マルケス・デ・ラ・エンセナダ (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マルケス・デ・ラ・エンセナダ
Auxiliary ship A-11 Marques de la Ensenada CPH.jpg
基本情報
建造所 バサン
艦種 給油艦
艦歴
発注 1988年12月
起工 1989年11月16日
進水 1990年5月10日
就役 1991年3月6日
退役 2012年1月31日
要目
満載排水量 13,380 t
全長 123.21 m
最大幅 19.5 m
吃水 7.15 m
主機 MAN/バサン 18V40/50Aディーゼルエンジン×1基
出力 11,247 kW (15,082 hp)
推進器  スクリュープロペラ×1軸
速力 16ノット
航続距離 10,000 海里 (15kt巡航時)
乗員 80名
兵装12.7mm機銃×2挺
搭載機 SH-3Dヘリコプター×1機
テンプレートを表示

マルケス・デ・ラ・エンセナダSPS Marqués de la Ensenada、A-11)は、スペイン海軍が運用していた給油艦である。

概要[編集]

本艦は、1988年に退役した「テイデ」の後継として、1988年12月に発注された。これは、オランダとの共同開発が進められていた次期補給艦(後のパティーニョ級)が竣工するまでの暫定的な措置であったことから、予算節約のために商船構造、商船用エンジンが採用された。

貨油7,487トン、航空燃料(JP-5)1,746トン、ドライカーゴ120トンを搭載できる[1]。また病床5床などの医療設備も備えている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Bernard Prezelin (1990). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 1990-1991. Naval Institute Press. p. 481. ISBN 978-0870212505 
  2. ^ グローバルセキュリティー (2013年1月25日). “Fleet Oiler "Marqués de la Ensenada"” (英語). 2015年2月9日閲覧。

関連項目[編集]