はまな (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
はまな
JS Hamana, -18 Dec. 2001 a.jpg
インド洋を航行中の「はまな」
基本情報
建造所 日立造船 舞鶴工場
運用者  海上自衛隊
艦種 補給艦
級名 とわだ型
母港 佐世保
所属 護衛艦隊第1海上補給隊
艦歴
計画 昭和62年度計画
発注 1987年
起工 1988年7月8日
進水 1989年5月18日
就役 1990年3月29日
要目
基準排水量 8,150トン
満載排水量 12,150 トン
全長 167.0m
最大幅 22.0m
深さ 15.9m
吃水 8.2m
機関 三井造船16V42M-A ディーゼル × 2基
出力 26,000PS
推進器 スクリュープロペラ × 2軸
速力 最大速 22ノット
乗員 145名
兵装 12.7mm機関銃M2 × 2丁
(分類上は小火器扱い)
レーダー OPS-28 対水上用
OPS-20 航海用
電子戦
対抗手段
Mk.137 デコイ発射機 × 4基
テンプレートを表示
フィリピン海で米揚陸艦トーテュガに洋上補給中の「はまな」 (2011年)

はまなローマ字JS Hamana、AOE-424)は、海上自衛隊補給艦とわだ型補給艦の3番艦。艦名は浜名湖に由来する。「AO-411 はまな」に続き日本の艦艇としては2代目。

艦歴[編集]

「はまな」は、中期防衛力整備計画に基づく昭和62年度計画8,100トン型補給艦4014号艦として、日立造船舞鶴工場で1988年7月8日に起工され、1989年5月18日に進水、1990年1月29日に公試開始、同年3月29日に就役し、自衛艦隊に直轄艦として編入され佐世保に配備された。

1994年6月24日護衛艦隊に直轄艦として編入された。

1996年5月19日、護衛艦「ひえい」、「たちかぜ」、「きりしま」、「やまぎり」、「ゆうぎり」、「せとぎり」、「さわぎり」、「うみぎり」、潜水艦「なつしお」とともに環太平洋合同演習RIMPAC96に参加する。

2000年5月15日、リムパック2000に参加するため、本艦を旗艦として護衛艦「くらま」、「しまかぜ」、「こんごう」、「むらさめ」、「はるさめ」、「ゆうだち」、「きりさめ」、「あさぎり」、潜水艦「なつしお」とともに横須賀基地を出港した。5月26日に真珠湾に寄港し5月30日から7月6日までハワイ周辺海域で演習に参加し、サンディエゴを回り、8月16日に横須賀へ帰投した。

2001年11月9日、第1次派遣海上補給支援部隊として、テロ対策特別措置法に基づき、護衛艦くらま」・「きりさめ」と共にインド洋に派遣された。12月、インド洋上でアメリカ海軍への燃料補給を開始し、2002年2月まで任務に従事し、3月16日帰国した。

同法に基づくインド洋への派遣は以後2007年7月まで、合計6回に及んだ。

2002年6月8日、第2次派遣海上補給支援部隊として、護衛艦「せとぎり」と共にインド洋へ。同年9月まで任務に従事し、11月26日帰国した。

2003年4月10日、第5次派遣海上補給支援部隊として、護衛艦「こんごう」と共にインド洋へ。6月4日、ドイツ海軍への燃料補給を開始し、同年7月まで任務に従事し、8月22日帰国した。

2004年8月10日、第10次派遣海上補給支援部隊として、護衛艦「きりしま」、「たかなみ」と共にインド洋へ。同年12月まで任務に従事、帰路の最中にスマトラ島沖地震の発生を受け、国際緊急援助隊派遣法に基づいてタイに派遣され、遺体収容等を行い、2005年1月10日帰国した。

2005年7月28日、第13次派遣海上補給支援部隊として、護衛艦「いかづち」と共にインド洋へ。以後、2隻派遣体制となる。同年11月まで任務に従事し、12月27日帰国した。

2006年4月3日、護衛艦隊隷下に第1海上補給隊が新編され編入された。

2007年3月15日、第18次派遣海上支援部隊として、護衛艦「すずなみ」と共にインド洋へ。同年7月まで任務に従事し、8月26日帰国した。インド洋に派遣中、4月26日アブダビ寄港中に安倍晋三内閣総理大臣が訪問している。

2008年7月24日には新テロ特措法に基づき、護衛艦「ゆうだち」と共にインド洋に派遣され、同年11月まで任務に従事し、12月21日帰国した。

現在、護衛艦隊第1海上補給隊に所属し、定係港は佐世保である。

歴代艦長[編集]

歴代艦長(特記ない限り1等海佐
氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考
1 柴田亮一 1990.3.29 - 1991.12.15 防大6期 はまな艤装員長 舞鶴地方総監部監察官
2 堀内洋治 1991.12.16 - 1992.12.20 防大9期 あさかぜ艦長 第1練習隊司令  
3 福田 武 1992.12.21 - 1994.5.9 くらま艦長 佐世保地方総監部監察官 就任時2等海佐
1993.7.1、1等海佐
4 佐野純弘 1994.5.10 - 1996.8.19 防大11期 護衛艦隊司令部 大湊地方総監部監察官 就任時2等海佐
1995.7.1、1等海佐
5 齊藤公則 1996.8.20 - 1998.3.31 防大9期 第1練習隊司令 東京業務隊
6 川俣洋二 1998.4.1 - 1999.10.28 防大14期 開発指導隊群司令部幕僚 佐世保地方総監部付
→1999.12.10
大湊基地業務隊司令
就任時2等海佐
1998.7.1、1等海佐
7 廣瀬美津男 1999.10.29 - 2001.4.1 防大17期 運用開発隊副長 横須賀地方総監部監察官
8 川原和仁 2001.4.2 - 2002.11.26 防大14期 佐世保基地業務隊補充部付 呉基地業務隊補充部付 2等海佐
9 間々田俊治 2002.11.27 - 2003.11.30 防大17期 海上幕僚監部監理部総務課 大湊海上訓練指導隊司令
10 深堀眞人 2003.12.1 - 2005.7.10 ふたみ艦長 佐世保海上訓練指導隊 2等海佐
11 瀬海豊年 2005.7.11 - 2007.1.14 防大20期 てんりゅう艦長   2等海佐
12 井元啓人 2007.1.15 - 2008.6.19 防大21期 海上自衛隊第1術科学校学校教官   2等海佐
13 大塚嘉徳 2008.6.20 - 2010.8.1   佐世保海上訓練指導隊副長
兼 指導部長 兼 指導部船務航海科長
佐世保基地業務隊付 2等海佐 
14 大仲和弘 2010.8.2 - 2012.7.31 防大27期 誘導武器教育訓練隊研究室長
兼 訓練科長
横須賀海上訓練指導隊 2等海佐
15 田畑浩一 2012.8.1 - 2013.9.12 防大25期 大湊地方総監部監察官 鹿屋航空基地隊付 2等海佐
16 川上司朗 2013.9.13 - 2014.7.31 海上自衛隊第1術科学校
主任教官 兼 研究部員
阪神基地隊 2等海佐
17 宮田敏邦 2014.8.1 - 2015.12.9 防大29期 舞鶴海上訓練指導隊副長 阪神基地隊付 2等海佐
18 加藤一郎 2015.12.10 - 2017.12.3 横須賀海上訓練指導隊副長
兼 指導部長
舞鶴海上訓練指導隊司令 就任時2等海佐
2016.7.1、1等海佐
19 秋元辰夫 2017.12.4 - 2018.5.20 防大31期 大湊地方総監部監察官 2等海佐
20 麻生康晴 2018.5.21 - 海上自衛隊幹部学校運用教育研究部
研究部員
海上幕僚監部指揮通信情報部
2等海佐

参考文献[編集]

  • 石橋孝夫『海上自衛隊全艦船 1952-2002』(並木書房、2002年)
  • 世界の艦船 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]