沈覲鼎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
沈覲鼎
Shen Jinding.jpg
『最新支那要人伝』(1941年)
プロフィール
出生: 1894年光緒20年)[1]
死去: 2000年6月
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ
出身地: 清の旗 福建省福州府閩県
職業: 外交官・学者
各種表記
繁体字 沈覲鼎
簡体字 沈觐鼎
拼音 Shĕn Jìndǐng
和名表記: しん きんてい
発音転記: シェン ジンディン
ラテン字 Shen Chin-ting
テンプレートを表示

沈 覲鼎(しん きんてい[2])は中華民国台湾)の外交官・学者。北京政府国民政府で外交官としての経歴を重ね、各国大使を歴任した人物である。淪新。なお、清末の政治家である沈葆楨は曽祖父にあたる。

事跡[編集]

北京政府から国民政府へ[編集]

日本に留学し、東京帝国大学農学部を卒業した。続いてアメリカに赴き、ジョージタウン大学で外交学を学んだ。1920年民国9年)に帰国し、北京政府外交部秘書となる。1922年(民国11年)のワシントン会議では代表団付となり、1925年(民国14年)には特別関税会議籌備処副長、外交部情報処副長を歴任した。1927年(民国16年)、特命全権公使待遇となっている。

北京政府崩壊後は国民政府に転じ、外交部条約委員会委員となる。1928年(民国17年)11月、考試院簡任(上席)秘書となり、その翌年11月には同院参事に昇格した。また、南京の中央大学で助教授も務めている。

1932年(民国21年)1月、沈覲鼎は外交部亜洲司司長兼国際連盟中国代表団専門委員に任ぜられた。翌年4月帰国し、華北で日本軍との交渉に携わっている。1934年(民国23年)10月、初代駐パナマ特命全権公使に任命された。1941年には、コスタリカエルサルバドルホンジュラスの各国公使も兼任している。1942年4月に任を解かれ、アメリカ軍の大学で講座を開いた。

各国外交官を歴任[編集]

戦後に、沈覲鼎は駐日代表団首席顧問に任ぜられ、来日する。1948年、駐日代表団副団長兼対日理事会中国代表となった。国共内戦後は台湾に移り、1950年(民国39年)に駐キューバ公使に任ぜられている(翌年、大使に昇格)。1956年5月、駐日大使に任命された。1959年(民国48年)に台湾へ戻り、外交部顧問兼国立政治大学外交研究所所長となっている。

翌年12月、駐コンゴ・レオポルドヴィル大使に任ぜられ、1964年1月には駐イラン大使に転じた。1967年(民国56年)、任務を終えて台湾に戻り、外交部顧問となる。翌年からは、外交部研究設計委員会主任委員、中国文化学院教授、日本研究所主任を歴任し、さらに国防研究院でも講座を開いている。1974年(民国63年)に退職した。日本語をはじめとして、英語・フランス語・スペイン語・ポルトガル語に精通していた。三民主義の日本語版解説書[3]の他、『中国・イラン古代文化交流』(英文書)、『コンゴ川における暴風雨の回憶(原題:《剛河暴風雨回憶》』、『日本行についての追記(原題:《對日往事追記》』)』などがある。

2000年6月、ハワイにて死去。享年107。

[編集]

  1. ^ 劉国銘主編 『中国国民党百年人物全書』725頁、Who's Who in China 5th ed., 1936, p.202、『最新支那要人伝』135頁による。徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』760頁は1896年とする。
  2. ^ 『最新支那要人伝』135頁は「ちん きんてい」との読みを当てている(更に言えば、同書は沈姓の人間全員に「ちん」の読みを当てている)が、これは明らかに誤り。姓としての「沈」はshĕn(同義漢字は「瀋」)、すなわち「しん」の読みが正しい。「沈」を「ちん」と読む場合には、chén(同義漢字は「沉」)でなければならない。
  3. ^ 『最新支那要人伝』136頁によると、「人民の三原則」という題名で刊行された模様である。

参考文献[編集]