駐日中国大使

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

駐日中国大使(ちゅうにちちゅうごくたいし)とは、中華人民共和国政府が派遣した日本に駐在する特命全権大使である。

本項では汪兆銘政権以降について、また参考のため満州国の大使、中華民国の大使(日華断交以前)についても記述している。 断交以降は駐日台湾大使を参照の事。

歴代大使[編集]

在大日本帝国中華民国大使[編集]

氏名 任命 退任 階級
民誼[1] 1940年12月22日   特命全権大使
徐良 1941年10月2日
蔡培 1943年3月31日
廉隅 1945年5月23日

在大日本帝国満州国公使・大使[編集]

氏名 任命 退任 階級
丁士源 1933年4月26日[2]   特命全権公使
王允卿 1942年9月26日[2] 特命全権大使

在日本中華民国大使[編集]

代数 氏名 任命 退任 階級
1 董顕光 1952年 1956年 特命全権大使
2 沈覲鼎 1956年 1959年
3 張厲生 1959年 1963年
4 魏道明 1964年 1966年
5 陳之邁中国語版 1966年 1969年
6 彭孟緝中国語版 1969年 1972年

日本と中華民国が1972年に国交を断絶後、両国の非公式な外交窓口として台湾に亜東関係協会、それに対する機関として日本に財団法人交流協会が設立された。翌1973年に双方に在外事務所が設置され、以後大使館の役割を果たしている。亜東関係協会東京弁事処は1992年台北駐日経済文化代表処と改称されている。

現在では台北駐日経済文化代表処の代表が事実上の「在日本中華民国大使」となっている。

在日本中華人民共和国大使[編集]

1972年9月の日中共同声明以降、中華人民共和国政府は日本に11人の特命全権大使を派遣している[3]

代数 氏名 任命 退任 階級
1 陳楚 1973年4月 1976年12月 特命全権大使
2 符浩中国語版 1977年8月 1982年2月
3 宋之光 1982年3月 1985年8月
4 章曙 1985年9月 1988年6月
5 楊振亜 1988年1月 1993年3月
6 徐敦信 1992年12月 1998年6月
7 陳健 1998年4月 2001年7月
8 武大偉 2001年7月 2004年8月
9 王毅 2004年9月 2007年9月
10 崔天凱 2007年9月 2010年1月
11 程永華 2010年2月 (現職)

出典[編集]

  1. ^ 郭卿友. 中華民国時期軍政職官志. 甘粛人民出版社. 
  2. ^ a b 劉国銘. 中華民国国民政府軍政職官人物志. 
  3. ^ 駐日本国歴任大使” (中国語). 中華人民共和国外交部. 2011年2月13日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]