AN/SPS-10

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
AN/SPS-10
USS Raleigh (LPD-1) SPS-10 radar 2.jpg
種別 2次元レーダー
目的 目標捕捉
開発・運用史
開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
就役年 1953年
送信機
周波数 Cバンド(5.45-5.825GHz
パルス (a) 0.25マイクロ
(b) 1.3マイクロ秒
パルス繰返数 625-650pps
送信尖頭電力 190kW(平均)
500kW(最大)
アンテナ
形式 パラボラアンテナ
直径・寸法 幅3.2m×高さ1.93m
アンテナ利得 30dB
ビーム幅 横1.5°×縦16°
走査速度 15rpm
方位角 全周無制限
探知性能
探知距離 14.6km(潜望鏡に対して)
分解能 (a) 37.5m(41yds)
(b) 194.8m(213yds)
その他諸元
重量 200kg(アンテナ部のみ)

AN/SPS-10は、アメリカ合衆国シルバニア社が開発した2次元レーダー

概要[編集]

第二次世界大戦中に配備されていたSO-6/10の更新用として開発され、1953年10月より引き渡しが開始された。アメリカ海軍の標準的な対水上捜索用レーダーとして広く配備され、1956年末には、既に対潜戦艦艇の25%が本機を搭載していた。1976年の時点で、平均故障間隔(MTBF)は約150時間、平均修復時間(MTTR)は5-6時間であり、アメリカの対水上捜索用レーダーとしてはもっとも信頼性に優れたものと評価された[1]

その後、1980年代に入ると、本機をもとにソリッドステート化するかたちでノルデン社が開発したAN/SPS-67が後継として運用を開始し、本機の搭載艦の一部もこちらに換装した。また、一部の艦対空ミサイルの射撃指揮装置と周波数が干渉するおそれが指摘されたことから、XバンドAN/SPS-55も後継として採用された[2]

採用国と搭載艦艇[編集]

 アメリカ海軍

 カナダ海軍

 ギリシャ海軍

 スペイン海軍

 ドイツ海軍

参考文献[編集]

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、AN/SPS-10に関するカテゴリがあります。
  • OPS-16 - 日本無線製の同級機。
  • ZW (レーダー) - オランダ・シグナール社(現:タレス・ネーデルラント)製の同級機。Xバンドを使用する。