ハワード (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
USS Howard DDG-83.jpg
艦歴
発注 1996年6月20日
起工 1998年12月9日
進水 1999年11月20日
就役 2001年10月20日
退役
その後 就役中
要目
排水量 9,648 トン
全長 155.3 m (509 ft 6in)
全幅 20.1 m (66 ft)
吃水 9.4 m (31 ft)
機関 COGAG方式
LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基
可変ピッチプロペラ(5翔)×2軸
最大速 31ノット
航続距離 4,400 海里(20ノット時)
乗員 士官、兵員 380名
兵装 Mk.45 mod.4 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×2基
M2 12.7mm機銃 ×4挺
Mk.41 mod.7 VLS ×96セル
* スタンダードSM-2 SAM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 MH-60R×2機搭載可能
C4ISTAR NTDS mod.5 (リンク 11/16)
AWS B/L 6 (Mk.99 GMFCS×3基)
AN/SQQ-89A(V)15
センサ AN/SPY-1D(V) 多機能レーダー×4面
AN/SPS-67 対水上レーダー×1基
AN/SQS-53C(V)1艦首装備ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)3 ESM/ECM装置
Mk 36 SRBOC デコイ発射機
モットー Ready for Victory

ハワード (英語: USS Howard, DDG-83) は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の33番艦。艦名はベトナム戦争の戦功で名誉勲章を受章したジミー・E・ハワード海兵隊曹長に因む。その名を持つ艦としては2隻目。

艦歴[編集]

ハワードは1998年12月9日メイン州バスバス鉄工所で起工し、1999年11月20日に進水、2001年10月20日に就役した。母港はサンディエゴであるが、母港に戻る際にフォート・ローズクランズ国立墓地の前を通過する。同墓地には艦名の由来となったハワード曹長が埋葬されており、乗員は敬礼を行う。

2004年9月11日スペイン海軍F-103 ブラス・デ・レソとともにミサイル発射試験を実施した。2007年2月16日には戦闘効率賞を受賞している[1]

2008年9月28日、ハワードはウクライナ貨物船ファイナ (Faina) を追求中であると報告を行った。ファイナはケニアに向かう途中の2008年9月25日にソマリア沖で海賊によって捕えられた。ファイナには33両のT-72戦車および弾薬と予備部品が積み込まれていた[2]。ファイナは結局2009年2月5日に海賊から解放された。

2009年5月8日にスコット・スウィッツアー中佐がカーティス・グッドナイト中佐に代わって6代目艦長に着任した[3]

参照[編集]

  1. ^ Surface Force Ships, Crews Earn Battle "E". US Navy. February 19, 2007.
  2. ^ US destroyer watching hijacked ship off Somalia. Associated Press via ABC news. September 27, 2008.
  3. ^ USS Howard Holds Change of Command Ceremony. ENS Jessica Kelz, USS Howard, PAO. Navy Compass. May 8, 2009

外部リンク[編集]