バリー (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
US Navy 050402-N-6363M-034 Waves crash over the bow of the Arleigh-Burke-class guided missile destroyer USS Barry (DDG 52) as she plows through heavy seas while underway in the Mediterranean Sea.jpg
艦歴
発注 1987年5月26日
起工 1990年2月26日
進水 1991年5月10日
就役 1992年12月12日
退役
要目
排水量 満載: 8,362 トン
全長 153.9 m (505 ft)
全幅 20.1 m (66 ft)
吃水 9.4 m (31 ft)
機関 COGAG方式
LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基
可変ピッチプロペラ(5翔)×2軸
最大速 31ノット
航続距離 4,400 海里(20ノット時)
乗員 士官、兵員 337名
兵装 Mk.45 mod.2 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×2基
M2 12.7mm機銃 ×4挺
Mk.41 mod.2 VLS ×90セル
* スタンダードSM-2 SAM
* スタンダードSM-3 ABM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能
ハープーンSSM 4連装発射筒×2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 ヘリコプター甲板のみ, 格納庫なし
C4ISTAR NTDS mod.5 (リンク 11/16)
AWS B/L 5 (Mk.99 GMFCS×3基)
AN/SQQ-89
センサ AN/SPY-1D 多機能レーダー×4面
AN/SPS-67 対水上レーダー×1基
AN/SQS-53C艦首装備ソナー
AN/SQR-19 曳航ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)2 ESM装置
Mk.36 mod.12 デコイ発射装置
その後 就役中
モットー Strength and Diversity

バリー英語: USS Barry, DDG-52)は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の2番艦。艦名はジョン・バリー(John Barry)に因む。その名を持つ艦としては4隻目。

艦歴[編集]

ミシシッピ州パスカグーラインガルス造船所で建造され、バージニア州ノーフォークが母港。1番艦アーレイ・バーク建造後に行われた、燃料補給やヘリコプター運用などのいくつかの改修は本艦以降全ての艦に実施された。

バリーは数多くの賞を受賞し、特にバッテンベルク・カップは1994年、1996年、1998年と三度受賞した。そのため90年代後半には「バッテンベルク・バリー」の愛称で呼ばれることとなった。更に Battle E を四度受賞、ゴールデン・アンカー及びシルバー・アンカーも受賞している。

2004年には大西洋艦隊で最も改善された艦としてアーレイ・バーク・フリート・トロフィーを受賞した。

2004年、バリーはニューヨークで行われたフリート・ウィークに参加した。

2016年3月14日、アメリカのアジア重視戦略「リバランス」の一環により配備先の横須賀基地に到着した。2017年までに第7艦隊に追加配備が計画されているイージス艦3隻のうち3隻目。※2016年1月6日(米海軍公式日2016.1.12)メイポート基地移動のラッセン(USS USS Lassen, DDG-82)と入れ替わり配備となり第7艦隊のイージス艦総数は11隻。 [1]

DDG-52という初期建造艦であるものの最新イージス・システムベースライン9をアップデート搭載しており、従来では対処できなかった複数かつ発射角度の違う弾道ミサイルを同時に迎撃可能な能力を有している。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ NORFOLK (Jan. 12, 2016)Barry will replace guided-missile destroyer USS Lassen (DDG 82), which recently departed Japan after 10 years of forward-deployed duty. After completing her last patrol in the Western Pacific this summer, Lassen will arrive in Mayport, Florida, her new homeport. "[1]"

外部リンク[編集]