うらが型掃海母艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
うらが型掃海母艦
JS Uraga, USS Pioneer and USS Ardent in IMCMEX 12, -20 Sep. 2012 a.jpg
1番艦の「うらが」(手前)
艦級概観
艦種 掃海母艦
建造期間 1995年 - 1998年
就役期間 1997年 - 就役中
前級 MST:はやせ型掃海母艦
MMC:そうや型機雷敷設艦
次級 最新
性能諸元
排水量 基準:
5,650t (06MST) / 5,700t (07MST)
満載:
6,850t (06MST) / 6,900t (07MST)
全長 141m
全幅 22m
深さ 14m
吃水 5.4m
機関 三井12V42M-Aディーゼルエンジン (9,900 bhp) 2基
推進器 2軸
速力 22ノット
乗員 160人+司令部、合計170人(2番艦)
兵装 62口径76ミリ単装速射砲
※2番艦のみ
1基
12.7mm機関銃M2 数挺
機雷敷設装置3型 1式
搭載機 MH-53Eに対する着艦・補給設備のみ
レーダー OPS-14B 対空捜索用 1基
OPS-18 対水上捜索用 1基

うらが型掃海母艦(うらががたそうかいぼかん、英語: Uraga-class mine-countermeasures support ship)は、海上自衛隊掃海母艦の艦級。機雷敷設艦機能を併せ持つため、機雷戦母艦としての性格を有する。

来歴[編集]

掃海母艦「はやせ」(44MST)と機雷敷設艦「そうや」(44MMC)の代替として、その双方の機能を兼ねそなえた艦として建造された。「はやせ」のペルシア湾派遣(自衛隊ペルシャ湾派遣)の経験を反映して母艦機能の向上が図られたほか、新たに導入される航空掃海具(Mk.105)のドックからの投入・揚収に対応するなど航空掃海を行うためのヘリコプター支援機能も求められた[1]。この結果としてかなり大型化し、最終的に当初計画よりやや小型化して5,600トン型とされたものの、これでも44MSTと比して排水量は倍増している[2]

ネームシップの建造は、03中期防の後半にあたる平成6年度計画において、297億円で認可された。2番艦の建造も翌年度計画で認可された[1]

設計[編集]

設計面では、バルバス・バウステルス化された塔状マストなど、並行して計画されていた8,900トン型輸送艦(05LST)と共通した要素が多い。平甲板艦型を採用しており、船体中央部から艦尾にかけての主船体内には、中央部にはウェル・デッキ、両側には機雷庫が、それぞれ第2・3甲板の2層分の高さをもって設けられており、船尾には油圧で開閉する門扉を備えている。門扉のうち、中央にある大型のものが航空掃海具用で、下ヒンジ式とされている。一方、その両舷の小型のものが機雷庫に接続したもので、上ヒンジ式である[1][2]

その上方の後甲板(第1甲板)はヘリコプター甲板とされており、MH-53Eヘリコプターの運用に対応するため、かなり広い面積が確保されている。その前方に位置する上部構造物後部は航空掃海具用整備格納庫とされている。ヘリコプター甲板とウェル・デッキはエレベータにより連絡しており、通常、第1甲板の整備格納庫で整備を受けた航空掃海具はエレベータで格納庫に戻され、ここから投下・揚収を行うが、第1甲板からでも投下・揚収を行えるよう、後部左舷のクレーン力量は8トンとされている[1]

なお、ステルス性に配慮した設計を行ったステルス艦であるが、主船体については、掃海艇への横付け補給を行う場合を考慮して、あえて傾斜は付されなかった。また横付け補給のため、第2甲板レベルにレセスが付され、舷門等の設備が設けられている[1]

主機関も05LSTと同じく、三井造船製4サイクルV型12気筒中速ディーゼルエンジンである12V42M-A(9,900bhp/600rpm)が搭載された[3]

装備[編集]

自衛用として前甲板に62口径76ミリ単装速射砲1門を有するものとされているが、1番艦の「うらが」は後日装備とされ、未だ装備されていないため、射撃指揮装置2型(FCS-2)なども装備していない。

機雷戦[編集]

本型は、個艦での対機雷戦能力は備えていない。しかし、ヘリコプター用のMk.104音響掃海具とMk.105磁気掃海具を搭載できることから、航空集団第111航空隊のMH-53E掃海ヘリコプターと連携して掃海作業を実施する。その後、2011年より、新型のMCH-101掃海ヘリコプターの調達が開始された。こちらは従来の航空掃海具を搭載できないが、AN/AQS-24A空中機雷掃討システムや航空機搭載レーザ機雷検知システム(ALMDS)に対応しており、機雷掃討に重点をおいた装備となっている。

また機雷敷設のため機雷敷設装置3型を備えており、艦尾の小さい門扉4基にそれぞれ機雷敷設軌条3条を備えている。機雷搭載数は約230発とされている[4]

なお、母艦機能の一環として、司令部施設や水中処分員のための減圧室も有している。

戦争以外の軍事作戦[編集]

本型は、充実した搭載能力や医療能力を含めた母艦機能をいかして、海外への災害派遣(救援物資の輸送)にも活用されている。例えば機雷庫は温度・湿度等を一定に保つ機能があることから、邦人輸送等では居住区としても転用できる[5]

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造 起工 進水 竣工 所属
MST-463 うらが 日立造船
舞鶴造船所
1995年
(平成7年)
5月19日
1996年
(平成8年)
5月22日
1997年
(平成9年)
3月19日
掃海隊群
第1掃海隊
(定係港:横須賀基地
MST-464 ぶんご 三井造船
玉野事業所
1996年
(平成8年)
7月4日
1997年
(平成9年)
4月24日
1998年
(平成10年)
3月23日
掃海隊群
第3掃海隊
(定係港:呉基地

登場作品[編集]

映画[編集]

男たちの大和/YAMATO
戦艦大和」の艦舷として、「大和」に着任したばかりの海軍特別年少兵たちが、タラップを甲板へ上がるシーンに「ぶんご」を撮影に使用した。「ぶんご」左舷のタラップを降ろし、艦左舷を合成処理がすぐ出来るように青いシートを張って撮影された。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 「「うらが」型掃海母艦の建造」『海上自衛隊五十年史』 海上自衛隊 50年史編さん委員会、防衛庁海上幕僚監部、2003年
  2. ^ a b 「海上自衛隊全艦艇史」、『世界の艦船』第630号、海人社、2004年8月、 1-261頁、 NAID 40006330308
  3. ^ 佐藤一也「4サイクルディーゼル機関の技術系統化調査」、『国立科学博物館 技術の系統化調査報告 第12集』2008年3月。
  4. ^ Eric Wertheim (2007). Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World: Their Ships, Aircraft, and Systems. Naval Institute Press. ISBN 9781591149552. http://books.google.co.jp/books?id=TJunjRvplU4C. 
  5. ^ 髙橋陽一「機雷戦艦艇 (特集 自衛艦2014) -- (自衛艦の技術と能力)」、『世界の艦船』第790号、海人社、2014年1月、 136-139頁、 NAID 40019881926

関連項目[編集]