レスティゴーシュ級駆逐艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
レスティゴーシュ級駆逐艦
HMCS Kootenay (DDE 258) at Pearl Harbor 1986.JPEG
基本情報
艦種 護衛駆逐艦
命名基準 カナダの河川名
運用者  カナダ海軍
就役期間 1958年 - 1997年
前級 サン・ローラン級駆逐艦
次級 マッケンジー級駆逐艦
その他 #諸元表を参照
テンプレートを表示

レスティゴーシュ級駆逐艦英語: Restigouche-class destroyer)は、カナダ海軍が運用していた駆逐艦。対潜任務重視の護衛駆逐艦として建造されたが、のちに一部の艦は艦対艦ミサイルを搭載した汎用艦に改装された。

概要[編集]

本級は、先行して開発されたサン・ローラン級をもとに若干の改設計を加えたものである。サン・ローラン級はのちにヘリコプター駆逐艦として改装されたのに対して、本級は護衛駆逐艦としての進化を選ぶこととなった。また、本級のうち、のちにペルシャ湾岸に派遣されることとなった2隻は、ハープーン 艦対艦ミサイルの搭載など大規模な改修を受けている。

サン・ローラン級は本来、14隻という多数が建造される計画であったが、設計と建造は遅延した。カナダ海軍はこれを受けて、サン・ローラン級の建造を7隻で中止し、後期建造艦の7隻については、イギリス製の新しい高射砲であるヴィッカースMk.6 3インチ連装砲を搭載した改型とすることとした。ヴィッカースMk.6 3インチ連装砲[1]は70口径長であり、50口径長であるアメリカ製のMk.33 3インチ連装砲よりも発射速度は遅いが、長射程であった。本級は、サン・ローラン級が装備していた2基のMk.33 3インチ連装砲のうち、艦首のものをヴィッカースMk.6 3インチ連装砲に変更して建造された。また、サン・ローラン級での運用実績をもとに、上部構造物などにも改良が加えられている。

1960年代初頭、サン・ローラン級は艦後部に航空設備を設置する大規模な改修を受けて、ヘリコプター駆逐艦として生まれ変わった。しかしながら、このような小型の艦で哨戒ヘリコプターを運用することには前例がなく、十分な効果を得られる保証はなかった。このことから、本級はヘリコプター搭載改修を受けることはなく、代わりに、IRE (Improved RESTIGOUCHE)改修によりアスロックSUMの搭載などを行い、従来の護衛駆逐艦としての性能を向上させることとなった。また、1970年代後半には、さらにDELEX (Destroyer Life Extension Project)改修と呼ばれる近代化改修が実施され、ADLIPS(Automatic Data Link Plotting System) 戦術情報処理装置およびリンク 11を搭載した。

IRE/DELEX改修後の艦影(1983年)
湾岸派遣艦の艦影(1992年)

また、1990年から1991年にかけて、湾岸戦争の直前より行なわれたフリクション作戦に参加するために派遣された「レスティゴーシュ」(257)および「テラ・ノヴァ」(259)の2隻は、これに合わせて汎用艦としての改修を受けた。この改修により、アスロック発射機やリンボー対潜臼砲が撤去され、かわってハープーン SSMの4連装発射筒が2基搭載された。また、防空力強化のため、ジャベリン 携帯型艦対空ミサイルファランクス CIWSを搭載したほか、近距離で舟艇に対処するため、ブローニングM2 12.7mm重機関銃が随所に設置された。

なお、本級の1隻である「クートニー」(258)は、1969年に右舷のギア・ボックスが爆発するという事故を起こし、9名の死者を出した。これは、カナダ海軍が平時に経験した事故としては最悪のものである。

本級のうちの3隻は1974年に予備役に編入された。のこる4隻は運用を継続したが、後継となるハリファックス級フリゲートの就役開始に伴い、1994年から1997年までに全艦が退役した。

諸元表[編集]

新規建造時 IRE/DELEX改修後 湾岸派遣艦(257, 259)
排水量 満載: 2,800 t 満載: 2,900 t
全長 111.6 m 113.1 m
全幅 12.8 m
吃水 4.27 m
機関 バブコック・アンド・ウィルコックスボイラー×2基
イングリッシュ・エレクトリック蒸気タービン×2基 (計30,000 shp)
スクリュープロペラ×2軸
速力 28 kt
乗員 249名 214名
兵装 ヴィッカースMk.6 3インチ連装砲 ×1
Mk.33 3インチ連装砲 ×1 ボフォース 40mm単装機関砲 ×2
ファランクス 20mmCIWS ×1
ブローニングM2 12.7mm重機関銃 ×6
Mk.10 リンボー対潜迫撃砲 ×2 Mk.10 リンボー対潜迫撃砲 ×1 ジャベリン近接防空ミサイル
Mk.112 アスロックSUM 8連装発射機 ×1 ハープーン SSM 4連装発射筒 ×2
Mk.2短魚雷落射機×2 Mk.32 3連装短魚雷発射管 ×2
C4I CIC設置、音声リンクのみ ADLIPS 戦術情報処理装置 + リンク 11
レーダー AN/SPS-12 対空捜索用 SPS-502 対空捜索用
AN/SPS-10B 対水上捜索用 AN/SPS-10D 対水上捜索用
AN/SPG-48 砲FCS用×1 SPG-515 砲FCS用×1
スペリーMk.2 航法用 スペリーMk.127E 航法用
ソナー AN/SQS-10/11(捜索) SQS-505 複合(船底装備+可変深度)
162型(SQS-501; 目標識別)
170型(SQS-502; 攻撃)
FCS Mk.69 砲FCS
電子戦 DAU HF/DF装置 CANEWS 統合電子戦装置
AN/ULQ-6 ECM装置
ALR-74 脅威警報機

同型艦[編集]

艦番号 艦名 建造所 起工 進水 就役 退役
DDE 235 ショーディエール
HMCS Chaudiere
ビッカース
モントリオール
1953年
7月30日
1957年
11月13日
1959年
11月14日
1974年
5月23日
DDE 236 ガティノー
HMCS Gatineau
ハリファックス造船
ハリファックス
1953年
7月30日
1957年
11月13日
1959年
11月14日
1996年
5月24日
DDE 256 セント・クロイス
HMCS St. Croix
デイビー造船所
レヴィ
1953年
4月30日
1957年
6月3日
1959年
2月17日
1974年
11月15日
DDE 257 レスティゴーシュ
HMCS Restigouche
ビッカース
モントリオール
1953年
7月17日
1954年
11月22日
1958年
6月7日
1994年
8月31日
DDE 258 クートニー
HMCS Kootenay
バラード造船所
ノースバンクーバー
1952年
8月21日
1954年
6月15日
1959年
3月7日
1995年
11月18日
DDE 259 テラ・ノヴァ
HMCS Terra Nova
ビクトリア機械廠
ビクトリア
1953年
6月11日
1955年
6月21日
1959年
6月6日
1997年
7月11日
DDE 260 コロンビア
HMCS Columbia
バラード造船所
ノースバンクーバー
1952年
6月11日
1956年
11月1日
1959年
11月7日
1974年
2月18日

参考文献[編集]

関連項目[編集]