漢級原子力潜水艦領海侵犯事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
1993年に撮影された漢型原子力潜水艦(405号艦)

漢級原子力潜水艦領海侵犯事件(ハンきゅうげんしりょくせんすいかんりょうかいしんぱんじけん)は、2004年平成16年)11月10日に発生した中国人民解放軍海軍漢型原子力潜水艦石垣島周辺海域を領海侵犯した事件である。日本政府は、海上自衛隊創設以来2度目となる海上警備行動を発令した。

経過概要[編集]

日本の領海を侵犯し石垣島多良間島の間を通過
海上自衛隊のP-3C哨戒機はアクティブソノブイなどを投下して領海侵犯した潜水艦を探索した

2004年(平成16年)10月中旬、中国の北海艦隊青島海軍基地から漢(ハン)級原子力潜水艦が出港した。潜水艦は、青島から沖縄本島に向かってまっすぐ進み、上海と沖縄本島との中間点付近で針路を南方に取り、10月中旬に宮古島付近を通過してフィリピン海に出た。そして、宮古島南方海域でグアム島に向けて針路を取り、沖ノ鳥島近海を通過して11月上旬にグアム島に達した。その後、潜水艦はグアム島沖150km地点で島の周りを1周して帰路に就いた。

この潜水艦の動きは、出港直後からアメリカ軍により衛星偵察機によって探知されており、青島沖からはアメリカ海軍原子力潜水艦により追尾され、アメリカ海軍と海上自衛隊哨戒機からのパッシブソノブイ投下により、常時監視されていた。

帰路は、往路のさらに南方海域をフィリピンルソン島に向かって西進し、ルソン島はるか西方で北北西に針路を取る。

11月8日深夜、潜水艦は石垣島に向かってまっすぐ針路を取った。海上自衛隊は、共に潜水艦の監視を行っていた台湾海軍から先島諸島に向かって進行中との通報を受け、海上保安庁とともに潜水艦の大掛かりな追尾を開始した。海上自衛隊は、P-3C哨戒機によるパッシブソノブイ投下し追尾体制に入った。さらに、護衛艦くらま」「ゆうだち」(両艦とも佐世保基地所属)を現場海域に派遣し、無線による警告を行った。同時に、中国政府に船舶の問い合わせを行ったが、中国政府から何の返答もなかったことから、国籍不明潜水艦として対応することになった。

11月10日午前4時、潜水艦は警告を無視するように北北西に進み、石垣島南南東33kmで北に転針する。P-3Cはアクティブソノブイの投下を開始し、潜水艦の正確な位置を特定しつつ追跡を行った。

11月10日午前5時40分、海上自衛隊の護衛艦は警告のため大出力ソーナーをパッシブモード(音波受信専用)からアクティブモード(探信音送受信モード)に変更し、精密測的と領海侵犯に対する警告を開始した。

11月10日午前6時55分、石垣島は日の出を迎えた。ソーナーの探知座標上に水上物体はなく、まっすぐ航走を続けていることから潜水艦であると断定された。このとき海上保安庁の航空機からうっすらと海面に見える艦影が撮影されている。また、海上保安庁は付近の航行船舶に対し、航行警報を出し注意を呼びかけた。

11月10日午前5時48分から7時40分にかけて、潜水艦は潜航したまま石垣島多良間島間の日本国の領海侵犯をした。これは潜行中の潜水艦の領海内の航行が無害通航に該当しないからである。

午前8時45分に防衛庁から海上警備行動が発令された。これは目標がさらに北上し尖閣諸島付近の領海を再度侵犯する恐れが生じたためである。

午後9時海上自衛隊の護衛艦と、SH-60J哨戒ヘリコプター3機のディッピングソナーは潜水艦をソーナーで探知した。ただし、このとき警告爆撃などは行わなかった。潜水艦は、東シナ海に出てから針路を複雑に変更し、デコイ(おとり)の射出やエンジン停止を行うなどして必死に追跡をかわそうとしたが、潜水艦の行動は、ほぼ完璧にマークされていた。

11月12日午前7時10分、潜水艦は沖縄本島の北西約480kmで日本の防空識別圏をでたが、護衛艦、SH-60J、P-3Cは針路を見定めるため追尾を継続する。

11月12日午後1時海上自衛隊はソーナーをアクティブモードからパッシブモードに変更し、追尾を継続する。アクティブモードでの追尾は約55時間に及びこの間は潜行状態であり続けたため、原子力潜水艦と断定された。

11月12日午後5時50分、針路上中国海軍の原子力潜水艦と判断でき、かつ再度領海侵犯の恐れがなくなったことから、防衛庁長官と統合幕僚会議議長らの防衛会議を行った。潜水艦が上海沖に達したため、海上自衛隊は追尾を中止、海上警備行動を終了した。

町村信孝外務大臣は、潜水艦の航跡や音紋、海上保安庁航空機が撮影していた潜水艦の写真の分析から、国籍不明潜水艦が中国海軍所属の漢級原子力潜水艦と判断し、中華人民共和国特命全権大使程永華外務省に呼び出し抗議した。程永華は「調査中につき抗議は受け入れがたい。」と答えた。

11月16日未明に、当該潜水艦は青島海軍基地に入港し、艦長は北海艦隊司令部で事情聴取を受けた。同日11時、武大偉中国外務次官は「調査の結果中国の原子力潜水艦と確認した。事件の発生を中国として遺憾に思う。通常の訓練の過程で、技術的原因から石垣水道に誤って入った。」と釈明した。

11月19日台湾の陳水扁総統は、「原子力潜水艦の関連情報を事前に日本とアメリカに提供した。」と服部礼次郎交流会長に語った。

各国の対応[編集]

日本[編集]

日本は、潜水艦を完璧にマークすることには成功したものの、海上警備行動発令のタイミングが遅れ、潜航したまま30分も領海侵犯されながら、その間必要な対処が出来なかったことが問題になった。事前に、海上保安庁単独では対応できない水中航行する潜水艦と判明していたにもかかわらず、国土交通省防衛庁との間の調整と政治決断に時間がかかり過ぎたためである。本件の経過を受け、潜水艦のように明らかに海上保安庁では対応不能な不審船事案に関しては、最初から海上自衛隊が対処するよう運用が改められた。

また、当初より漢級原子力潜水艦とわかっていても最終的な音紋特定に時間がかかり、正式に抗議したのは事件の数日後になったことから、情報確定の困難さ、有事体制発動遅延の可能性が浮き彫りになった。また、原子力潜水艦である以上は非核三原則における「核兵器の持ち込み」についての疑問があったが、この点では問題とはならなかった。

この事件に関して、稲嶺惠一沖縄県知事を始め、沖縄県内の首長による中国政府への抗議声明は特になく、下地島空港の地元である旧伊良部町(現宮古島市)の一部住民を憤慨させた。翌2005年(平成17年)3月16日、町議会において、下地島空港への自衛隊誘致の請願が可決された。結局、この請願は反対意見の噴出により白紙撤回された。

中国[編集]

中華人民共和国外交部の報道官が、技術的な問題により誤って侵入したとして遺憾の意を表明し、問題は適切な解決をしたとした。しかし、翌日の主要紙では、外交部の報道官のこの問題に対しての質疑応答部分が削除され掲載された。

事件の背景[編集]

中国人民解放軍が設定した第一列島線・第二列島線

この領海侵犯事件の背景には、中国の外洋志向があるとする主張がある。それによると、中国海軍は将来的に大洋艦隊を創設することを目指しており、その際に国益を維持する制海権を握るラインとして、「第一列島線」、「第二列島線」を設定した。これまでの中国海軍は沿海海軍に過ぎなかったが、台湾有事の際にアメリカ海軍空母打撃群や原子力潜水艦を足止めする海域として第一列島線を考えており、(今回は逆に米原潜に追尾されて能力の違いを見せ付けられた形だが)「第二列島線」の米原潜基地・グアムへも偵察活動を意図するようになった。

しかし、中国海軍の第一列島線を突破できる海峡は、大隅海峡、奄美大島 - 宝島、沖縄本島 - 宮古島、与那国島 - 台湾、および台湾海峡の5箇所しかなく、この海峡は日米の哨戒監視網で常に監視されているため、中国海軍の潜水艦が秘密裏に外洋に出るためには、沖縄本島から宮古島周辺にかけての比較的警戒範囲が広く警備の手薄になりがちな海峡に侵入するしかない。そのため、沖縄近海では、中国の海洋調査船が、海水温の分布や海底地形を探査するために、日本政府に無断で日本の排他的経済水域内での海洋調査を続けており、日米両政府の懸案になっている。

さらに最近では、東シナ海に敷設されているといわれるアメリカ海軍のSOSUS網を解明するため、時折潜水艦による威力偵察まがいの活動が見受けられるが、それらはすべてアメリカ海軍のP-3Cによって封殺されていると言われる。

今回の事件でも、追尾をかわすために巧みな操艦術を見せており、中国海軍が東シナ海の詳細な海洋データを蓄積していることを見せつけた。そのための浅海域の調査を中国は10年以上前からおこなっているが、その成果がここに結実していると見られる。

漢級原子力潜水艦は静粛性が低く水中雑音が大きいために米軍と自衛隊に常にマークされており、1960年代末に設計された同級の性能に問題があったとみなされた。冷戦時代は米ソとも相互の原潜基地を自軍の原潜で監視しており、中国海軍もその段階への成長を意図していたようだが、1960年代末設計の漢級原子力潜水艦では、やはり無理があったといえるだろう。

異説[編集]

中国側が情報開示を行わなかったため、偶発的もしくは意図的に領海侵犯をしたかについては明らかでない。そのため、日本側では前述のように警告を無視して意図的に領海侵犯したとの見方が一般的である。

軍事評論家の田岡俊次は、自著『北朝鮮・中国はどれだけ恐いか』(朝日新聞出版刊)において「石垣島西表島を見間違えた航路逸脱」を主張している。それによれば、かつてソ連海軍の核武装した潜水艦がスウェーデンの軍港沖に座礁したウィスキー・オン・ザ・ロックと同様に、無能な潜水艦乗りが犯したお粗末な操船技術が真相であるため、日本側にある程度脅威を与えるために、真相を秘匿したというものである。ただし、偶発的または意図的に侵犯したかについてはいずれも確証あるものでない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]