NH90 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

NH90

NH90 NFH

NH90 NFH

NH90は、ヨーロッパの航空機メーカー、NHインダストリーズ(NHI)が製造した軍用ヘリコプターフランスドイツオランダイタリアの4カ国によって共同開発した。

北大西洋条約機構(NATO)の次期汎用ヘリコプターとして計画されたものである。各国が自国企業を1社ずつ参加させることとなり、フランスのアエロスパシアル・ドイツのDASA・オランダのフォッカー・イタリアのアグスタが出資して、NHインダストリーズが設立された。当初はイギリスも参加を打診していたものの、後に脱退した。また、仏独企業は後にユーロコプターとなる。

機体構成[編集]

当初より陸軍向けの戦術輸送型TTH90海軍向けの艦載型NFH90が計画され、同時に開発された。

NH90はNATO軍の標準的な汎用ヘリコプターとして、安全性・信頼性・整備性・実用性に重点を置いて設計され、5機の試作機が製造された。

試作初号機は1995年12月18日、試作2号機が1997年3月19日にそれぞれ初飛行し、試作3号機は1998年11月27日、試作4号機が1999年5月31日、試作5号機も同年12月22日に初飛行している。NH90の飛行試験では、2300時間の飛行時間のうち、半分近くがフライ・バイ・ワイヤのみによる飛行が行われた。量産初号機はドイツのユーロコプター・ドイツ社の工場で組み立てられ、2004年5月4日に初飛行した。プログラム参加国へのNH90の引き渡しは2005年から開始されている。

NH90は戦術輸送型(Tactical Transport Helicopter)と海軍型(Nato Frigate Helicopter)の2タイプがある。TTHは兵員14~20名の搭載能力を持ち、全天候での匍匐(NOE)飛行が可能である。NFHは4時間の航続性能と大容量の兵装搭載能力を持つ。

NH90 TTH

NH90のメインローターハブはチタニウム製で、エラストメリック・ベアリングを持ち、4枚の複合ブレードを備える。テイルローターはベアリングレスの4枚ブレードで、NFHの場合はメインローターと尾部パイロンに折り畳み機構が備えられている。操縦系統は4重のフライ・バイ・ワイヤで、自動操縦装置(AFCS)が装備されているため、これと組み合わせることによって手放しでも操縦可能であり、パイロットはほとんど操縦操作に気を取られることなく任務に集中できるようになっている。

胴体は複合材料製で、耐腐食性も高い。NBC兵器に対しても高い防御力を持ち、ステルス性も備える。また、耐衝撃力も強く、可動部品やシステムは高い安全性を持つ。後部胴体は、軽車両や重火器の搭載に使用するランプ・ドアの設置が選択でき、TTHでは標準的に設置されているが、NFHでは非設置となっている。

コクピットは完全なグラスコックピット仕様で、照明も暗視ゴーグル対応型。ヘルメット装着式照準器にも対応しており、戦術管制および戦術通信システム、デジタル・マップ、気象レーダーも装備している。

エンジンはチュルボメカ社、ロールス・ロイス社、MTUエアロ・エンジンズ社が共同開発したRTM322ターボシャフトエンジンを双発搭載しているが、ゼネラル・エレクトリックT700-86E1エンジンの搭載も可能である。

開発経緯[編集]

1980年代

イギリス、フランス、ドイツ、イタリア、オランダの5ヶ国は、北大西洋条約機構(NATO)軍の次期輸送ヘリコプターの共同開発を決定し、アエロスパシアル社、DASA社、アグスタ社、フォッカー社が開発担当メーカーに選ばれた。

1987年

イギリスは、より大型で汎用性の高いアグスタウェストランド AW101の採用を決定したため、プログラムから脱退した。

1992年8月

各メーカーの共同出資でNHインダストリー社が設立され、機体名もNH90と命名された。同年9月1日には4ヶ国の政府を代表する統合機関NAHEMA(NATO Management Agency)とNHインダストリー社との間で開発契約が結ばれ、プログラム参加国が提供する資金でNH90を先のメーカー4社で製造することとなった。

2000年6月8日

プログラム参加4ヶ国でNH90量産化合意の調印がなされ、4ヶ国合計で298機が発注された。

2001年6月21日

ポルトガルがプログラム参加を表明している。

採用国[編集]

NH90の引渡しはプログラム参加国を優先して行われているが、参加国以外でも2001年9月にスウェーデンフィンランドノルウェー北ヨーロッパ諸国で相次いで採用を決め、これにギリシャベルギースペインオマーンオーストラリアなどが続いて採用を決定している。ポルトガルも導入を計画していたが、2012年7月に導入計画を取りやめている[1]

日本海上自衛隊SH-60Jの後継機としてAW101と共にNH90が有力視されていたが、NH90を生産するエアバス・ヘリコプターズが「競争する環境にない」として提案を見送り[2]、最終的にはSH-60Kの能力向上型が選定された。

フランスの旗 フランス

ドイツの旗 ドイツ

イタリアの旗 イタリア

2017年2月にIFFモード5に対応するための1100万ユーロの契約をレオナルドと結んでいる[3]

オランダの旗 オランダ

スペインの旗 スペイン

オーストラリアの旗 オーストラリア

サウジアラビアの旗 サウジアラビア

ベルギーの旗 ベルギー

フィンランドの旗 フィンランド

ギリシャの旗 ギリシャ

ニュージーランドの旗 ニュージーランド

ノルウェーの旗 ノルウェー

オマーンの旗 オマーン

スウェーデンの旗 スウェーデン

性能・主要諸元[編集]

NH90 orthographical image.svg

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]