Mk 38 25 mm 機関砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Mk.38 機関砲システム(MGS)
Mk 38 25mm Machine Gun System.jpg
Mk.38 Mod 1機関砲システム
種類 艦砲/機関砲
原開発国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
運用史
配備期間 1986年-現在
配備先 採用国と搭載クラスを参照
開発史
開発者 マクドネル・ダグラス(Mod 0, 1)
ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズ(Mod 2)
開発期間 1977年
製造業者 NAVSEA CRANE(Mod 0, 1)
BAEシステムズ(Mod 2)
製造期間 Mod 0:1986年
派生型 Mod 0, 1:人力装砲, 手動照準
Mod 2:遠隔操作, 安定化
諸元
重量 0.57t
要員数 Mod 0, 1:1名
Mod 2:無人

口径 25mm口径/81口径長
銃砲身 単装
仰角 +55/-20度
旋回角 360°
旋回速度:手動
発射速度 175発/分
初速 1,100m/s
最大射程 6,800m
装填方式 ベルト給弾方式
照準 Mod 0,1:砲側照準
Mod 2:光学自動照準装置
テンプレートを表示

Mk 38 25 mm 機関砲(Mk 38 25ミリきかんほう、Mark 38 Machine Gun System)は、アメリカ海軍艦載機関砲システム。1門のM242 25mm機関砲とMk.88銃架から構成されており、また、Mod 2では光学照準装置も追加されている。

概要[編集]

1977年アメリカ海軍はそれまで使用していたMk.10 20mm機関砲およびMk.16 20mm機関砲の更新が必要であると考えるようになった。この時期までに、既に対空射撃能力に優れたMk.15 20mm CIWSが導入されていたことから、対水上射撃能力が重視されることとなった。この要求に基づいて開発されたMk.38 Mod 0の配備は1986年に開始された。

Mk.38で採用されたM242機関砲は、陸軍M2ブラッドレー歩兵戦闘車で既に採用されていたもので、外部動力によりチェーンを介して駆動させる、いわゆるチェーンガンである。発射速度は高くないが、信頼性に優れている優秀な機関砲である。

光学照準装置を備えたMk.38 Mod 2

初期のMod 0, Mod 1は簡素な人力操作式で、照準・操作の両方が砲側の射撃員によって行われる。現在では、イスラエルタイフーンシステムを元にした改良型のMod 2の配備が開始されている。Mod 1からの変化は給弾機構を改良し、電子照準装置測距装置を備え、砲塔を安定化して遠隔操作式となった。日本海上保安庁20mm RFSに類似した性格を持ち、艦艇から洋上の脅威(小型高速艇、機雷、沿岸の敵部隊など)に対して射撃を加えることができる。近年、特に洋上対テロ用途のため、戦闘艦艇・補助艦艇に幅広く搭載されている。

また、サイクロン級哨戒艇の主兵装として、Mk.96が開発された。遠隔操作式の砲塔は安定化されている。そのほか、発射速度を上昇させたMk.46 Mod 0というタイプが開発され、MH-60S ナイトホークヘリコプターに搭載されて空中から機雷を探知・撃破するRAMICS(Rapid Airborne Mine Clearance System)計画に使用される。

採用国と搭載クラス[編集]

 アメリカ海軍 ほぼすべての戦闘艦艇・補助艦艇

 アメリカ沿岸警備隊

 スペイン海軍

 フィリピン海軍

登場作品[編集]

テレビドラマ[編集]

ザ・ラストシップ
架空のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦ネイサン・ジェームズ」の搭載火器としてMod.2が登場。対空・対水上戦闘で使用される。撮影に使われているのは実物である。

ゲーム[編集]

WarRock
ハミナ級ミサイル艇に搭載されている。4番席に移動することでプレイヤー使用可能。

参考文献[編集]