Mk 45 5インチ砲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mk.45 Mod.2

Mk 45 5インチ砲は、5インチ(127mm)L54 Mark 19 砲とMark 45 砲塔からなるアメリカ海軍の先進的な艦載砲で、正式には5インチ Mk 45 54口径軽量砲(5-inch Mark 45 54-caliber lightweight gun)であるが、発展型Mod 4(Modification 4)は62口径である。対空戦闘、軍艦や沿岸への艦砲射撃などの用途を想定して設計されている。

概要[編集]

1960年代Mk 42 5インチ砲の代替として、より新しく、より軽量で、そして、よりメンテナンスの容易な艦砲を求められ開発が始まった。アメリカ海軍では、Mk 45はMk 86 射撃管制システム、あるいはMk 160 射撃管制システムが使われている。第二次世界大戦以前からアメリカ海軍で5インチは標準的な口径であった。

アメリカ海軍の艦船には砲塔と船体の構造間にガン・マウントと呼ばれるシステムが介在しており、Mk 45 砲塔のガン・マウントは自動装填で装弾数は20発である。Mk 45 砲塔自体は無人化されており、完全な自動管制のもとで射撃がなされる。そして、最大発射速度で20発を使い果たすのに1分少々かかる。その後の射撃に備えて、ガン・マウントは甲板下で3名のオペレーターによって砲弾の供給がなされる。

イギリス海軍4.5インチ マーク 8 艦砲に比べ発射速度では劣っているものの、より重い砲弾を発射できる。そして、その砲弾にはより多くの炸薬をつめることができるため、対空・対地戦闘にも効果がある。

アメリカ海軍の最新制式採用型のMod 4は、対地攻撃も重視し砲身長が62口径まで延長された[1]。射程も24kmから37kmへと伸びている[1]海上自衛隊の新鋭艦、あたご型あきづき型にも制式採用され搭載されている[1]

派生型[編集]

Mod 2
Mod 4
Mod 0
機械式信管調定装置を使用。分割できる砲身で、交換が可能。
Mod 1
Mod 0の機械式信管調定装置を電子式信管調定装置に変更。単一な構造の砲身で、Mod 0の約2倍に相当する寿命をもつ。
Mod 2
Mod 1の国外輸出向け。後にアメリカ海軍でも使用される。
Mod 3
新型の管制システムを取り入れたが、生産されなかった。
Mod 4
砲身を延長(62口径)し、砲口初速を増して対地攻撃力を上げた。


諸元・性能[編集]

出典: BAE SYSTEMS (2012年). “MK 45 Naval Gun System brochure (PDF)”. 2013年6月7日閲覧。

諸元

  • 種別: 艦載型後装式ライフル砲
  • 口径: 127mm(5インチ)
  • 砲身:
    • Mod 2: 54口径(6.858m; ライフリング: 5.82m, 寿命: 8,000発)
    • Mod 4: 62口径(7.874m; ライフリング: 6.836m, 寿命: 7,000発)
  • 重量: Mod 2: 21.691t, Mod 4: 28.924t
  • 全長: Mod 2: 8.992m, Mod 4: 10.008m
  • 砲員数: 6名(甲板上・砲塔内配置は無し)

性能

  • 俯仰角: 65/-15度
  • 旋回角: 中央を中心に170度
  • 砲口初速: Mod 2: 762.0m/s, Mod 4: 1051.6m/s
  • 最大射程: Mod 2: 24.1km, Mod 4: 37km
  • 発射速度: 16-20発/分

砲弾・装薬

  • 弾薬: 31.75kg

運用史

  • 開発国: アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
  • 生産期間:
    • Mod 0: 1971年~
    • Mod 1: 1980年~
    • Mod 2: 1988年~
    • Mod 4: 2000年~


採用艦艇[編集]

 アメリカ海軍

 オーストラリア海軍

Naval Ensign of Japan.svg 海上自衛隊

 韓国海軍

 ギリシャ海軍

 スペイン海軍

 タイ海軍

 中華民国海軍

 デンマーク海軍

 トルコ海軍


脚注[編集]

  1. ^ a b c d 飛躍的な性能向上!軍艦の大砲,多田智彦,軍事研究 2014年2月号,P40-53,株式会社ジャパン・ミリタリー・レビュー

外部リンク[編集]