重村智計

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
重村 智計
(しげむら としみつ)
生誕 (1945-09-30) 1945年9月30日(73歳)
中華民国の旗 中華民国遼寧省安東[1]
教育 早稲田大学法学部法律学科卒業[2]
職業 ジャーナリスト
大学教授
代表経歴 毎日新聞社入社(1971年)
高麗大学大学院研究生(1975年-1976年)
毎日新聞社ソウル特派員(1979年-1985年)
毎日新聞社ワシントン特派員(1989年-1994年)
毎日新聞論説委員(1994年)
毎日新聞社退社(2000年)
拓殖大学国際開発学部教授(2000年-2004年)
早稲田大学国際教養学部教授(2004年-2016年)[2]
東京通信大学教授(2018年-)[3]

重村 智計(しげむら としみつ、1945年9月[2]30日[要出典] - )は、日本学者ジャーナリスト東京通信大学教授[3]早稲田大学名誉教授[4]延世大学客員教授[4]同徳女子大学客員教授[5]毎日新聞客員編集委員[4]日本ニュース時事能力検定協会理事[要出典]

毎日新聞社記者。2000年(平成12年)に[要出典]同社退職後は大学に移り、2004年(平成16年)より2016年(平成28年)まで早稲田大学国際教養学部教授朝鮮半島情勢を主な専門分野とし、北朝鮮問題に関する分析を行う[1]。関連の著書やテレビ出演もある[2]

略歴[編集]

人物[編集]

2002年(平成14年)及び2009年(平成21年)に、北朝鮮による日本人拉致問題解決を求める意見広告ニューヨーク・タイムズや韓国大手紙に掲載した「意見広告7人の会」呼びかけ人の1人である(残りの6人は有田芳生勝谷誠彦加藤哲郎高世仁日垣隆湯川れい子)。

下川正晴は、1980年代以降の日本における、現実ウオッチングに基づくコリア報道の先駆者として、産経新聞黒田勝弘と共に重村を挙げている[7]

重村は、南北朝鮮との付き合いの心得とその思いの丈を以下語っている[8]

私は、普通の韓国人と朝鮮人が好きだ。韓国人記者には、新聞記者の信念と取材方法を教えてもらった。権力欲を持たず工作活動に従事しない韓国人と朝鮮人は、素朴で正直で素敵な人たちだった。韓国と北朝鮮には、尊敬すべき一流の人間がいる。日本では政治家から暴力団まで二、三流の人間が、南北朝鮮に関わりすぎる。韓国の一流の人間が、日本の二流、三流の人間を相手にする現実は、構造的な悲劇である。工作と運動、詐欺師ウソつきが絶えず、尊敬できない政治家や学者、宗教家が工作や運動に協力し、「拉致はない」とウソをついた。現代史を知る一流の日本人と、一流の韓国・朝鮮人との付き合いが大切だ。

著作[編集]

単著[編集]

  • 『韓国人はほんとに日本人が嫌いか』 講談社1987年12月ISBN 4-06-203250-3
  • 『韓国がわかる最新ソウル語情報』 講談社、1988年8月ISBN 4-06-203970-2
  • 『朝鮮病と韓国病 「差別」問題のタブーを明かす』 光文社〈カッパ・ブックス〉、1997年3月ISBN 4-334-00581-0
  • 『北朝鮮データブック』 講談社〈講談社現代新書〉、1997年6月ISBN 4-06-149359-0 - 年表あり。
    • 『最新・北朝鮮データブック 先軍政治、工作から核開発、ポスト金正日まで』 講談社〈講談社現代新書〉、2002年11月ISBN 4-06-149636-0 - 『北朝鮮データブック』の改訂。
  • 『韓国ほど大切な国はない』 東洋経済新報社1998年11月ISBN 4-492-21107-1
  • 『日米文明の衝突 病人同士は憎み合う』 光文社〈カッパ・ブックス〉、1999年3月ISBN 4-334-00645-0
  • 『南北統一』 小学館〈小学館文庫 21世紀論点シリーズ 9〉、2000年9月ISBN 4-09-404007-2
  • 『北朝鮮の外交戦略』 講談社〈講談社現代新書〉、2000年11月ISBN 4-06-149526-7
  • 『金正日とビンラディン』 小学館〈小学館文庫〉、2002年3月ISBN 4-09-402646-0
  • 『外交敗北 日朝首脳会談と日米同盟の真実』 講談社、2006年6月ISBN 4-06-213505-1
  • 『朝鮮半島「核」外交 北朝鮮の戦術と経済力』 講談社〈講談社現代新書〉、2006年12月ISBN 4-06-149869-X
  • 『北朝鮮はなぜ潰れないのか』 ベストセラーズ〈ベスト新書〉、2007年7月ISBN 978-4-584-12157-3
  • 『「今の韓国・北朝鮮」がわかる本 本当はヤバイ韓国経済!世界の最貧国北朝鮮の実体!』 三笠書房〈知的生きかた文庫〉、2007年11月ISBN 978-4-8379-7673-8 - 年表あり。
    • 『「今の韓国・北朝鮮」がわかる本』 三笠書房〈知的生きかた文庫 し37-3〉、2011年6月、最新版。ISBN 978-4-8379-7943-2 - 年表・索引あり。
  • 『韓国の品格』 三笠書房、2008年5月ISBN 978-4-8379-2272-8 - 年表あり。
  • 『金正日の正体』 講談社〈講談社現代新書〉、2008年8月ISBN 978-4-06-287953-8 - 年表あり。
  • 『金正日の後継者』 ベストセラーズ〈ベスト新書 232〉、2009年6月ISBN 978-4-584-12232-7 - 並列シリーズ名:Best shinsho
  • 『「金正日(キムジョンイル)」後の北朝鮮』 三笠書房〈知的生きかた文庫 し37-2〉、2009年11月ISBN 978-4-8379-7825-1 - 索引あり。
  • 『なるほどよくわかる北朝鮮の真実 国際問題としての朝鮮問題』 日本文芸社2011年8月ISBN 978-4-537-25860-8 - 著作目録あり。
  • 『金正恩 謎だらけの指導者』 ベストセラーズ〈ベスト新書 = BEST SHINSHO 366〉、2012年2月ISBN 978-4-584-12366-9
  • 『金正恩が消える日』 朝日新聞出版〈朝日新書 352〉、2012年6月ISBN 978-4-02-273100-5
  • 『激動!!北朝鮮・韓国そして日本 歴史的必然と日本の選択』 実業之日本社2013年5月ISBN 978-4-408-10994-7 - 文献・年表あり。

共著[編集]

監修[編集]

  • 『摩訶不思議の国 北朝鮮ってどんな国?』 重村智計 監修、PHP研究所、2003年5月ISBN 4-569-62658-0 - 文献あり。

訳書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 人名辞典
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 研究者データベース
  3. ^ a b c “南北会談の次は日朝対話、金正恩が最後に使う「シンゾウカード」”. iRONNA. https://ironna.jp/article/9541?p=1 2018年5月1日閲覧。 
  4. ^ a b c d e “重村 智計 SHIGEMURA Toshimitsu”. ニッポンドットコム. http://www.nippon.com/ja/authordata/shigemura-toshimitsu/ 2017年3月31日閲覧。 
  5. ^ 重村智計 『日韓友好の罪人たち』 風土デザイン研究所2016年9月1日ISBN 978-4990502478
  6. ^ 重村智計 『激動!! 北朝鮮・韓国そして日本』 実業之日本社2013年5月16日、42頁。ISBN 978-4408109947
  7. ^ 現代コリア』2007年6月号、「朝日vs産経」(朝日新書)書評
  8. ^ 重村智計 『激動!! 北朝鮮・韓国そして日本』 実業之日本社2013年5月16日、41頁。ISBN 978-4408109947

関連項目[編集]

外部リンク[編集]