リライアンス級カッター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リライアンス級カッター
USCGC Reliance WMEC 615.jpg
基本情報
種別 巡視船 (WPC)
→ 中距離用カッター (WMEC)
就役期間 1964年 - 現在
前級 アクティブ級英語版
次級 ベア級
要目
排水量 基準879トン / 満載1,050トン
全長 64.16 m (210 ft)
最大幅 10.36 m
吃水 3.25 m
主機 アルコ16V-251ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 5,000 bhp
速力 18ノット
航続距離 6,100海里 (14kt巡航時)
乗員 75名 (士官12名/下士官兵63名)
兵装 50口径76mm単装砲1基
 25mm単装機銃に後日換装
12.7mm単装機銃×2基
搭載機 HH-65救難ヘリコプター×1機
※露天係止
レーダー ・AN/SPS-23 対水上捜索用×1基
※AN/SPS-64, 73に後日換装
テンプレートを表示

リライアンス級カッター(リライアンスきゅうカッター、英語: Reliance-class cutter)は、アメリカ沿岸警備隊の保有する中距離用カッターMedium Endurance Cutter, WMEC)の艦級。当初は巡視船Patrol Craft, WPC)と称されていたが、1966年5月1日にWMECに種別変更された。その全長から、210フィート級とも呼ばれている[1][2]

設計[編集]

本級は、第二次世界大戦期に建造されたカッターの更新用として建造された。船型は長船首楼型、上部構造物は3層構造の背の高いもので、船橋は全周の視界を確保している。10,000トン以上の大きさの船を曳航することができる。アメリカ周辺海域において警備・救難任務を遂行するように設計されており、通常、1年の半分を哨戒任務に費やし、残る半分は艦の整備と乗員の休養に充てる。一回の哨戒は6~7週間に及ぶ[3]

当初、最初の4隻はCODAG構成の主機を搭載していた。これは、巡航機としてクーパー・ベッセマー社製FVBM12-Tディーゼルエンジン2基(計3,000 bhp)、加速機としてソーラー社製サターンT-100型ガスタービンエンジン2基(計2,000 shp)を用いるものであった[2]。しかし燃費が悪く、1986年から全艦に行なわれた改装の際に、5番艦以降と同様の純ディーゼル構成に変更された[4]

装備[編集]

レーダーとしては、当初はAN/SPS-23が搭載されていたが、1980年代にAN/SPS-64 2基に変更され、さらにその後AN/SPS-73に更新された[4]。また1984年から1998年にかけてMMA(Midlife Maintenance Availability)と称する改装が行われ、この際にベア級カッターに準じたC4Iシステム(SCCS-210)を搭載した[3]

比較的軽武装であるが、戦時には、AN/SQS-17ソナーヘッジホッグ対潜迫撃砲Mk.32 3連装短魚雷発射管、さらに追加の3インチ砲を搭載して、哨戒・護衛任務に就く予定であった。しかし冷戦終結後、この計画は放棄され、主兵装は、手動式の50口径76mm単装緩射砲(Mk.22 3インチ砲)から、より小口径だが近代的なMk.38 25mm単装機銃に変更された[4][5]。これらの追加装備は、結局、実際にカッターに搭載されたことはないと考えられている[3]

格納庫は持たないものの、船首楼甲板後端部はヘリコプター甲板とされており、露天係止で救難ヘリコプター1機を運用できる。なお最終船「アラート」は、アメリカ軍として初めてベアトラップ着艦拘束装置を設置しており、1969年より、HH-52Aヘリコプターによる試験が行われた[1]

同型艦[編集]

当初計画では30隻の建造が予定されていたが、実際の建造は16隻に留められた[2]

 アメリカ沿岸警備隊 退役/再就役後
# 艦名 就役 退役 再就役先 # 艦名
WMEC-615 リライアンス
USCGC Reliance
1964年6月  アメリカ沿岸警備隊で現役
WMEC-616 ディリジェンス
USCGC Diligence
1964年8月
WMEC-617 ヴィジラント
USCGC Vigilant
1964年10月
WMEC-618 アクティヴ
USCGC Active
1966年9月
WMEC-619 コンフィデンス
USCGC Confidence
1966年2月
WMEC-620 リゾリュート
USCGC Resolute
1966年12月
WMEC-621 ヴァリアント
USCGC Valiant
1967年10月
WMEC-622 カレイジャス
USCGC Courageous
1968年4月 2001年9月  スリランカ海軍 P 621 サムドラ
SLNS Samudura
WMEC-623 ステッドファスト
USCGC Steadfast
1968年9月  アメリカ沿岸警備隊で現役
WMEC-624 ドーントレス
USCGC Dauntless
1968年6月
WMEC-625 ヴェンチャラス
USCGC Venturous
1968年8月
WMEC-626 ディペンダブル
USCGC Dependable
1968年11月
WMEC-627 ヴィガラス
USCGC Vigorous
1969年5月
WMEC-628 デュラブル
USCGC Durable
1967年12月 2001年9月  コロンビア海軍 44 バジェ・デル・カウカ
ARC Valle del Cauca
WMEC-629 ディサイシヴ
USCGC Decisive
1968年8月  アメリカ沿岸警備隊で現役
WMEC-630 アラート
USCGC Alert
1969年8月

参考文献[編集]

  1. ^ a b John E. Moore, ed (1975). Jane's Fighting Ships 1974-1975. Watts. pp. 518-519. ASIN B000NHY68W. 
  2. ^ a b c Robert Gardiner, ed (1996). Conway's All the World's Fighting Ships 1947-1995. Naval Institute Press. pp. 632-633. ISBN 978-1557501325. 
  3. ^ a b c グローバルセキュリティー (2012年4月19日). “Reliance Class - 210-Foot Medium Endurance Cutter (WMEC)” (英語). 2014年12月7日閲覧。
  4. ^ a b c Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 913. ISBN 978-1591149545. 
  5. ^ アメリカ沿岸警備隊 (2014年11月17日). “Courageous, WMEC-622” (英語). 2014年12月7日閲覧。

関連項目[編集]