AN/SQQ-89

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
SQQ-89(v)2の操作コンソール
SQQ-89(v)15の操作コンソール。標準的なUYQ-70が採用されている

AN/SQQ-89は、水上艦装備の統合対潜システム(ASWCS:ASW Combat System)。ゼネラル・エレクトリック(現ロッキード・マーティン)社によって開発されたもので、目標の探知・識別と攻撃を担当し、対潜戦を飛躍的に自動化する。

概要[編集]

AN/SQQ-89は、しばしば「イージスシステムの対潜版」として紹介される。実際、対潜戦における意義としては、本システムはまさにイージスシステムに匹敵するブレークスルーであったと言える。

しかし、実際には、イージスシステムが意思決定機能を包括した武器システムとして開発されたのに対し、本システムは、デジタル化による音響処理・情報処理の統合と水中攻撃指揮システム(UBFCS)との連接を主眼として開発されていることから、開発コンセプトにおいて大きな差がある。

来歴[編集]

1960年代末から1970年代にかけて、仮想敵であったソビエト連邦軍における潜水艦の原子力推進化と潜水艦発射対艦ミサイル(USM)の配備に対処するため、アメリカ海軍は、対潜作戦のパッシブ・オペレーション化による交戦距離の延伸を志向していた。パッシブ・オペレーションにおいては、艦装備のソナーのほか、艦載多目的ヘリコプター(LAMPS)および艦装備の戦術曳航ソナー(TACTASS)が重要なセンサーとなるが、潜水艦捜索海面の広域化に伴い、これら各センサーの探知情報を統合する必要性が増大した。

SQQ-89の開発は、これに応じて、ASW-CSI(対潜戦闘システム統合)計画のもとで開始された。SQQ-89 RおよびDの開発は1976年に開始され、コンセプト開発は1979年に完了した。1981年にはジェネラル・エレクトリック社に対して全規模開発が発注され、1986年1月より、スプルーアンス級駆逐艦の「ムースブラッガー」の艦上にて運用試験が開始された。

構成[編集]

本システムの基本的な構成は、下記のようなものである。

最初に開発されたSQQ-89(V)1は、駆逐艦または巡洋艦に搭載されるもので、船体装備ソナーとしては、艦首装備で大出力のAN/SQS-53を、水中攻撃指揮装置としてはMk.116 mod 5を使用していた。SQS-53とTACTASSは、それぞれが探知したデータをMk.116に送ると同時に、4基のOJ-452/UYQ-21音響表示装置にも転送していた。

一方、次に開発されたSQQ-89(V)2は、フリゲート向けの簡素版であり、船体装備ソナーとして、より小型のAN/SQS-56を採用したほか、UYQ-21も2基に減っている。(V)2では、TACTASSとLAMPS Mk IIIが2つの主要なセンサーと位置づけられており、それぞれ1基ずつのUYQ-21が割り当てられている。その後、(V)2は、タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の初期型にも搭載された。

SQQ-89の初期型においては、それぞれのサブシステムは、固有の処理装置としてUYS-1を有していた。これらは、それぞれが操作用にUYQ-21端末を有しており、UYK-20 コンピュータとOJ-190/UYQ-21それぞれ1基を介して、SQQ-89に対して情報を入力している。

Mk.116 水中攻撃指揮装置(UBFCS)は、いわゆる射撃指揮装置(FCS)であるが、武器管制装置としての機能も有している。ただし、目標の脅威度判定の機能を持たなかったため、現代の艦載戦術C4Iシステムに求められるTEWA機能(目標判定および武器割当)までには至らなかった。このため、のちに、目標の脅威度判定を担当するAN/USQ-132 TDSSが導入された。また、TDSSは、SQQ-89とJOTSとの接続も担当した。

なお、本システムの名称は、当初はSQQ-39となる予定であったが、ミスタイプによってSQQ-89となったと言われている。


参考文献[編集]

関連項目[編集]