メテオロ級哨戒艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
メテオロ級哨戒艦
Rayo P42.jpg
基本情報
種別 哨戒艦
建造所 ナバンティア
運用者  スペイン海軍
就役期間 2011年 - 現在
前級 セルビオーラ級
要目
排水量 満載: 2,900 t
全長 93.9 m
最大幅 14.2 m
吃水 4.2 m
機関方式 CODOE方式
MTU 1163ディーゼルエンジン×2基
電動機×2基
スクリュープロペラ×2軸
出力 12,240 shp
速力 21ノット
航続距離 8,000海里 (12kt巡航時)
乗員 45名+便乗者20名
兵装76mm単装速射砲×1基
25mm単装機銃×2基
12.7mm機銃×2挺
搭載機 NH90ヘリコプター×1機
C4ISTAR 海軍戦術情報システム
(SCOMBAリンク 11/22)
レーダーARIES 対水上捜索用
電子戦
対抗手段
電波探知妨害装置
テンプレートを表示

メテオロ級哨戒艦スペイン語: Patrulleros clase Meteoro )は、スペイン海軍が運用している哨戒艦の艦級。計画名はBAM(Buques de acción marítima、海洋行動艦)[1]。第1バッチ4隻の建造費は4億8840万ユーロであった[2]

概要[編集]

船型としては長船首楼型を採用した。船楼甲板の後半分はヘリコプター甲板とされ、24.7m×13.5mの広さを確保した。その前方、上部構造物後部のハンガーにはNH90ヘリコプター1機を収容できる。また上部構造物中部両舷には複合艇が1隻ずつ収容されている。モジュール設計が導入されており、漁業監視や海上治安活動捜索救難人道援助海洋観測情報収集潜水作業支援海洋サルベージなど多様な活動に対応できる[1]

本級はアナーガ級(350トン)やバルセロ級(134トン)など哨戒艇の更新を目的として、まず2006年7月16日、最初の4隻が発注された。これらはラス・パルマス・デ・グラン・カナリアに配備される計画とされている。続いて2011年に、更に5隻が発注された。この第2バッチのうち1隻は対潜戦、また1隻は海洋観測任務に充当される予定である[1]

同型艦[編集]

艦番号 艦名 起工 進水 就役
P 41 メテオロ
Meteoro
2007年10月4日 2009年10月16日 2012年7月28日
P 42 ラーヨ
Rayo
2009年9月3日 2010年5月18日 2011年11月26日
P 43 レランパゴ
Relámpago
2009年12月17日 2010年10月6日 2012年2月6日
P 44 トルナード
Tornado
2010年5月5日 2011年3月21日 2012年7月19日
P 45 アウダス
Audaz
2016年4月29日 2017年3月30日
P 46 フロール
Furor
2016年4月29日 2017年9月8日

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. pp. 672-673. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ Ministerio de Defensa (2011年9月). “Evaluación de los Programas Especiales de Armamento (PEAs)” (Spanish). Madrid: Grupo Atenea. 2013年10月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年9月30日閲覧。

関連項目[編集]