ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ラファエル・アドバンスド・
ディフェンス・システムズ
企業形態 国有企業
業種 軍需産業, 航空宇宙
前身 HEMED,EMET,
ラファエル・アーマメント・ディベロップメント・オーソリティー
設立 1948年(69年前) (1948
本社 イスラエルハイファ
製品 ミサイル
その他各種兵器、電子機器など
売上高 増加$1.851 billion 米ドル (2010)
従業員数 約6,000人
子会社 RDC (RAFAEL Development Corporation)
ウェブサイト rafael.co.il
テンプレートを表示

ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズ(Rafael Advanced Defense Systems Ltd、(ヘブライ語: רפאל - מערכות לחימה מתקדמות בע"מ, )は、イスラエル軍事・防衛関連企業である。ラファエル社などと表記される事も多い。

ラファエル・アーマメント・ディベロップメント・オーソリティー(RAFAEL Armament Development Authority Ltd)の名称でも知られる。

"ラファエル"の名称は、ヘブライ語の"Authority for the Development of Armaments" - רשות לפיתוח אמצעי לחימה の頭文字を繋げた語になっている。

元々イスラエル軍、イスラエル政府に従属する兵器開発部門であったが、2002年株式会社化された[1]。その後もイスラエルの国有企業として国防省と協力し、各種兵器の開発を行っている。

概要[編集]

ラファエル社の起源は1948年第一次中東戦争時に編成されたイスラエル国防軍の技術部門(Science Corps, ヘブライ語の頭文字をとってHEMEDと呼ばれた)である。1952年ダヴィド・ベン=グリオン首相はScience Corps(HEMED)を二つのグループに分割する事とし、純粋な科学技術研究を行う部門をHEMEDとして継続させ、兵器開発を行う部門をResearch and Design Directorate(ヘブライ語の頭文字をとってEMETと呼ばれた)として分離した[2]

その後1954年に再度ベン=グリオン首相により、Research and Design Directorate(EMET)から Authority for the Development of ArmamentsRAFAEL)に改名され[3]1958年にはRafaelと表記されるようになった[4]

1990年代前半、ラファエル部門は損失を計上しており、このことから株式会社化して業務内容を改善させる事となった。2002年にラファエル・アーマメント・ディベロップメント・オーソリティー(RAFAEL Armament Development Authority Ltd)として株式会社化されたが、同時に国有企業でもあるという状態となっている。

2007年に、ラファエルの社名はラファエル・アーマメント・ディベロップメント・オーソリティーからラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズ(Rafael Advanced Defense Systems Ltd)に変更された。

製品[編集]

対空ミサイル[編集]

対地/対戦車ミサイル[編集]

その他[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ Dun & Bradstreet: Rafael Company Profile
  2. ^ The bomb is the basement, page 43
  3. ^ The bomb is the basement, page 113
  4. ^ Merdor, Monaya M. (1982). “Science Corps (Hemed)” (ヘブライ語). IDF in Its Corps: Army and Security Encyclopedia. Volume 17. Revivim Publishing. pp. 17–19. 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、ラファエル・アドバンスド・ディフェンス・システムズに関するカテゴリがあります。