ラファエル・ペラルタ (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
USS Rafael Peralta sea trails.jpg
艦歴
発注 2011年9月26日
起工 2014年10月30日
進水 2015年11月1日
就役 2017年7月29日
退役
その後 就役中
要目
排水量 9,648 トン
全長 155.3 m (509 ft 6in)
全幅 20.1 m (66 ft)
吃水 9.4 m (31 ft)
機関 COGAG方式
LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基
可変ピッチプロペラ(5翔)×2軸
最大速 31ノット
航続距離 4,400 海里(20ノット時)
乗員 士官、兵員 380名
兵装 Mk.45 mod.4 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×1基
M2 12.7mm機銃 ×4挺
Mk.41 mod.15 VLS ×96セル
* スタンダードSM-2 SAM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 MH-60R×2機搭載可能
C4ISTAR NTDS mod.5 (リンク 11/16)
AWS B/L 9 (Mk.99 GMFCS×3基)
AN/SQQ-89A(V)15
センサ AN/SPY-1D(V) 多機能レーダー×4面
AN/SPS-67 対水上レーダー×1基
AN/SQS-53C(V)1艦首装備ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)3 ESM/ECM装置
Mk 36 SRBOC デコイ発射機
モットー

ラファエル・ペラルタ (英語: USS Rafael Peralta, DDG-115) は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の65番艦。艦名はイラク戦争中のファルージャの戦闘で2004年11月に数名の海兵隊員を手榴弾から庇って戦死し、海軍十字章を授与されたアメリカ海兵隊ラファエル・ペラルタ英語版海兵隊三等軍曹にちなむ[1]

艦歴[編集]

ラファエル・ペラルタはバス鉄工所にて建造され、2014年10月30日に起工、2015年11月1日に進水、2017年2月に海軍へ引き渡され、同年7月29日に母港となるカリフォルニア州サンディエゴ海軍基地にて就役した。

脚注[編集]

  1. ^ “Navy Names Five New Ships” (プレスリリース), アメリカ合衆国海軍, (2012年2月15日), http://www.navy.mil/search/display.asp?story_id=65361 2012年2月16日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]