安藤信勇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
 
安藤 信勇
Ando Nobutake.jpg
時代 江戸時代末期(幕末) - 明治時代
生誕 嘉永2年10月10日1849年11月24日
死没 明治41年(1908年5月24日
改名 理三郎(幼名)、信勇
戒名 大乗院殿信勇日照大居士
墓所 磐城市平の良善寺
官位 従五位下、正五位正四位従三位対馬
幕府 江戸幕府
主君 徳川家茂慶喜明治天皇
陸奥磐城平藩
氏族 内藤氏安藤氏
父母 父:内藤正義、母:安藤信由の次女・力子
兄弟 内藤正誠信勇
正室:三浦万邦の娘登女子
娘(内藤正慇の後妻)、養子:信守

安藤 信勇(あんどう のぶたけ)は、陸奥(後の磐城国磐城平藩第7代(最後)の藩主。安藤家12代。

生涯[編集]

嘉永2年(1849年)10月10日、信濃岩村田藩主・内藤正縄の嫡男正義の三男として生まれる。文久3年(1863年)に従弟の磐城平藩第6代藩主・安藤信民が夭折した際、母が第4代藩主・信由の娘であったことから、隠居の伯父安藤信正によって第7代藩主として迎えられ、同年10月2日に家督を継いだ。しかし若年のため、藩政の実権は信正が掌握していた。なお、岩村田藩主を継いだ兄の内藤正誠は、信正の娘(従姉妹に当たる)を正室としている。

慶応4年(1868年)の戊辰戦争で、在国していた信正は佐幕派として新政府と敵対したが、信勇は3月に上京し、4月には従五位下、対馬守に叙任され、5月には新政府に恭順することを誓っている。明治元年(1868年)12月7日、信正が新政府と敵対したことから、信勇は謹慎を命じられた。また、陸中磐井郡3万4千石への移封も命じられた。それに対し、信勇は新政府に旧領復帰を働きかけた。

明治2年(1869年)8月3日、7万両の献金と引き換えに信勇は旧領に復帰し、8月19日には版籍奉還により知藩事となる。明治4年(1871年)7月15日、廃藩置県で免官された。同年8月10日、東京に移住した。明治5年(1872年)5月18日、隠居し、養子の信守(信民の弟)に家督を譲った。その後、学習院教授となったが、晩年は磐城平に戻って明治41年(1908年)5月24日に死去した。享年60。

系図[編集]

内藤正縄
岩村田藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安藤信由
9代
磐城平藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内藤正義
 
力子
 
 
 
 
 
安藤信正
10代
磐城平藩主
 
板倉勝成
庭瀬藩主
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内藤正誠
岩村田藩主
 
 
安藤信勇
12代
磐城平藩主
 
安藤信民
11代
磐城平藩主
 
安藤信守
13代
子爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
内藤正慇
子爵
 
正慇の後妻
 
 
 
 
 
安藤信篤
14代
子爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安藤信昭
15代
子爵
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
安藤信敬
 
安藤信和
16代