ナバンティア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ナバンティア
Grupo Navantia
Logo Navantia.svg
種類 公開会社
本社所在地 スペインの旗 スペイン
マドリード ベラスケス通り132
設立 2005年
金融機関コード Logo Navantia.svg
事業内容 造船機械
営業利益 1億36.39千万ユーロ(2007)
純利益 2.9百万ユーロ(2007)
従業員数 5,632人(2007)
外部リンク http://www.navantia.es
テンプレートを表示

ナバンティア西:Navantia)は、スペイン造船会社。2005年にイサルが保有する特定の造船所およびその他を分離して海軍向け造船事業に特化した株式公開国営公社として設立された。

ナバンティアは業務提携者と密接に結び付く事により、研究開発を推し進めて最先端の製品やサービスを提供し、軍事的な国際的かつ高付加価値製品を提示している。

歴史[編集]

ナバンティアの歴史は、1730年にスペイン海軍船向けの設計修理を主とする軍事造船所をフェロルカルタヘナおよびサン・フェルナンドに設けた頃に起源を持つ。

1908年にこれらの造船所は海軍の一部組織に組み込まれ、マルゴルタ(Matagorda)とセスタオ(Sestao)の造船所も付属する事となる。スペイン内戦後に国家兵器廠から引き継いで1947年に公営造船会社バサン(Bazán)が構成される。バサンは外国の技術に依存したうえで造船会社として成立する。その後、バサンは顧客需要の変化に対応するために独自技術の発展を模索する。

2000年にバサンは公営造船グループを吸収合併して国営造船会社イサル(IZAR)が設立されたが、商船部門への政府補助が欧州連合の競争政策に違反するとされ、2005年3月にイサルは経営合理化のために軍事部門、民間部門の分離が図られ、この内の軍事造船部門がナバンティアとして新しく誕生する。

現在は最新鋭のイージスシステム搭載フリゲートスコルペヌ型潜水艦の開発や大型強襲揚陸艦の建造が可能な技術水準を持つに至る。

生産拠点[編集]

新規建造、改造・改装、保守点検および修理。
新規建造、改造・改装、保守点検および修理。
最新設備。
  • カルタヘナ造船所
機関工場。機械工場、組立ラインや試験台、熱処理施設および研究施設。潜水艦や特殊船などの建造。

建造実績[編集]

2008年時点での建造実績と2015年までに予定されている計画および契約分。

脚注[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

  • (スペイン語)Navantiaナバンティア