テイデ (補給艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
A-11 テイデ
基本情報
建造所 バサン造船所
運用者  スペイン海軍
艦種 給油艦(Petrolero auxiliar de flota)
艦歴
就役 1956年
退役 1988年
要目
満載排水量 8,190トン
全長 117.5m
最大幅 14.8m
吃水 6.9m
機関 マルチプル・ディーゼル
主機 ディーゼルエンジン×2基
推進 スクリュープロペラ、1軸推進
出力 3,360 shp
速力 12ノット
乗員 100名
搭載能力 貨油:5,300 m3[1]
兵装 ※戦時下での搭載予定兵装
127mm砲×1門
ボフォース40mm/L70機関砲×2門
エリコン 20mm2連装機関砲×2基[1]
テンプレートを表示

テイデスペイン語: SPS Teide)とは、スペイン海軍給油艦である。本艦は第二次世界大戦後に建造された最初の補給艦である。

ペナントナンバーは就役当初はBP-11であったが、1980年にAP-11に変更され、1986年にA-11に再度変更された[1]

1988年に退役し、後継としてマルケス・デ・ラ・エンセナダが就役した。

参考文献・サイト[編集]

関連項目[編集]

同時期(1950年代)に建造された、諸外国海軍の補給艦