 / ― 村

 表示 ウィキプロジェクト

藤沢町(ふじさわちょう)は、平成23年(2011年)まで岩手県東磐井郡にあった。現在は一関市の一部。

歴史[編集]

沿革[編集]

  • 明治22年(1889年)4月1日 - 町村制施行にともない、藤沢本郷と西口村が合併して新制の藤沢村が発足。
  • 大正15年(1926年)6月1日 - 町制施行し、(旧)藤沢町となる。
  • 昭和29年(1954年)8月20日 -(旧)藤沢町、 黄海村八沢村および大津保村の一部(大籠・保呂羽)と合併し、新制の藤沢町となる。
  • 平成23年(2011年)9月26日 - 一関市に編入。

一関市との合併協議[編集]

  • 2004年(平成16年)に旧・一関市を中心とした両磐地区の合併機運に賛同し、新市への参画に加わる道を模索したが、当時は藤沢町は国営農地開発事業等により債務が過大で、合併した場合に新市への負担が大きいと判断されたことなどから、合併協議に加わることができなかったため、2005年(平成17年)の新・一関市誕生は藤沢町抜きで行われた。以降町は宮城県登米市気仙沼市)と一関市に挟まれ、孤立した状態にあったが、2010年(平成22年)4月に「一関市・藤沢町合併協議会」が設立。2011年(平成23年)3月に岩手県議会で合併議案が可決され、5月に官報で告示された。

行政[編集]

首長[編集]

  • 歴代村長
氏名 就任 退任 備考
1 斎藤権平 明治22年(1889年)6月3日 明治30年(1897年)5月28日
2 藤本真弘 明治30年(1897年)5月29日 明治32年(1899年)2月25日
3 熊谷左一郎 明治32年(1899年)4月25日 明治32年(1899年)10月11日
4 佐伯秀八郎 明治32年(1899年)10月20日 大正15年(1926年)5月31日
  • 歴代町長

昭和の合併以前

氏名 就任 退任 備考
1 佐伯秀八郎 大正15年(1926年)6月1日 昭和2年(1927年)12月19日 村長より留任
2 高橋孝三郎 昭和3年(1928年)2月25日 昭和4年(1929年)12月10日
3 橋本弥充 昭和4年(1929年)12月16日 昭和8年(1932年)12月10日
4 千葉需 昭和9年(1934年)1月28日 昭和17年(1942年)1月27日
5 及川孝一 昭和17年(1942年)1月28日 昭和21年(1946年)1月27日
6 五十嵐三五郎 昭和21年(1946年)4月10日 昭和21年(1946年)11月12日
7 阿部武彦 昭和22年(1947年)4月7日 昭和30年(1955年)3月31日

昭和の合併以後

氏名 就任 退任 備考
1 岩淵道信 昭和30年(1955年)5月 昭和38年(1963年)5月 元・黄海村長
2 皆川金治 昭和38年(1963年)5月 昭和46年(1971年)5月
3 佐々木要一郎 昭和46年(1971年)5月 昭和53年(1978年)12月
4 佐藤守 昭和54年(1979年)1月28日 平成18年(2006年)12月
5 畠山博 平成19年(2007年)1月 平成23年(2011年)9月25日

姉妹都市・友好都市[編集]

海外[編集]

2008年(平成20年)3月にクイーンズランド州内の自治体再編が州政府によって行われ、「国際友好親善の町」として提携(1993年7月)していたデュアリンガ町Duaringa Shireが隣接する3自治体と合併し、新たな自治体(セントラルハイランズ市 )として誕生した。このため、両市町では2008年(平成20年)8月29日にオーストラリアで、2008年(平成20年)11月3日には日本で提携調印式を行い、新たな交流を誓い合った。両市町では、前回の提携(1993年)以来相互に中学生、高校生などによるホームステイ交流をはじめ、息の長い草の根交流を続けている。

地域[編集]

人口[編集]

Demography03422.svg
藤沢町と全国の年齢別人口分布(2005年) 藤沢町の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 藤沢町
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性
藤沢町(に相当する地域)の人口の推移
1970年 12,561人
1975年 11,735人
1980年 11,434人
1985年 11,217人
1990年 11,149人
1995年 10,836人
2000年 10,452人
2005年 9,904人
2010年 9,065人
総務省統計局 国勢調査より

教育[編集]

  • 藤沢町立藤沢中学校
  • 藤沢町立藤沢小学校
  • 藤沢町立黄海小学校
  • 藤沢町立新沼小学校


産業[編集]

農業[編集]

畜産[編集]

  • 磐井牛の生産地〔千葉牧場(千葉隆一)を中心に磐井牛の肥育が行われている〕

郵便局[編集]

  • 藤沢郵便局
  • 黄海郵便局
  • 保呂羽郵便局

交通[編集]

道路[編集]

一般国道[編集]

県道[編集]

主要地方道[編集]
県道[編集]

路線バス[編集]

岩手県交通が運行している。

2005年(平成17年)まで、上記岩手県交通路線バスの他、宮交登米バス津谷 - 佐沼間の路線バスが藤沢町千松附近を通っていた。

医療[編集]

名所・旧跡・観光[編集]

関連人物[編集]

縄文の炎・藤沢野焼祭の関係者[編集]

関連項目[編集]