ラブーン (ミサイル駆逐艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
US Navy 100209-N-4774B-016 The guided-missile destroyer USS Laboon (DDG 58) pulls alongside the Nimitz-class aircraft carrier USS Carl Vinson (CVN 70) during a refueling-at-sea.jpg
艦歴
発注 1988年12月13日
起工 1992年3月23日
進水 1993年2月20日
就役 1995年3月18日
退役
その後 就役中
要目
排水量 満載: 8,362 トン
全長 153.9 m (505 ft)
全幅 20.1 m (66 ft)
吃水 9.4 m (31 ft)
機関 COGAG方式
LM 2500-30ガスタービンエンジン (27,000shp) ×4基
可変ピッチプロペラ(5翔)×2軸
最大速 31ノット
航続距離 4,400 海里(20ノット時)
乗員 士官、兵員 337名
兵装 Mk.45 mod.2 5インチ単装砲 ×1基
Mk.38 25mm単装機関砲 ×2基
Mk.15 20mmCIWS×2基
M2 12.7mm機銃 ×4挺
Mk.41 mod.2 VLS ×90セル
* スタンダードSM-2 SAM
* スタンダードSM-3 ABM
* ESSM 短SAM
* VLA SUM
* トマホークSLCM
などを発射可能
ハープーンSSM 4連装発射筒×2基
Mk.32 3連装短魚雷発射管×2基
艦載機 ヘリコプター甲板のみ, 格納庫なし
C4ISTAR NTDS mod.5 (リンク 11/16)
AWS B/L 5 (Mk.99 GMFCS×3基)
AN/SQQ-89
センサ AN/SPY-1D 多機能レーダー×4面
AN/SPS-67 対水上レーダー×1基
AN/SQS-53C艦首装備ソナー
AN/SQR-19 曳航ソナー
電子戦 AN/SLQ-32(V)2 ESM装置
Mk.36 mod.12 デコイ発射装置
モットー Without Fear

ラブーン (英語: USS Laboon, DDG-58) は、アメリカ海軍ミサイル駆逐艦アーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦の8番艦。艦名は第二次世界大戦中に潜水艦「SS-265 ピート」の乗組員として不時着水した飛行士救助で英雄的功績を残し、銀星章を授与されたジョン・フランシス・ラブーン従軍牧師(階級は海軍大尉)に由来する。

艦歴[編集]

「ラブーン」は、バス鉄工所で1992年3月23日に起工し、1993年2月20日進水、1995年3月18日にダグラス・D・マクドナルド海軍中佐の指揮下で就役した。

1996年秋、アーレイ・バーク級駆逐艦として初となるトマホーク巡航ミサイルイラクの目標に向けて発射する。

1998年に「ラブーン」は強襲揚陸艦「LHD-1 ワスプ」を基幹とする水陸両用即応群と共に北大西洋条約機構の演習であるダイナミック・レスポンス98に参加している。

2012年9月、南欧地域のミサイル防衛任務中であった「ラブーン」はギリシャクレタ島に寄港中のところ、同月11日の在リビア米国領事館襲撃事件を受けて翌9月12日に「不測の事態」に備え、別海域を航行中であった「DDG-74 マクファール」と共にリビア沖へ派遣を命ぜられる[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]